【国際】BP、米国での再エネに大規模投資。米最大洋上風力にも出資。豪ではカンタス航空と戦略提携

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手英BPは、2025年まで再生可能エネルギーの設備容量20GW、2050年までに50GWの同社戦略目標に向け、1月下旬に具体的な投資計画を相次いで発表した。 【参考】【イギリス】BP、2025年までに再エネ20GW。太陽光中心、洋上風力はエクイノールと提携(2020年9月17日)  米国では、1月29日に、エクイノールが米国に保有するニューヨーク州沖の洋上風力発電所「エンパイア・ウィンド」と「ビーコン・ウィンド」への [...]

» 続きを読む

private 【国際】BPやシェル等8社、気候変動エネルギー転換で6原則発表。機関投資家CA100+も影響力行使

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手8社は12月17日、気候変動対策に向けエネルギー転換を進めていく共同原則を発表した。気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに基づく情報開示や、カーボンニュートラルを求める機関投資家集団的エンゲージメントClimate Action 100+(CA100+)との連携も打ち出した。 【参考】【国際】機関投資家団体CA100+、企業のカーボンニュートラル評価ベンチマーク発表。日本・中国企業でも進展あり [...]

» 続きを読む

private 【国際】オランダとオーストラリア、グリーン水素の大規模プラント計画始動。年間100万t超の年間生産量

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー・エネルギー大手エクイノールと独電力大手RWEは12月7日、オランダ北部でのグリーン水素プラント建設プロジェクト「NortH2」に参画すると発表した。2021年までに事業性評価を行い、2021年第2四半期の建設着工に向け準備を進める。  同プロジェクトは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】エクイノール、2050年エネルギー・CO2の3シナリオ発表。CO2ゼロがGDP成長に最も貢献

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー・エネルギー大手エクイノールは11月17日、2050年までの世界のエネルギー需要と二酸化炭素排出量の予測を示したレポート「エネルギー展望2020」を発表した。3つのシナリオを提示し、国際協調の重要性を説いた。ノルウェーは世界有数の産油国。  同社が今回示したシナリオは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】パナソニック、欧州でのバッテリー事業強化で、エクイノール、ハイドロと共同調査開始

Facebook Twitter Google+

 パナソニック、エネルギー世界大手ノルウェーのエクイノールとノルスク・ハイドロは11月18日、欧州のリチウム・バッテリー市場の可能性調査のため、戦略的パートナーシップ「ジョイント・バッテリー・イニシアチブ」に向けた覚書を締結したと発表した。2021年夏までに、バッテリーのサステナビリティを実現するための欧州で市場調査を行う。  EUや英国は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】欧州エネルギー大手6社、北海沖海底での炭素貯留開発で提携。CCUS推進

Facebook Twitter Google+

 欧州エネルギー世界大手6社は10月26日、英国北海大陸棚に二酸化炭素の貯留インフラを建設するためのパートナーシップ「Northern Endurance Partnership(NEP)」を締結したと発表した。英国では、政府が2050年二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を法定目標と指定から、炭素・回収・利用・貯留(CCUS)の開発が一段と活発化しており、今回国を越えて大手企業が手を組んだ。  同パートナーシップに参画 [...]

» 続きを読む

private 【ノルウェー】エクイノール、世界最大の浮体式洋上風力発電の建設開始。8MWタービンを11基

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー・エネルギー大手エクイノールは10月1日、浮体式洋上風力発電所「ハイウィンド・タンペン」の建設を開始したと発表した。設置はノルウェー沿岸から140km沖。水深は260mから300m。設備容量は88MWで完成すると世界最大の浮体式洋上風力発電所となる。発電機は、シーメンス・ガメサ製の8MWタービンを11基設置する。  エクイノールは、20年前から浮体式洋上風力発電の技術開発を進めており、今回の発電所が2022年に稼働すると、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】シェルとエクイノール、NGO提案の気候変動株主総会決議で賛成票が2倍以上に伸長

Facebook Twitter Google+

 オランダ気候変動推進NGOのFollow Thisは5月、エネルギー大手ロイヤル・ダッチ・シェルとエクイノールに対し、株主総会に向け提出していた気候変動株主提案の投票結果を発表した。ロイヤル・ダッチ・シェルでは賛成を14.4%、エクイノールでは27%を獲得。前年度から2倍以上に増えたと勝利宣言を行った。  Follow Thisは、 (さらに…)

» 続きを読む

【ノルウェー】エクイノール、気候変動開示強化を表明。Climate Action 100+のエンゲージメント成果

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー石油ガス大手エクイノールは4月24日、気候変動対応推進の機関投資家団体Climate Action 100+と協働で、パリ協定の目標達成を協力に推進する共同声明を発表した。エクイノールは、これまでにも、短期・中期・長期の気候変動対応目標を掲げてきたが、今回の共同声明では2030年以降まで見据えたアクション内容を明確にした。  今回の共同声明では、同社は気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に基づく情報開示を実施して [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る