private 【国際】バンカメ、社会支援に4年で1100億資金拠出。米国での人種問題への関心高まり受け

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米バンク・オブ・アメリカは6月2日、地域コミュニティの支援に向け、4年間で10億米ドル(約1,100億円)を投ずると発表した。米国で人種差別に関する社会問題がクローズアップされる中、新型コロナウイルス・パンデミックでダメージを受けている分野に資金を回すことで、経済や人種不平等の問題に対処する。  今回資金を投ずる分野は、医療、雇用・キャリア開発、中小企業支援、住宅の4分野。米国だけでなく、米国外も対象とする。執行は、同社 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バンカメ、2030年までに約33.5兆円の資金を低炭素経済転換分野に動員

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米バンク・オブ・アメリカは4月4日、低炭素社会への転換のために2030年までに3,000億米ドル(約33.5兆円)を新たに動員すると発表した。同社は2007年に「環境ビジネス・イニシアチブ」を発足し200億米ドルの動員を決定。2013年には、2025年までに1,450億米ドルに拡大することを決定したが、すでに2019年末までに目標達成する見込み。今回さらに3,000億米ドル追加して、合計4,450億米ドルとした。  同イ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バンク・オブ・アメリカ、2,500億円のグリーンボンド発行。同社過去最大

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手米バンク・オブ・アメリカは5月17日、同社として4回目となるグリーンボンドを発行した。発行額は22.5億米ドル(約2,500億円)で同社として過去最大。使途は再生可能エネルギー事業へのファイナンス。2013年からの累積発行額は43.5億米ドル(約4,800億円)。  同社は、2007年から低炭素分野やサステナビリティ分野へのファイナンスを推進しており、累積のファイナンス額は870億米ドル(約9.7兆円)に達する。目標は1 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】環境保護庁と環境NGO、米国の気候変動優秀企業賞を発表。バンカメ、IBM、ゴールドマンなど受賞

Facebook Twitter Google+

 米国環境保護庁(EPA)、国際環境NGO気候・エネルギー・ソリューションズ・センター(C2ES)、国際環境NGO気候レジストリーは3月9日、共同で気候変動対策に優れた米国企業を表彰する「気候リーダーシップ賞(CLA)」の受賞企業を発表した。同賞は2012年から毎年優秀企業を表彰しており今回が6回目。  気候リーダーシップ賞は、自社およびサプライチェーンでの温室効果ガス削減実績が高い大企業を表彰する。同賞は企業の自主応募型の表彰制度で [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バンク・オブ・アメリカ、Kivaの女性起業家支援基金に資金提供

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手バンク・オブ・アメリカは11月3日、社会貢献分野のクラウドファンディング世界最大手Kivaと米国国務省が今年2月に共同で設立した女性起業家支援のための基金「Women's Entrepreneurship Fund」に、25万米ドル(約3,000万円)を出資することを明らかにした。この基金は、世界の女性起業家100万人を支援することを目標に掲げており、今回バンク・オブ・アメリカが25万米ドルを出資したことで、基金の総額は [...]

» 続きを読む

【アメリカ】農務省とバンカメ、貧困地域で活動する金融機関への資金提供プログラムを発表

Facebook Twitter Google+

 米農務省と銀行世界大手バンク・オブ・アメリカは10月6日、貧困地域やネイティブ・アメリカン地区での社会的な少額資金融資を行うコミュニティ開発金融機関(Community Development Financial Institutions: CDFI)に対して低利子長期融資を行うプログラム「Uplift America Community Facilities Relending Program」を発表した。  農務省は、同時にコミ [...]

» 続きを読む

【国際】金融機関世界大手が協働、再エネとSDGs達成に向け80億米ドル資金提供

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手の米バンク・オブ・アメリカは4月6日、同社が2014年から進めてきた再生可能エネルギー推進のための金融支援プログラム「Catalytic Finance Initiative(CFI)」に、他の金融機関大手7社が参加し、合同で80億米ドル(約8,800億円)の資金提供をしていくことを明らかにした。  今回CFIに参加するのは、投資顧問世界大手の米アライアンス・バーンスタイン、マスミューチュアル生命保険の投資顧問子会社・米 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】銀行大手6社、気候変動合意に向けて政府のリーダーシップ発揮を要請

Facebook Twitter Google+

 米国を代表する銀行大手のバンク・オブ・アメリカ、シティバンク、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴら6社は9月28日、世界的な気候変動合意に向けた政府のリーダーシップと政府間の協力体制を求める共同声明を発表した。声明を取りまとめたのはサステナビリティに関する国際アドボカシーNGOのセリーズだ。6社は声明文の中で、市場の確実性を高め、投資を促進し、低炭素エネルギーのイノベーションや雇 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グーグル、アップル、ゴールドマンら13社、気候変動対策に1400億米ドルの投資を表明

Facebook Twitter Google+

 アップル、グーグルら米国を代表する大手企業13社らは7月27日、ホワイトハウスでのイベントにおいて、オバマ大統領が推進する2030年までに60億トンの炭素排出削減を目指すという「気候アクションプラン」への支持を表明し、合わせて新たに1400億米ドルの低炭素投資を行うと発表した。  13社はAmerican Business Action Climate Pledge(米ビジネス気候変動対応行動誓約)に署名し、同時に2015年12月に [...]

» 続きを読む

【インド】バンク・オブ・アメリカ、清潔な水の提供へWater.orgに100万米ドルを寄付

Facebook Twitter Google+

 米銀行大手のバンク・オブ・アメリカは3月23日、清潔な水と衛生環境の実現に取り組む国際NPOのWater.orgに100万米ドルを寄付すると発表した。同寄付金は、Water.orgの展開しているWaterCreditという少額融資プログラムを通じ、インド南部に住む10万人の人々に清潔な水と衛生整備を提供するために活用される。  今、水問題は気候変動と並んで世界が関心を寄せる最大のサステナビリティ課題の一つとなっている。水問題というと [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る