private 【オーストラリア】ニュース記事使用料義務化問題、マイクロソフトは賛同。グーグルは新サービスで懐柔

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米マイクロソフトは2月3日、オーストラリア政府が導入を進めるグーグルとフェイスブックに対するニュース記事使用料義務化ルールについて、オーストラリア政府を支持する声明を発表した。ITプラットフォーマー側の市場交渉力を認識し、オーストラリア政府の新ルールは市場の不均衡を膳所するものとなると評価した。また法案の対象となっているグーグルも、記事使用料を支払った記事を提供するニュース・プラットフォーム「ニュース・ショーケース」を2 [...]

» 続きを読む

private 【EU】欧州化学品庁、化粧品、洗剤、肥料、人工芝でのマイクロプラスチック活用の禁止を勧告

Facebook Twitter Google+

 欧州化学品庁(ECHA)の社会経済分析委員会(SEAC)は12月9日、化粧品、洗剤、肥料及びスポーツ施設人工芝でのマイクロプラスチック含有を禁止する規制案を採択した。同規制案は今後、欧州委員会に送られ、EU加盟国が参加するREACH規則の委員会で検討される。  ECHAでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】「マイクロプラスチック、陸上生態系にも悪影響」研究者が英国学術誌で論文発表

Facebook Twitter Google+

 海洋プラスチック汚染の原因の一つとなっているマイクロプラスチックが、土壌汚染も引き起こし、陸上の食物連鎖にも影響を与えているとの研究結果が発表された。研究者らは、マイクロプラスチックが陸上生態系に与える影響についても関心を高めるよう警鐘を鳴らしている。  今回の研究を発表したのは、中国・重慶大学の林敦梅教授等。英国王立学会の論文雑誌に「Microplastics negatively affect soil fauna but st [...]

» 続きを読む

private 【イタリア】世界初の使い捨てプラスチック禁止スキーリゾートが誕生。マイクロプラスチック対策

Facebook Twitter Google+

 イタリア・トレンティーノのヴァル・ディ・ソーレにある小型スキーリゾート「PEJO3000」は12月上旬、今シーズンの開園から、同リゾート内での使い捨てプラスチック製品利用を全面禁止した。使い捨てプラスチックを禁止したスキーリゾートは今回が世界初。  PEJO3000は、2018年の来場者数が13.7万人。同リゾート内では、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】WHO、海洋プラスチックの健康リスクに関する研究推進を要求。リスク判定には情報不足

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は8月22日、「海洋プラスチック問題」の原因となっているマイクロプラスチックについて、人体への健康リスクに関する初めての見解を発表した。「限られた現時点での情報に基づくと、飲料水に含まれるマイクロプラスチックは現状レベルでは健康リスクにはならないとみられる」とコメント。但し、現時点での情報だけでは不十分であると結論づけ、同分野での調査や研究を大きく進展させることを広く関係者に要求した。  今回の分析では、水道水 [...]

» 続きを読む

【国際】人は毎年マイクロプラスチックを約12万個摂取。ペットボトル水の場合はさらに9万個

Facebook Twitter Google+

 カナダのビクトリア大学のKieran Cox研究者ら率いるチームは6月5日、人は平均毎年マイクロプラスチックを約12万個摂取しているとする研究論文を発表した。マイクロプラスチックそのものは化学的には人体に対して無害だが、微細なため体の細部に侵入すると免疫系への影響や有害性を持つ恐れがあると警鐘を鳴らした。学術論文誌「Environmental Science & Technology」で発表した。  今回チームは、魚、くらげ、砂糖、 [...]

» 続きを読む

【EU】欧州化学機関ECHA、2020年までに化粧品・洗剤・農業肥料でのマイクロプラスチック禁止方針発表

Facebook Twitter Google+

 EUの専門機関の一つ、欧州化学機関(ECHA)は1月18日、化粧品、洗剤、農業肥料へのマイクロプラスチック使用を2020年までに禁止する規制する方針を発表した。海洋プラスチック対策のため。医薬品や塗料については禁止対象から除外する。ECHAは、2019年中のEU法制化を目指す。    欧州委員会は、毎年7万から20万tのマイクロプラスチック汚染が発生していると試算しており、EUが進める包括的なプラスチック対策戦略の一環として、ECH [...]

» 続きを読む

【アメリカ】党派不問で81%の国民が海洋プラスチック問題に懸念。環境NGO調査

Facebook Twitter Google+

 米環境NGOのEndowment for Clean Oceansは8月29日、米国民1,200人を対象としたインターネット調査の結果、党派に関係なく、80%を超える米国民が海洋プラスチック問題に大きな関心があることがわかったと発表した。  今回の調査は、リサーチ会社Zogby Analyticsが受託実施。米国政府は現在、51兆個のマイクロプラスチックが海洋に存在していると推定しており、一般的に受け入れられている数値でも5兆個と言 [...]

» 続きを読む

【国際】150以上の企業・NGO、酸化型生分解性プラスチックの廃止を求める共同宣言発表

Facebook Twitter Google+

 サーキュラーエコノミー推進の英エレン・マッカーサー財団が主導する「ニュー・プラスチック・エコノミー」は11月5日、酸化型分解性プラスチックの廃止を求める共同宣言「Oxo statement」を発表した。欧米大手企業やNGOを中心にすでに150以上が共同宣言に署名した。「ニュー・プラスチック・エコノミー」は、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の考え方に従い、企業、政府、NGO、学者、市民が一体となってプラスチック容器を循環可能なもの [...]

» 続きを読む

【イギリス】英国政府、プラスチック粒子「マイクロビーズ」の使用禁止政策を発表

Facebook Twitter Google+

 イギリス政府は9月3日、化粧品やボディケア用品などへのプラスチック微粒子「マイクロビーズ」の使用を2017年末までの間に禁止する政策を発表した。レッドサム環境・食糧・農村地域大臣は今年中に政策の具体策の検討を開始するとしている。マイクロビーズは、化粧品、歯磨粉、角質除去用の洗顔料など日用品に含まれている。英国環境委員会の報告によると、非常に小さな微粒子のため自然の生態系に入り込みやすく、食物連鎖によって生体濃縮され、すでに280種以 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る