【中国】第8回金蜜蜂中国CSR報告国際シンポジウム開催。ソニー中国も大賞受賞。

Facebook Twitter Google+

 中国政府商務部(経済産業省に相当)が主管する主要経済雑誌「WTO経済導刊」は12月3日、WBCSDの中国団体であるCBCSDと共同で「第8回金蜜蜂中国CSR報告国際シンポジウム」を北京で開催し、CSR報告書に優れた企業に与えられる「金蜜蜂優秀CSR報告賞」の授賞式とともに、中国のCSR報告に関する最新動向を発表した。シンポジウムは、在中スウェーデン大使館、ドイツ版JICAに相当するドイツ国際協力公社(GIZ)が共催機関となり、イベン [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SASB、サステナビリティ会計基準の企業向け導入ガイドを公表

Facebook Twitter Google+

 米国サステナビリティ会計基準審議会(以下、SASB)は11月30日、企業がサステナビリティ会計基準を既存事業や財務報告プロセスに導入する際に考慮すべき全体構成および要点についてまとめたガイド、"Implementation Guide for Companies "を公表した。  SASBが同ガイドを公表した背景には、企業と投資家との間の大きなコミュニケーションギャップがある。SASBによると、資源不足や人口爆発、気候変動などのES [...]

» 続きを読む

【国際】SDGs達成に向けてサステナビリティ報告の質向上を。UNEP報告書

Facebook Twitter Google+

 UNEP(国連環境計画)は11月12日、ドイツのベルリンで開催された"Reporting 3.0 Conference"の中で、企業らのサステナビリティ報告の現状と課題についてまとめた最新の報告書、"Raising the Bar - Advancing Environmental Disclosure in Sustainability Reporting"を公表した。  同報告書の中で、UNEPは「持続可能な開発のための2030 [...]

» 続きを読む

【中国】第11回CSR国際フォーラム開催、政官民関係者が新たなCSRの概念を確認

Facebook Twitter Google+

 北京の釣魚台国賓館で11月27日、中国新聞社と中国新聞週刊社主催の「第11回中国CSR国際フォーラム」が開催された。このフォーラムは2005年から毎年開催されており、中国でも最も歴史のあるCSR国際フォーラムの一つ。会場には政官民の代表者が集い、中国のCSR発展に寄与した企業に贈られる「2015年責任ある中国栄誉賞」の表彰式も執り行われた。  フォーラムでは、国務院僑務弁公室副主任、国家質量監督検験検疫総局エンジニア長、中華全国総工 [...]

» 続きを読む

【国際】気候変動対応の鍵を握るカーボン・プライシング ~COP21パネルディスカッションより

Facebook Twitter Google+

 企業や国家による気候変動対応を加速させるためのツールとして期待されているのが「カーボン・プライシング(炭素価格制度)」だ。カーボン・プライシングとは、排出権取引制度や炭素税など、炭素排出に価格(コスト)を設定することで排出削減に対する経済的インセンティブを創出し、気候変動対応を促す仕組みのことを指す。  パリで開催されたCOP21においても、サイドイベントとして12月4日にカーボン・プライシングに関するパネルディスカッションが開催さ [...]

» 続きを読む

【フランス】COP21、「パリ協定」を採択して閉幕。途上国も含む国際合意が実現

Facebook Twitter Google+

 フランスのパリで開催されていた気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)は12月13日、195ヶ国が2020年以降の気候変動に関する国際枠組み「パリ協定」を採択し、閉幕した。気候変動に関する国際合意は京都議定書以来約18年ぶりとなり、途上国も含めた全ての国が参加する協定としては今回が初めてとなる。世界全体の気候変動対策の方針を決定づける歴史的な転換点となった。  今回のパリ協定では、温室効果ガス排出削減による気候変動緩和、各国 [...]

» 続きを読む

【中国】国家憲法日に合わせ、憲法精神と法治国家体制の普及イベント実施

Facebook Twitter Google+

 中国共産党は国家憲法日であり全国法制宣伝日にあたる12月4日の前後期間を通じて、憲法精神を醸成するイベントを実施した。イベントは11月下旬から12月中旬まで行われる。特に今年は習近平総書記が憲法や法治国家体制の強化に重点を置いていることから、熱が入っている。  イベントに当たり、共産党中央宣伝部と司法部、全国普法弁公室は11月19日、共同で「国家憲法日と全国法制宣伝日の宣伝活動に関する通知」を発表し、共産党第18期党大会、第18期第 [...]

» 続きを読む

【国際】AccountAbility、ステークホルダー・エンゲージメントの国際基準、AA1100SES 2015を公表

Facebook Twitter Google+

 アカウンタビリティに関する国際基準を発行している英国のNGO、AccountAbilityは11月17日、改訂を進めていたステークホルダー・エンゲージメントに関するフレームワークのAA1000 Stakeholder Engagement Standard(AA1000SES)2015の最終版を公表した。  AA1000SESはAA1000シリーズの一つで、効果的なステークホルダー・エンゲージメントの評価、デザイン、実践、そしてコミ [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、G4と「ビジネスと人権に関する国連フレームワーク」の関連性を示す文書を公表

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは 11月16日、同日開催された第4回国連「ビジネスと人権フォーラム」の中で、GRIのG4と国連の「ビジネスと人権に関する国連フレームワーク」との関連性について示した最新文書、"Linking G4 and the UN Guiding Principles"を公表した。  同書では、両ガイドラインの概要およびその関連性、EU指令など人権を取り巻く最新の法規制や情報開示動向を踏まえた [...]

» 続きを読む

【中国】共産党中央委、第13期5カ年計画を決議。人権政策を前進させる見込み

Facebook Twitter Google+

 中国共産党第18期第5回中央委員会全体会議は2015年10月29日、2016年から始まる第13期5カ年計画の方針である「中国共産党中央による国民経済と社会発展に関する第13期5か年計画建議の制定」(以下「135計画建議」とする)を決議した。これは中国共産党第18期第3回中央委員会全体会議、第4回中央委員会全体会議に続いて行われた抜本改革と社会主義法治国家化を推し進める重要な決定で、今回中国共産党中央委員会全体会議の審議を通過したこと [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る