【ドイツ】電力大手RWE、2040年までのCO2排出ゼロを宣言。石炭から再エネへ大幅シフト

Facebook Twitter Google+

 独電力大手RWEは9月30日、2040年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにすると宣言した。再生可能エネルギーを強化するため、年間で15億ユーロ(約1,800億円)を投資していく。一方、化石燃料による火力発電は段階的に廃止する。  RWEは2012年から2018年までに二酸化炭素排出量を3分の1にまで削減しており、すでに努力を続けている。さらに2030年までに70%を削減する計画で、この目的のため、英国で稼働している同社の石炭火力発 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】電力大手RWE、石炭火力新設への投資停止を検討。再エネへシフト

Facebook Twitter Google+

 独電力大手RWEは、石炭火力発電所新設の投資を停止する検討に入ったことがわかった。英紙ロイター通信が4月26日、報じた。ドイツでは近年、再生可能エネルギーとともに石炭火力発電や褐炭を用いた褐炭火力発電も建設が進んでいたが、RWEは脱石炭、再生可能エネルギーへと舵を切る模様。ドイツでは1月26日、政府の「石炭委員会」が2038年までに石炭火力発電所を全廃する答申をまとめていた。 【参考】【ドイツ】政府諮問委員会、2038年までの石炭火 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】電力大手E.ONとRWEが生き残りかけ企業再編。再エネへの転換に乗り遅れ赤字体質化

Facebook Twitter Google+

 独電力大手E.ON(エーオン)と独電力大手RWEは3月12日、子会社買収等を含む複雑なM&Aを発表した。欧州では電力業界の生き残りが熾烈を極める中、両社は事業を再編し戦略を立て直す。E.ONとRWEは欧州規模で事業展開するドイツの二大電力会社だが、昨今経営が傾いていた。2019年末までに買収手続を完了する。  今回のM&Aにより、E.ONはRWEが保有している子会社innogy(イノジー)株式76.8%を全て買収し、さらにイノジーの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る