【香港】CSRアジアサミット2014が開催、500名以上が集まる

Facebook Twitter Google+

9月16、17日にかけて、CSRアジアが主催するCSRアジアサミット2014が香港で開催された。CSRアジア10周年となる今年のサミットは過去最大規模となる31ヶ国、528名の参加者が集まり、2日間に渡って様々なトピックについて議論した。参加者は欧米企業のアジア地域CSR責任者、アジア企業のCSR責任者、アジアのCSRコンサルタント、NGO関係者まで幅広く、非常に活気の溢れる2日間となった。 10年目となる今年の主なテーマは、過去10 [...]

» 続きを読む

【中国】建設現場の実体験施設で安全意識が大きく向上

Facebook Twitter Google+

中国政府が北京に建造した1500平米もある大型施設「中国建設安全トレーニング体験基地」が人気を博している。2014年3月の営業開始以来、中国の運輸業界団体である海航グループやチャイナモバイルなど大企業のCSR責任者が基地を訪れ、実体験トレーニングを受けてきた。 安全トレーニング体験基地の目玉は、建設現場における危険を自ら実体験できるシミュレーション装置だ。ヘルメットをかぶり実際に落下物をぶつける、マンホールに落ちる、移動式ハシゴが倒れ [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】IKEA、LED技術を活用した新たなデザインのイノベーションへ投資

Facebook Twitter Google+

革新的なデザインで、サステナブルな社会をつくる。IKEA の次なる挑戦は、LED技術を活用した新しい照明製品の追求だ。IKEAグループのベンチャーキャピタル、IKEAグリーンテックは8月26日、スコットランドのLEDテクノロジー企業、Design LED Products Ltdに投資したと発表した。 Design LED Products Ltdは独自の技術を用いて透明な樹脂やフィルムの中にLEDを埋め込んだ照明器具、「ライト・タイ [...]

» 続きを読む

【国際】飲料メーカー業界団体のBIER、生態系保護に向けた指導原則を公表

Facebook Twitter Google+

飲料業界のサステナビリティを推進する業界団体Beverage Industry Environmental Roundtable(BIER)は9月2日、飲料メーカーらーが生態系への影響を意思決定の際に考慮するためのガイドライン、Ecosystem Services Guiding Principles(生態系サービスに関する指導原則)を公表した。 BIERは、グローバルに事業を展開する大手飲料メーカーらによる国際的な業界団体で、飲料業 [...]

» 続きを読む

【エチオピア】H&MとSwedfund、エチオピアの繊維産業を共同で支援

Facebook Twitter Google+

スウェーデンのアパレル大手H&Mおよびスウェーデンの政府系投資ファンドSwedfundは9月2日、エチオピアにおける繊維産業の持続可能な発展に向けて提携することを発表した。H&MとSwedfundは既に今年5月に共同でエチオピアの工場視察を実施しており、このパートナーシップは今年の秋からスタートする予定だ。 H&MのCEOを務めるKarl-Johan Persson氏は「今回のコラボレーションは、これから発展を遂げるエチオピアの繊維産 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】U.S. Water Partnership、水問題解決に向けたオンラインプラットフォームを公開

Facebook Twitter Google+

世界の水問題解決に必要なのは、水に関する豊富なデータや情報だ。それらの価値ある情報に世界中の誰もが利用できるように、米国が動き出した。 世界の水問題解決に取り組むThe U.S. Water Partnershipは9月2日、米国が作成した水に関するデータや情報を世界中に公開するオンラインプラットフォーム、H2infOを公開した。これにより、2014年末までには、米国の専門機関が収集した10,000以上の水に関する情報源に世界中からア [...]

» 続きを読む

【中国】イギリスの人権NPO、グレーター・チャイナで働く従業員の人権尊重を求める報告書を公表

Facebook Twitter Google+

ロンドンに本部を置く人権NPOのBusiness Human Rights Resource Centre(BHRRC)は8月26日、グレーター・チャイナ地域で働く従業員の人権に関する報告書“Time for action: Business & human rights in Greater China”を発表した。報告書は英語と中国語で発表され、グレーター・チャイナ地域及び各国で活動する企業の人権問題への取り組み状況がまとめられて [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、署名機関リストより除外された機関を公表

Facebook Twitter Google+

PRI(The Principles for Responsible Investment:責任投資原則)は8月27日、PRI署名リストから除名された機関の一覧リストを公表した。2013年7月から2014年6月にかけて、53ヶ国、177の新しい機関がPRIに加入し、7月27日現在でPRIの合計署名機関数は1,262となっており、署名機関による運用資産の合計は45兆米ドルを超えている。 一方、同期間中に除名となった機関は121に上った。 [...]

» 続きを読む

【国際】グリーンボンドへの投資拡大、グリーン・エコノミーへの民間投資額が5.7兆米ドルに

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ専門メディアのEthical Marketsは9月2日、2014年の上半期時点において、Green Transition Scoreboard® (グリーン・トランジション・スコアボード、以下GTS)の示す 2007年以降のグリーン・エコノミーに向けた民間投資額が合計5.7兆米ドルに到達したと発表した。 Ethical Markets社によれば、このペースで行けばグリーン・テクノロジー分野におけるイノベーションとコスト [...]

» 続きを読む

【アメリカ】マッキンゼー、サステナビリティに取り組む企業の最新トレンドを分析

Facebook Twitter Google+

米国のコンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニー(以下、マッキンゼー社)が世界3,000名の企業経営者に対して実施したサステナビリティに関する調査“Sustainability’s strategic worth(サステナビリティの戦略上における価値)”によれば、企業はサステナビリティの重要性をますます認識している一方で、実行面においては未だ課題も多いことが分かった。 課題の一つに挙げられているのは「レピュテーション・マネ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る