【北米】ムーディーズ、石炭セクターの見通しを「ネガティブ」に引き下げ。石炭火力減少トレンド

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米ムーディーズは8月21日、北米の石炭セクターの見通しを「安定」から「ネガティブ」に引き下げた。石炭セクターの2019年下半期の収益は3%減少し、来年から18ヵ月収益性が低下すると予測。特に欧州における一般炭の「実質的な輸出価格の低下」と、2020年には石炭生産者が販売先を見つけるのに苦労するようになると指摘した。  ムーディーズは7月時点では、石炭火力発電が米国電力に占める割合は、2030年までに11%にまで低下す [...]

» 続きを読む

【アメリカ】オハイオ州ポールディング郡、風力発電によりムーディーズが信用格上げ

Facebook Twitter Google+

 米エネルギー経済・財務分析研究所(IEEFA)は8月1日、風力発電プロジェクトがオハイオ州ポールディング郡が発行する信用格付の格上げに寄与したと分析した。ムーディーズは2018年12月、同郡の一般財源債の信用格付をA1からAa3に1段階格上げしていた。同郡はウィンドファーム「Timber Road Wind Farm」のIIとIIIをそれぞれ2013年、2018年に設置。加えて2014年には「Blue Creek Wind Farm [...]

» 続きを読む

【国際】ムーディーズ、シェルのエネルギー移行は長期的に信用格付にプラスの影響と分析

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米ムーディーズは7月30日、ロイヤル・ダッチ・シェルが進めるバイオ燃料や再生可能エネルギーへの移行について、短期的には信用格付には影響は与えないが、長期的にはプラスの材料となるとする報告書を発表した。同報告書は、ムーディーズ契約書のみ閲覧可能。  同報告書は、ロイヤル・ダッチ・シェルの事業移行は、今後5年間のキャッシュフローや利益には影響を与える可能性は低く、従来型の原油・ガスプロジェクトに投資対効果(ROI)は及ば [...]

» 続きを読む

【国際】ムーディーズ、Vigeo EIRISを買収。株式過半数取得。業界再編進む

Facebook Twitter Google+

 信用格付大手米ムーディーズは4月15日、ESG評価機関Vigeo EIRISを買収し、株式の過半数以上を獲得したと発表した。Vigeo EIRISは、ムーディーズの「投資家サービス」部門の下で事業を続けるが、引き続き本社をパリに置き、ブランド名もそのまま維持する。  ESG投資が投資のメインストリームになりにつれ、既存の大手プレーヤーとの再編が進んでいる。すでにSustainalyticsが投資信託評価大手モーニングスター傘下に入り [...]

» 続きを読む

private 【国際】S&P、信用格付レポートに「ESG」セクション設置。今年中に全大企業対象

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米S&Pグローバル・レーティングは1月31日、信用格付レポートの中に「ESGセクション」を設けると発表した。すでに、石油・ガスと電力の2セクターで開始しているが、今後、大企業では全セクター、中小企業ではESGリスクへのエクスポージャーが高いセクターについて、同セクションを設置。2019年を通し、同社の信用格付全体の約40%となる約2,000件の信用格付レポートの中に、同セクションが登場する予定。  同社は過去2年間、 [...]

» 続きを読む

【日本】R&I、TCFDに賛同。信用格付会社では世界3社目、国内では初

Facebook Twitter Google+

 格付投資情報センター(R&I)は1月29日、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に賛同したと発表した。信用格付会社の賛同は、ムーディーズ、S&Pグローバル・レーティングに次いで3社目。国内では初。R&Iは、他にも、国連責任投資原則(PRI)の「信用格付ESG声明(Statement on ESG in Credit Ratings)」にも署名している。  同社は、ESG分析強化の取組を目下進めており、信用分析の中に環境視点 [...]

» 続きを読む

private 【国際】フィッチ、信用格付に影響を与えるESG要素を開示したツールをリリース

Facebook Twitter Google+

 信用格付大手米フィッチ・レーティングスは1月7日、ESG要素が信用格付に与える影響測定手法及び結果を開示したツール「ESG Relevance Scores」をリリースした。セクター特有の要素や個別企業特有の要素、統一的な手法を用いて測定した。信用格付へのESG影響を大規模に (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ムーディーズ、信用格付でのESG考慮基本原則内容審議でパブリックコメント受付

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米ムーディーズは9月19日、業界横断でESGリスクを評価するための基本原則についてパブリックコメントを募集していると発表した。この方法論は、ムーディーズが信用格付においてESGリスクを捉える上でのベースとなる部分。  提起された方法論は、債券の発行体の信用リスクに影響を与えるESG課題の概念フレームワークを整備しており、ムーディーズがESGをいかに考慮しているかを示すものともなる。ムーディーズは、すでに重大なESGリ [...]

» 続きを読む

private 【国際】S&P、気候変動が与えた企業利益への影響に関する分析レポート発表。「影響は有意」

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米S&Pグローバル・レーティングは6月11日、気候変動が企業利益に与えた影響を分析したレポートを発表した。気候変動や異常気象が企業利益に与える影響は有意と結論づけた。  今回S&Pグローバル・レーティングは、気候変動が企業利益に与えた影響を調査するため、金融情報端末ブルームバーグを活用し、2017年4月から2018年4月までの間になされた業績修正報告において気候変動に関する説明がなされた企業を集計した。今回の調査では [...]

» 続きを読む

private 【国際】S&P、環境・気候変動リスクが過去2年間の信用格付に影響を与えた内容を公表

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米S&Pグローバル・レーティングは11月9日、環境・気候変動リスクが同社の信用格付に及ぼす影響についてまとめたレポートを公表した。S&Pグローバル・レーティングは、2年前に同様のレポートを出していたが、その後状況変化や気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言等を踏まえ、同社の信用格付における影響の最新動向を情報開示している。  S&Pグローバル・レーティングは、業種を40種類、プロジェクトファイナンスでも [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る