【国際】気候変動対策での資源採掘増は新たな環境破壊要因。NGO50団体以上が世界銀行に対応要求

Facebook Twitter Google+

 世界のNGO50団体以上は4月30日、世界銀行のクリスタリナ・ゲオルギエヴァCEOに対し、気候変動対応のための技術シフトとして世界銀行グループが奨励している電気自動車等の振興政策により、生産増となる鉱物資源採掘が新たに環境破壊を招いていると警鐘を鳴らす共同書簡を送付した。世界銀行に対し、バージン資源採掘ではなく、資源リサイクルを同時に追求するよう要求した。  今回の共同書簡に参加したのは、グリーンピース、レインフォレスト・アクション [...]

» 続きを読む

【国際】Urgewald、世界銀行に化石燃料ファイナンスへの取組強化要求。MIGA信用保証も

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのUrgewaldは4月11日、世界銀行グループのプロジェクトファイナンスに関する状況を分析。化石燃料へのファイナンスが、再生可能エネルギーへのファイナンスの3倍もあると発表した。世界銀行は、すでに石炭や、石油・ガス分野へのファイナンス禁止を決めているが、それ以前に承認したファイナンス残高が今も残っている。同NGOは、対策の強化を求めた。  今回の報告書は、世界銀行グループが関わる675プロジェクトを調査。投融資、補助 [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行、海洋プラスチック問題へ対応の「持続可能な開発ボンド」発行。SBGに準拠

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)は4月4日、海洋プラスチック問題への認知拡大を図るため、同分野を資金使途とする「持続可能な開発ボンド」を1,000万米ドル(約11億円)発行したと発表した。販売先は機関投資家と個人投資家の双方。モルガン・スタンレーが主幹事。国際資本市場協会(ICMA)のサステナビリティボンド・ガイドライン(SBG)に準拠。  資金使途は、インフラ・ギャプや行動変化のための分析研究、固形廃棄物マネジメント [...]

» 続きを読む

【アフリカ】世界銀行、アフリカ向け気候変動緩和・適応予算額を拡大。IDA、IFC、MIGA等

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループは3月13日、第3回気候変動サミット(One Planet Summit)の場で、アフリカでの気候変動の緩和・適用支援を拡大することを表明した。気候変動により大きな社会的影響を受けるアフリカに向け、グループ各機関からの拠出額を増やす。  同サミットは、ケニアのウフル・ケニヤッタ大統領、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、世界銀行グループのクリスタリナ・ゲオルギエヴァ総裁代行、アミナ・モハメド国連副事務総長が共催し [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界銀行ESMAP、新興国の洋上風力推進プログラム発足。英政府が資金拠出。GWECも参加

Facebook Twitter Google+

 世界銀行のエネルギー分野プログラム「Energy Sector Management Assistance Program(ESMAP)」は3月6日、英国政府から2,000万ポンド(約29億円)の資金拠出を受け、新興国での洋上風力発電を推進する新プログラムを発足したと発表した。風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)も3月7日、同プログラムで協働すると発表した。  洋上風力発電は、2011年以降5倍にまで拡大しており、2018 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦最高裁、IFCの裁判権免除認めず。インド石炭火力発電所での環境基準非遵守事件で

Facebook Twitter Google+

 米連邦最高裁判所は2月27日、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)に対し、インドでの石炭火力発電建設プロジェクトへの融資に関し環境基準を満たしていないと現地住民が訴えた裁判で、判事7対1でIFC側の主張を退け、下級審に差し戻した。世界銀行グループは本部を米ワシントンDCに置くが、1945年制定の米国際組織免責法の対象機関であり、IFC側は米国の裁判所ではIFCを裁く権利がないという裁判権免除を主張していた。しかし、連邦最高裁は、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界銀行、女性の権利平等指数レポート2019年版発表。日本はG7最下位でトルコと同程度

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)は2月27日、世界各国のジェンダー平等の状況をまとめたレポート「女性・ビジネス・法律(Women, Business and the Law)」の2019年版を発表した。同レポートは2010年から開始し、2年毎に状況を報告してきたが、今年は特別に発行され、2009年からの状況を振り返った。世界平均で女性が享受できている法的権利の度数は、2009年の70.1から2018年には74.7に改善 [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラム、世界銀行、国際赤十字、「人道投資イニシアチブ」発足。参加企業募集

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)、世界銀行、赤十字国際委員会(ICRC)の3者は1月18日、人道危機に対応するための投資を加速させるため、新たなイニシアチブ「人道投資イニシアチブ」を発足した。人道支援や開発援助の関係機関、投資家、企業からメンバーを募り、活動を推進する。  同イニシアチブは、人道危機対応分野での投資適格プロジェクトを発掘するため、「人道投資ハイレベル・グループ」を設立。世界経済フォーラムのボルゲ・ブレンデ総裁、世界銀行の [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行、2021年からの気候変動ファイナンス5カ年計画発表。23兆円投資。気候変動適応も重視

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループは12月3日、2021年から2025年までの気候変動ファイナンス5カ年計画を発表。気候変動対策に5年間で2,000億米ドル(約23兆円)投資する計画を明らかにした。特に、気候変動に脆弱な発展途上国を対象とする。今回の計画は、世界銀行グループが2016年に定めた「帰国変動アクションプラン」実現への一環。  2,000億米ドルの内訳は、国際復興開発銀行(IBRD)と国際開発協会(IDA)による政府向けが約1,000億米ド [...]

» 続きを読む

【国際】OECD、UNEP、世銀、インフラ分野の気候変動ファイナンス促進提言レポート発表

Facebook Twitter Google+

 経済協力開発機構(OECD)、国連環境計画(UNEP)、世界銀行グループは11月28日、インフラ分野への気候変動ファイナンス拡大に向けた政策レポート「Financing Climate Futures」を発表した。気候変動ファイナンスを促進し、社会・経済インフラを大規模の変革させることを提言した。  OECDの試算によると、気候変動分野には2030年までに毎年6.9兆米ドル(約790兆円)の投資が必要となる。そのうち大半を占めるのが [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る