private 【国際】ブラックロック、2020年のエンゲージメント重要テーマ発表。長期志向に向け5つ設定

Facebook Twitter Google+

 投資運用世界大手米ブラックロックは3月18日、投資先企業とのエンゲージメントの優先テーマを定めた文書を明らかにした。長期的に投資パフォーマンスの向上に向け、重要テーマとして5つを設定した。  今回設定したテーマは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ステート・ストリートGA、女性取締役ゼロ放置の企業の指名委員会取締役に反対票方針

Facebook Twitter Google+

 投資運用世界大手米ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)は3月5日、3月8日の国際女性デーを前に、「Fearless Girl(恐れを知らぬ少女)」キャンペーンの3年目の結果を発表した。 【参考】【国際】ステート・ストリート、エンゲージメントにより世界301社で女性取締役が誕生(2018年10月5日)  同キャンペーンは2017年3月に開始して以来、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】サステイナリティクス、機関投資家向けに投資先企業へのエンゲージメント・サービス発表

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は3月3日、機関投資家向けに投資先企業とのエンゲージメント・サービスをリリースした。機関投資家の要望に応じて、マテリアリティの高い項目でESGリスクが高い企業とのエンゲージメントを実施する。  今回発表されたサービスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ブラックロック、気候変動Climate Action 100+に加盟。ついに750兆円資産動く

Facebook Twitter Google+

 投資運用世界大手米ブラックロックは1月9日、気候変動分野での機関投資家集団的エンゲージメント・イニシアチブ「Climate Action 100+」に参加したと発表した。ブラックロックは運用資産約7兆米ドル(約7500兆円)で世界最大の運用会社。同社は9月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】英ヘッジファンド大手TCI、投資先企業に気候変動開示要求。取締役選任への反対を警告

Facebook Twitter Google+

 英ヘッジファンド大手TCI Fund Managementは12月2日、気候変動に関する投資先企業の取締役会へのプレッシャーを高めるため、二酸化炭素排出量を開示しない企業の株主総会での取締役選任選挙で反対票を投じる考えを、投資先企業に通知した。同社の運用資産総額は280億米ドル(約3兆円)。機関投資家の間で気候変動への関心が非常に高まる中、ついにヘッジファンドからも強いコミットメントが出た。  同社は、著名なクリストファー・ホーン氏 [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、署名機関の議決権行使・エンゲージメントが不十分と問題視。あるべき姿を3つ提示

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は11月20日、気候変動や所得格差、租税回避(BEPS)等の環境・社会課題に対する署名機関のスチュワードシップ行動を強化するため、新たなビジョン「Active Ownership 2.0」を発表した。アセットオーナーと運用会社の各々受益者の関心に応えていくため、投資先企業に対するエンゲージメントや議決権行使を積極的に実施していくことが必要だと提唱した。  6つのあるPRIの原則のうち、第2原則は、 (さらに [...]

» 続きを読む

【ノルウェー】GPFG、3カ年年金投資戦略発表。株主総会前に議決権行使賛否を公表。再エネ投資も拡大

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー公的年金基金GPFGの運用を担うノルウェー銀行投資マネジメント部門(NBIM)は10月8日、2020年から2022年までの運用戦略を発表。株主総会での議決権行使賛否を株主総会前に事前公表すると表明した。また、高いリターンを追求するため、不動産や再生可能エネルギーインフラへの投資を拡大すると発表した。GPFGは運用資産総額100兆円を超える世界有数の機関投資家。  NBIMは、来年からの3カ年戦略の中でも、株主としてのアクテ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SEC、株主提案却下審査の結果通知を口頭に転換する方針。CeresはESGエンゲージメント妨害と反発

Facebook Twitter Google+

 米証券取引委員会(SEC)は9月6日、上場企業の株主総会での株主提案の除外審査について、以前から実施していた書面での回答ではなく、口頭での回答に切り替える方針を発表した。米ESG投資推進NGOのCeresは、株主が企業に対しESG分野でエンゲージメントすることを制限する行為と非難した。  米国での株主提案では、SECが不適格な株主提案を株主総会アジェンダから却下する役割を担っている。具体的には、発行体がSECルールに違反している株主 [...]

» 続きを読む

private 【国際】Sustainalytics、機関投資家向け2サービス新規開始。スクリーニングとエンゲージメント

Facebook Twitter Google+

 ESG評価世界大手蘭Sustainalytics(サステイナリティクス)は6月4日、機関投資家向けに規範軸のネガティブスクリーニングサービスと投資先企業エンゲージメントサービスを開始すると発表した。同社は1月にスウェーデンの議決権行使助言大手GES Internationalを買収。両社のリソースを結集し、今回の2つのサービスを開発した。 【参考】【国際】Sustainalytics、スウェーデン議決権行使助言GES Interna [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、56の機関投資家が投資先企業や銀行にRSPO加盟要請。運用資産総額880兆円

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月3日、機関投資家56機関、合計運用資産総額7.9兆米ドル(約880兆円)が、パーム油関連企業に対しサプライチェーンを通じて持続可能なパーム油生産を追求するよう求める共同声明を発表した。特に、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)が2018年11月に改定したRSPO認証基準にコミットするよう求めた。 【参考】【国際】パーム油RSPO総会、加盟機関が遵守義務を負うRSPO基準改定。環境・人権基準強 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る