【国際】世界の国・州25政府、CCS無し石炭火力発電の早期全廃で同盟結成。英国・カナダが主導 2017/11/27 最新ニュース

 英国政府とカナダ政府は11月16日、気候変動枠組み条約ボン会議(COP23)の場で、石炭火力発電を早期に全廃し再生可能エネルギーへの移行を進める国際イニシアチブ「Powering Past Coal Alliance」を発表した。すでに25の中央政府や州政府が参加しており、企業やNGOにも参加を求めている。

 Powering Past Coal Allianceに参加する政府は、既存の石炭火力発電を全廃していき、炭素回収・貯蔵(CCS)設備を設置していない石炭火力発電の新設を停止することにコミットしなければならない。また参加企業とNGOは、石炭火力発電を電源とする電力以外で事業をしなければらない。また全ての参加者は政府政策や企業方針及び投資を通じて再生可能エネルギーを支持し、CCS設備を設置していない石炭火力発電への投融資を制限しなければならない。

 11月16日時点の参加政府は、

  1. カナダ・アルバータ州
  2. アンゴラ
  3. オーストリア
  4. ベルギー
  5. カナダ・ブリティッシュコロンビア州
  6. カナダ
  7. コスタリカ
  8. デンマーク
  9. フィンランド
  10. フィジー
  11. フランス
  12. イタリア
  13. ルクセンブルク
  14. マーシャル諸島
  15. メキシコ
  16. オランダ
  17. ニュージーランド
  18. ニウエ
  19. カナダ・オンタリオ州
  20. ポルトガル
  21. カナダ・ケベック州
  22. スイス
  23. 英国
  24. カナダ・バンクーバー市
  25. 米ワシントン州

 Powering Past Coal Allianceは、来年12月のCOP24までに参加機関を50にまで増やすことを目指している。

 石炭火力発電を巡っては、反対するPowering Past Coal Allianceに参加する国・州と、推進する米トランプ政権と日本の安倍政権の同盟とに、大きく二極化してきた。

【参照ページ】Countries Launch ‘Powering Past Coal’ Alliance
【参照ページ】POWERING PAST COAL ALLIANCE: DECLARATION

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る