【東南アジア】スイス投資運用SUSI PartnersとSouth Pole Group、再エネ投資ファンド設立計画を発表

Facebook Twitter Google+

 スイス運用会社SUSI Partnersとスイス気候変動コンサルティング大手South Pole Groupは7月10日、東南アジアでの再生可能エネルギー推進のためのインフラ投資ファンドを共同で設立すると発表した。250億ユーロ(約3.2兆円)規模で運用期間10年を目指す。  同ファンドは、東南アジアで建設される政府や民間の大規模な太陽光発電所、風力発電所、水力発電所、ビハインド・ザ・メーター(BTM)装置を投資対象とする。再生可能 [...]

» 続きを読む
2017/07/24 最新ニュース

【国際】BNPパリバ、世界のESG投資の現状と動向を分析した報告書発表。ESG投資額は今後2年で2倍

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手仏BNPパリバは7月6日、アセットオーナーと運用会社間のESGに関する意識とアクションを分析した報告書「ESG Global Survey 2017」を発表した。世界のアセットオーナーと運用会社は、今後2年間でESG投資額を2倍にしていくことを計画しているとともに、ESG投資に要するコストへの懸念が高まっていることが明らかとなった。  今回の報告書では、2017年2月から4月にかけてアセットオーナーと運用会社461社への [...]

» 続きを読む
2017/07/23 最新ニュース

【国際】世界銀行、パンデミック緊急ファシリティ(PEF)用に債券とデリバティブで資金調達

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)は6月28日、2016年5月に発表した「パンデミック緊急ファシリティ(PEF:Pandemic Emergency Financing Facility)」に資金提供するための機関債を3億2,000万米ドル(約360億円)発行した。  パンデミック緊急ファシリティ(PEF)は、発展途上国でのパンデミック(致死性の高い感染症の世界的大流行)の発生時に対策のため資金拠出を行う制度。世界銀行の [...]

» 続きを読む
2017/07/23 最新ニュース

【フランス】ナティクシス、世界初のグリーンボンド型CMBSを7,200万米ドル発行

Facebook Twitter Google+

 仏銀行大手BPCEグループの金融子会社ナティクシスは7月6日、世界初となるグリーンボンド型CMBS(商業用不動産ローン担保証券)を発行した。  今回発行のCMBSは、ゴールドマン・サックスが1983年に本社として建設したニューヨーク・マンハッタンにある高層ビル「85 Broad Street」が対象不動産となる。ゴールドマン・サックスは2010年に同ビルを去り、最近まではBeacon Capital Partnersとメットライフ・ [...]

» 続きを読む
2017/07/22 最新ニュース

【EU】CDP、ISS-Ethix、Climate-KIC、ファンドの気候変動インパクト格付「Climetrics」発表

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのCDP、議決権助言世界大手ISS傘下のESGアドバイザリーISS-Ethix、EU研究開発機関の欧州イノベーション・技術機構(EIT)官民連携プロジェクト「Climate-KIC」の3者は7月6日、ファンドの気候変動インパクト格付「Climetrics」を発表した。CDPとISS-Ethixが格付手法を開発。Climate-KICが資金提供とプロジェクト統括を担った。  Climetricsは、ポートフォリオスコア( [...]

» 続きを読む
2017/07/22 最新ニュース

【国際】PRI、格付会社と機関投資家の信用リスク評価とESGの関係を分析したレポート発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(RPI)は7月5日、ESG要素が信用リスクに与える影響を分析したレポート「Shifting perceptions: ESG, credit risk and ratings」を発表した。PRIは昨年、ESG要素が信用リスクに与える影響を透明にしていく共同声明「Statement of ESG in Credit Ratings」を発表。格付会社と機関投資家の双方が、どのようにESG要素を考慮しているのかの調査を開 [...]

» 続きを読む
2017/07/21 最新ニュース

【スイス】スイス再保険、今年始めからESGインテグレーションを開始したと公表

Facebook Twitter Google+

 再保険世界大手スイス再保険は7月6日、2017年始めから投資プロセスにおいてESGを考慮する「ESGインテグレーション」を開始していることを公表した。背景には、ESG投資は経済合理性があり、とりわけ長期投資家にとってのダウンサイドリスクを提言させる効果があると話している。  スイス再保険は、ESGインテグレーションを実施するにあたり、株式アセットクラスではMSCI ESGインデックス・ファミリーを、債券アセットクラスではBloomb [...]

» 続きを読む
2017/07/20 最新ニュース

【アメリカ】ブラックロックの再エネ投資ファンド、募集目標を大きく上回る16.5億ドル調達

Facebook Twitter Google+

 運用世界大手ブラックロックは7月5日、再生可能エネルギー投資ファンド「Global Renewable Power Fund II(GRP II)」の運用を開始した。当初予定していた10億米ドルの募集を遥かに超える16.5億米ドルが集まった。ファンドを購入したのは、北米、欧州、アジアの機関投資家67社。  GRP IIは、北米、欧州、日本、オーストラリア、中南米の再生可能エネルギー関連プロジェクトに投資していく。ファンドの約20%は [...]

» 続きを読む
2017/07/19 最新ニュース

【EU】WWF、欧州機関投資家の投資ポートフォリオのパリ協定遵守度を分析。報告書発表

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO世界自然資本基金(WWF)のヨーロッパ支部、WWFヨーロッパ政策オフィスは7月4日、欧州の主要機関投資家の投資ポートフォリオがパリ協定の2℃目標に沿うものになっているかを分析した報告書「European Asset Owners: 2°C Alignment and Misalignment of Public Equity Portfolios」を発表した。この分析では、WWF等が中心となって開発してきた投資分析手法 [...]

» 続きを読む
2017/07/19 最新ニュース

【国際】大手機関投資家79社、企業に労働情報開示を要求するイニシアチブ「WDI」発足

Facebook Twitter Google+

 世界10ヶ国の機関投資家79社は7月3日、企業に対し従業員管理の情報開示を要求する共同イニシアチブ「Workforce Disclosure Initiative (WDI)」を発足した。ESG投資推進NGOのShareActionの呼びかけに、英シュローダーズ、仏アムンディ、仏ナティクシス、英HSBCアセット・マネジメント、仏アクサ・インベストメント・マネージャーズ、英リーガル・アンド・ゼネラル・インベストメント・マネジメント、蘭 [...]

» 続きを読む
2017/07/18 最新ニュース
ページ上部へ戻る