【アメリカ】共同購買大手Topco、マスタカードのブロックチェーン活用の食品トレーサビリティ導入

Facebook Twitter Google+

 決済世界大手米マスターカードは10月27日、食品サプライチェーンのトレーサビリティ強化を推進する米企業Envisibleが、同社の肉・魚介類のサプライチェーン・トラッキング・システム「Wholechain」で、マスターカードのブロックチェーン・サービス「Mastercard Provenance Solution」を採用したと発表した。食品分野の共同購入組織米竿大手Topco Associatesが、Wholechainを活用したト [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、WWF等開発のOpenSC用いたブロックチェーン技術トレーサビリティ検証開始。牛乳で

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは7月2日、食品のトレーサビリティを向上するためブロックチェーン技術プロジェクトOpenSCとの提携を発表した。OpenSCは、世界自然保護基金(WWF)オーストラリアとボストンコンサルティンググループのデジタルベンチャーズが共同で発足。ネスレによると、オープンブロックチェーン技術を用いた農場まで遡れるトレーサビリティの実証実験を行うのは食品大手では同社が初。  今回の実証実験では、ニュージーランドの牧場か [...]

» 続きを読む

【国際】ISO、カカオのサステナビリティ・トレーサビリティ規格ISO34101シリーズがリリース

Facebook Twitter Google+

 国際標準化機構(ISO)は5月7日、チョコレート産業のサステナビリティ向上のため、カカオのサステナビリティ及びトレーサビリティ規格「ISO34101」シリーズをリリースした。カカオ農家の生産性、所得、労働環境、環境インパクト、トレーサビリティ等を盛り込んだ。  今回発表されたISO34101は、パート1からパート4までの4部構成。パート1のISO34010-1は、カカオ・サステナビリティのためのマネジメント・システム要件を規定。パー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】カーギル、2030年までにカカオ豆サプライチェーンでの森林破壊をゼロに

Facebook Twitter Google+

 食糧世界大手米カーギルは10月3日、持続可能なカカオ調達サプライチェーンの構築イニシアチブ「Cargill Cocoa Promise」について、3回目の進捗レポートを発表した。同イニシアチブでは、長期的な視点に立ってカカオ農家や地域コミュニティを支援し、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に寄与する活動を展開。すでに小規模農家14万5,000人にグローバル市場へのアクセスを提供し、500の農家団体や協同組合と連携している。   [...]

» 続きを読む

【中国】ウォルマート、食品安全研究センターを設立。ブロックチェーン活用の流通追跡システムも

Facebook Twitter Google+

 小売世界最大手ウォルマートは10月19日、中国・北京に「ウォルマート食品安全協働センター(Walmart Food Safety Collaboration Center)」を設立したことを発表した。同センターは、中国で以前から問題となっている食品の安全性に関する分野を他の企業や機関とともに研究をしていくための施設。食品の安全性を確保するためのサプライチェーン体制や、食品由来の病気に関する研究を進めていく。既に中国の現地食品企業との [...]

» 続きを読む

【シンガポール】パーム油生産世界大手、森林破壊ゼロを目指し100%トレーサビリティへ

Facebook Twitter Google+

 パーム油製造世界大手のゴールデン・アグリリソーシーズは4月26日、同社が生産または調達するパーム油の全てに関して2020年までにトレーサビリティを担保するようにすると発表した。ゴールデン・アグリリソーシーズはシンガポールに本社を置き、シンガポール証券取引所に上場している。米カーギル、同じくシンガポールのウィルマー・インターナショナルとともに、世界パーム油の大手3社と呼ばれている。同社が関わるパーム油農園は、自社直営が44ヶ所、調達農 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ザ・ノース・フェイス、今秋から500以上の製品で100%RDS認証の綿毛を使用へ

Facebook Twitter Google+

 アウトドアウェアの人気ブランド、The North Face(ザ・ノース・フェイス)は1月8日、2016年秋シーズンの製品ラインナップ500以上に使用する綿毛を全てResponsible Down Standard(責任あるダウンの調達基準、以下、RDS)を満たしたものにすると発表した。RDSは2014年1月に公式に開始された綿毛や羽毛に関するグローバルな責任調達基準で、動物福祉やトレーサビリティに関する基準を満たしていることを第三 [...]

» 続きを読む

【エチオピア】ネスレら、コーヒーのトレーサビリティ・システムに130万米ドルを投資

Facebook Twitter Google+

 スイス食品大手のネスレは11月12日、オランダのJacobs Douwe Egberts、カナダのMother Parker’s Coffee & Teaら共同で、持続可能なコーヒー調達プログラムのSustainable Coffee Programを通じてエチオピアにおける新たな食物のトレーサビリティ・システムに130万米ドルを投資したと公表した。調達企業らがコーヒーの「フットプリント」を追跡し、その品質とサステナビリティをしっか [...]

» 続きを読む

private 【食品・消費財】組織変革に寄与するサステナビリティ 〜ユニリーバに学ぶ長期成長戦略とは〜

Facebook Twitter Google+

 オランダのマーガリンメーカーのマーガリン・ユニ社とイギリスの石鹸メーカーのリーバ・ブラザーズ社が経営統合し、設立されたユニリーバ社。現在は業界だけでなく世界を代表する企業の一社となるまで成長し、ブランド力はもちろんのこと、サステナビリティの観点でも世界をリードする企業となっています。今回はそんな同社がサステナビリティ活動を核とした経営の実施にいたった背景や、実際の活動内容、そしてその効果に迫ります。 サステナビリティに仇なす存在と考 [...]

» 続きを読む
2015/07/29 事例を見る

【アメリカ】大手アパレル・繊維ブランド各社、Responsible Down Standardを採用

Facebook Twitter Google+

世界を代表するグローバルアパレルブランド各社が結集し、アパレル・繊維業界全体として責任あるサプライチェーンの実現に向けて動き出した。 アパレル・繊維業界のサステナビリティ向上に取り組む国際NPOのTextile Exchangeは、H&M、Eddie Bauer、The North Face、DownLinens、Down&Feather Co.など世界の名だたるアパレル、寝具、アウトドアブランド各社が、ダウンのサプライチェーンに関す [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る