private 【国際】ブルームエナジーとサムスン重工業、燃料電池駆動のLNG輸送船でDNVとABSから規格承認

Facebook Twitter Google+

 米固体酸化物形燃料電池(SOFC)開発スタートアップのブルームエナジーと韓国のサムスン重工業は7月30日、開発設計した燃料電池船(FC)が、ノルウェー認証大手DNVと、アメリカ船級協会(ABS)から規格承認を得たと発表した。燃料電池船は、近年注目の集まる分野。国際海事機関(IMO)では、海運での二酸化炭素排出量を2008年比で半減する目標を設定している。 【参考】【国際】IMO、海運のCO2排出削減強化でMARPOL条約改正案を承認 [...]

» 続きを読む

【エネルギー】日本の発電力の供給量割合[2021年版](火力・水力・原子力・風力・地熱・太陽光等)

Facebook Twitter Google+

近年、地球温暖化対策への関心が世界的に高まっており、カーボンニュートラルやESG投資に関する取り組みが世界各地で行われています。2020年10月、日本は2050年までにカーボンニュートラルになることを宣言しました。2021年4月には、菅首相が地球温暖化対策推進本部および米国主催の気候サミットにおいて、日本が2030年度までに温室効果ガスを2013年度比で46%削減することを目指すと発表しました。日常生活でもSDGsに関しての取り組みや [...]

» 続きを読む

private 【フランス】トタル、パリ市EV充電委託を落札で100%再エネ供給。LNG燃料供給船、CCUSにも注力

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手仏トタルは11月18日、パリ市が公募していた電気自動車(EV)充電スタンド設置委託プロジェクトで、公道脇に設置する公共充電スタンドの10年間の管理権を落札したと発表した。スタンドを2,300台設置し、運営、電力提供を一括して担う。同プロジェクトによりパリ市内のスタンド数は53%増となる。  パリ市は、以前、電気自動車(EV)カーシェアリングサービス「オートリブ(Autolib’)」を運営していたが、巨大な赤字に陥り [...]

» 続きを読む

private 【オーストラリア】丸紅とJERA、豪ポート・ケンブラのLNG輸入基地開発の権益を全て売却

Facebook Twitter Google+

 豪富豪アンドリュー・フォレスト氏が保有する豪資源開発大手スクアドロン・エナジーは10月20日、豪ニューサウスウェールズ州ポート・ケンブラで計画している液化天然ガス(LNG)輸入基地建設の開発主体企業「オーストラリア産業エネルギー(AIE)」について、共同出資していた丸紅とJERAから全権益を取得したと発表した。金額は非公表。これによりAIEは、スクアドロン・エナジーの単体事業となった。  同事業に対し、 (さらに…)

» 続きを読む

【EU・アメリカ】過去6ヶ月で米国からEUへのLNG輸出が181%伸長。EUはさらに伸ばす計画

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は3月8日、過去6ヶ月で米国からの液化天然ガス(LNG)輸入が181%伸長したと発表した。米トランプ大統領とEUのジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長は2018年7月25日、米国からEUへのガス輸出を促進する共同声明を発表。実際に輸出量が大きく伸びていた。  2019年の現時点までで、米国はEUにとって第3位のLNG輸入元で、輸入シェアは12.6%。輸入量は79億m3。以前のシェアはわずか2.3%だった。EUは、市場 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る