【日本】丸紅、全ての銅鉱山での電源が2022年から再生可能エネルギーに転換 2020/04/11 最新ニュース

【日本】丸紅、全ての銅鉱山での電源が2022年から再生可能エネルギーに転換 1

 丸紅は4月3日、英アントファガスタと共同出資するチリのセンチネラ銅鉱山で、2020年3月31日にENGIE Energía Chile S.A.と電力購入契約(PPA)を締結し、2022年以降の石炭火力発電電力から再生可能エネルギー電力に100%転換することが決定したと発表した。これにより、丸紅が出資する全ての銅鉱山で100%再生可能エネルギー化が実現する。

 センチネラ銅鉱山は、チリ北部アントファガスタ市の北東約180kmに位置し、年間生産銅量は約27万t。丸紅は2008年に30%の権益を取得した。

 丸紅は、電気自動車(EV)やIoTで必要となる銅資源の権益確保を強化している。チリで出資するアントコヤ銅鉱山でも、すでに再生可能エネルギー電力への転換が決定している。今後は、電力以外のエネルギー源が再生可能エネルギー化を進めていくことが求められる。

【参照ページ】チリ共和国・センチネラ銅鉱山の操業にかかる電源の転換について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る