【国際】グリーンピース、ウェブサービス世界大手約70の再生可能エネルギー取組ランキングを公表

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOグリーンピースの米国支部グリーンピースUSAは1月10日、ウェブサイトやAPPの世界大手約70サービスのエネルギーフットプリントを評価した報告書「Clicking Clean: Who is Winning the Race to Build a Green Internet?」を発表した。グリーンピースは過去にもIT業界大手に対するエネルギーへの取組を評価、発表しており、これまでAmazonやアップルのエネルギー政策 [...]

» 続きを読む

【ランキング】2017年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

Facebook Twitter Google+

※最新年度版は【ランキング】2018年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」へ  毎年恒例の世界経済フォーラム(通称ダボス会議)。2017年は1月17日から20日までスイス・ダボスで開催されました。今年のダボス会議は、中国の国家主席が市場初めて参加する一方、米次期トランプ政権の主要メンバーがほぼ出席しないなど、昨今の政治状況を反映する場ともなりました。ダボス会議のの目玉のひとつは、サステナ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】シェールガス、シェールオイル採掘企業のESG評価ランキング、環境NGOらが公表

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOののAs You Sow、ESG投資運用会社Boston Common Asset Management、運用会社の環境ネットワークInvestor Environmental Health Network(IEHN)は12月14日、水圧破砕を用いた石油、天然ガス採掘を行っている米国上場企業に対し独自にESG(環境・社会・ガバナンス)評価を行った報告書「Disclosing the Facts 2016」を発表。28社 [...]

» 続きを読む

【アジア】2016年「アジア・サステナビリティ報告賞」16部門発表。日本からはサントリーが部門賞受賞

Facebook Twitter Google+

 シンガポールを拠点とするCSRコンサルティング企業、CSR Works Internationalが主宰する「アジア・サステナビリティ報告賞」16部門の表彰式が、11月28日シンガポールで挙行された。同賞は毎年、アジア地域で最も優れたサステナビリティ報告書やサステナビリティ・コミュニケーションを実施した企業を表彰するするもの。業種や規模不問で、同賞に応募した企業が対象となる。今回は9月末まで応募が受け付けられ、10月中旬に受賞候補企 [...]

» 続きを読む

【国際】世界「男女平等ランキング 2016」、日本は111位で昨年より後退。北欧諸国が上位独占

Facebook Twitter Google+

   世界経済フォーラム(World Economic Forum)は10月20日、各国のジェンダー不平等状況を分析した「世界ジェンダー・ギャップ報告書( Global Gender Gap Report 2016)」を発表し、毎年発表している2016年版「ジェンダー・ギャップ指数(Gender Gap Index:GGI)」を公表した。対象は世界144カ国。格差が少ない1位から5位までは、アイスランド、フィンランド、ノルウェー、スウ [...]

» 続きを読む

【国際】ハーバード・ビジネス・レビュー、2016年「世界CEOベスト100」を発表

Facebook Twitter Google+

 米経営学誌のハーバード・ビジネス・レビュー(HBR)は10月16日、2016年度の「世界のCEOベスト100(The Best-Performing CEOs in the World)」を発表した。同ランキングは、在任期間中の株主総利回り(TSR)および時価総額の増加という視点から、世界で最も優れた財務パフォーマンスを上げているCEOを格付するものだが、昨年からは新たに企業のESG(環境・社会・ガバナンス)指標も要素として採用され [...]

» 続きを読む

【国際】不動産市場の情報開示度、欧米諸国が最先端。環境情報開示では日本も最高クラスの評価

Facebook Twitter Google+

 総合不動産サービス世界大手のジョーンズラングラサール(JLL)は9月28日、「2016年 世界不動産透明度インデックス(Global Real Estate Tranparency Index 2016)」を発表した。このインデックスは、JLLが世界109ヶ国の商業不動産市場について、データ利用可能性、ガバナンス、取引プロセス、所有権、法規制環境などの観点から不動産市場の成熟度を評価したもの。報告書の発表は隔年で行っており今年で9回 [...]

» 続きを読む

【国際】鉄鋼業界の気候変動対応は大きな遅れ、日系大手3社にも厳しい評価。CDP報告書

Facebook Twitter Google+

 機関投資家らによる国際イニシアチブで、企業に気候変動の情報開示を求めるCDPは10月6日、気候変動を巡る環境変化が鉄鋼業界に与える影響を分析した新たな報告書「Nerves of Steel」を発表、鉄鋼メーカーは今後、炭素価格(カーボン・プライス)制度の導入と脱炭素技術の開発の遅れにより苦境に立たされるであろうとまとめた。  同報告書は、時価総額総計1,210億米ドルを誇る世界の鉄鋼業界は、パリ協定の目標達成に向けて2050年までに [...]

» 続きを読む

【アジア】「アジアで最も持続可能な100社」チャンネル・ニュース・アジア・サステナブル・ランキング2016年版公表

Facebook Twitter Google+

 シンガポールに拠点を置くニュース専門テレビ局、チャンネル・ニュース・アジアは9月28日、CSRコンサルティング企業であるCSRアジアおよびサステナリティクス(Sustainalytics)とともに、今年で3回目となる2016年度の「アジアで最も持続可能な100社(2016 Channel NewsAsia Sustainability Ranking)」を公表した。同ランキングは、チャンネル・ニュース・アジアが取り組んでいるCSRプ [...]

» 続きを読む

【国際】社会的起業環境の世界ランキング、米国1位、日本は44カ国中40位

Facebook Twitter Google+

 トムソン・ロイター財団は9月15日、社会的起業(ソーシャル・アントレプレナーシップ)の設立環境に関する世界的な調査レポートを発表した。世界経済の上位45ヶ国のうち調査アクセスができなかったイランを除く44カ国が対象。44ヶ国の世界ランキングも発表され、首位は米国だった。日本は44ヶ国中40位と振るわなかった。最下位はトルコ。  調査は44ヶ国社会起業に関する専門家各国20名ずつにサーベイを行った。専門家の構成は、半数が社会起業家自身 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る