【アメリカ】シティ、石炭業界の今後について警鐘。過去3年で時価総額は約3分の1に

Facebook Twitter Google+

 米金融大手のシティグループ(以下、シティ)は8月15日、気候変動がもたらす脅威とリスクについてまとめたレポート、"Global Perspectives & Solutions ENERGY DARWINISM II Why a Low Carbon Future Doesn’t Have to Cost the Earth"を公表した。同レポートでは、気候変動へのアクションを怠った場合に想定されるGDPの損失とアクションをとった場 [...]

» 続きを読む

【国際】国際金融機関ら、4,000億米ドルを持続可能な社会へ向けた投資に使うと発表

Facebook Twitter Google+

 アフリカ開発銀行、アジア開発銀行、欧州復興開発銀行、欧州開発銀行、米州開発銀行、世界銀行らの国際開発金融機関(以下MDBs)およびIMF(国際通貨基金)は7月10日、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて今後3年間で4,000億米ドル以上の追加資金を提供し、官民セクターと密接に連携して開発途上国らの支援に取り組んでいくことを発表した。  現在世界では推定年間1350億米ドルのODAが途上国に対して提供されているが、MDBsらは [...]

» 続きを読む

【アメリカ】カルバート、責任投資指数の拡大および新ファンドを公表

Facebook Twitter Google+

 責任投資分野のリーディングカンパニー、カルバート・インベストメント(以下、カルバート)は7月1日、同社のグローバルにおける責任投資リサーチおよび専門性を活かして新たな責任投資指数および同指数に連動する低コストのインデックスファンドを公表した。今回発表された責任投資指数は下記の3つだ。 Calvert U.S. Large Cap Growth Responsible Index Calvert U.S. Large Cap Core [...]

» 続きを読む

【国際】世界の水市場は2025年までに1兆米ドル市場へ。RobecoSAM調査

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ投資格付大手のRobecoSAMは7月8日、世界の水市場の見通しについてまとめた報告書、"Water: the market of the"を公表した。同報告書では、世界の水市場は2025年までに1兆米ドルに到達すると予測しており、鍵となるメガトレンドとして人口構造の変化、インフラの老朽化、水品質基準の向上、気候変動の4つを挙げられている。  RobecoSAMは、こうした水課題の解決に関する市場機会にいち早く反応し [...]

» 続きを読む

【アメリカ】S&P500社の75%が2014年度のサステナビリティ報告書を発行

Facebook Twitter Google+

 米国では、サステナビリティ報告書の発行は上場企業にとってのスタンダードとなりつつある。サステナビリティ関連調査を手掛けるG&Aインスティテュートの調査によると、S&P500社のうちサステナビリティ報告書を発行した企業の割合は、2011年度の20%から今年は75%まで増加したことが分かった。企業のESG課題への対応状況を知りたい株主やステークホルダーからの要求がますます高まってきていることを示している。  S&P500は米国の投資情報 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、ステークホルダーごとのサステナビリティデータ活用方法を公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIと国際NGOのオックスファム・オランダは6月9日、多様なステークホルダーごとのサステナビリティデータの活用状況についてまとめた報告書"Informing decisions, driving change"を公表した。同報告書では、市民団体、投資家・情報ベンダー、企業、政府・規制機関、メディアという各ステークホルダーがサステナビリティデータをどのように活用し、どのように成果を上げて [...]

» 続きを読む

【アメリカ】自然から生まれるイノベーション、2030年までに4250億米ドル規模に

Facebook Twitter Google+

 今、米国ではサステナビリティイノベーションの切り札として「バイオミミクリ(生体模倣技術)」という概念が注目を集めている。「バイオミミクリ」とは2002年に米国の研究、Janine Benyus氏が提唱した概念で、自然界や生物が持つ仕組みからデザインや機能のインスピレーションを得て技術開発を行い、社会課題解決や環境負荷の低減を実現しようとする考え方のことを指す。  自然界に既に存在している優れた機能や形状を製品開発やイノベーションに活 [...]

» 続きを読む

【国際】サンタンデール銀行、カナダの年金基金と共同でサステナビリティ投資会社を設立

Facebook Twitter Google+

 スペイン銀行大手のサンタンデール銀行(以下、サンタンデール)は5月28日、カナダ最大の年金ファンド、オンタリオ州教職員年金基金およびPSPインベストメンツとともに、世界の再生可能エネルギーおよび水インフラへの投資・運用に特化したサステナビリティ投資会社、Cubico Sustainable Investments(以下、Cubico)を設立したと発表した。  今後、Cubicoは世界最大の再生可能エネルギー・水インフラへの投資会社に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ビッグデータ分析によりリアルタイムでESG情報を提供するツールが登場

Facebook Twitter Google+

 企業のサステナビリティ・ESGデータに関する需要が高まりを見せる中、米国サンフランシスコに本拠を置くTruValue Labs社は先月、Insight360という画期的なオンライン分析プラットフォームを発表した。同ツールにより、投資家は企業のサステナビリティ、ESGに関するビッグデータをリアルタイムで入手可能になる。  Insight360は、自然言語処理(NLP)および機械学習を使用したコグニティブ・コンピューティング(コンピュー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ナスダック・サステナビリティ・インデックスが更新。アドビ、テスラらが新たに選出

Facebook Twitter Google+

 ナスダックOMXグループとCRDアナリティクスは5月18日、最新版のナスダック・OMX CRD グローバル・サステナビリティ・インデックスを発表した。同インデックスは半期に一度選定銘柄が更新される。  今回リストに加えられた企業はアドビシステムズ、オートデスク、キャンベルスープ、コン・エジソン、ディレクTV、フェデックス、NRGエナジー、テスラモーターズ、そしてベライゾン・ワイヤレスの9社だ。  一方、今回のランキング更新によりヘス [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る