private 【アメリカ】トタルエナジーズ、Simply Blue Groupと合弁会社設立。浮体式洋上風力発電

Facebook Twitter Google+

 仏エネルギー大手トタルエナジーズと、アイルランド浮体式洋上風力発電Simply Blue Groupは10月13日、米国での浮体式洋上風力発電プロジェクト展開に向け合弁会社「トタルエネジーズSBE US」を設立したと発表した。  今回設立の合弁会社は、トタルエナジーズの大規模洋上風力に関する知見とSimply Blue Groupの浮体に関する知見を活用。水深の深い米国の洋上での風力発電建設機会を獲得しにいく。  トタルエナジーズは [...]

» 続きを読む

【アメリカ】内務省、2025年までに最大7件の洋上風力海域リース発表。2030年30GW目標に向け

Facebook Twitter Google+

 米ハーランド内務長官は10月13日、バイデン政権が掲げる2030年までに洋上風力発電を30GW導入するという目標を達成するため、今後の洋上風力発電リース計画を発表した。海洋エネルギー管理局(BOEM)が、2025年までに、メイン湾、ニューヨーク湾、大西洋中央部、メキシコ湾、ノースカロライナ州・サウスカロライナ州、カリフォルニア州、オレゴン州の沖合で最大7件の海域リース販売を行う計画。  内務省は、大統領令14008の指示に従い、他の [...]

» 続きを読む

【日本】環境省、着床式洋上風力の事業終了後廃棄の考え方公表。風力環境アセスの基準緩和も

Facebook Twitter Google+

 環境省は9月30日「着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方」を取りまとめた。「着床式洋上風力発電施設の残置に係る検討会」で検討を進めていた。  今回発表した資料は、法律に基づき、洋上風力発電の事業終了後の原状回復義務や残置規制の内容を明確にしたもの。着床式洋上風力発電設備、潤滑油の漏洩の可能性がある洋上変電設備人を収容する構造を有する観測塔が対象。一方、海洋汚染等防止法上の海洋施設に該当しない海底送電線や海底ケーブル等は、今回 [...]

» 続きを読む

private 【フランス】トタルエナジーズ等3社、浮体式洋上風力発電建設へ。設備容量270MW

Facebook Twitter Google+

 仏エネルギー大手トタルエナジーズ、豪投資銀行大手マッコーリー・グループ傘下の英金融グリーン投資グループ(GIG)、再生可能エネルギー仏Qair(旧Quadran)の3社は9月23日、フランス・ブルターニュ南部で、浮体式洋上風力発電所の開発を行うコンソーシアムが、仏エネルギー・気候変動総局(DGEC)の公募入札で採択されたと発表した。  同コンソーシアムは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】経産省と国交省、洋上風力「促進区域」を1つ追加指定。有望区域も合計7に

Facebook Twitter Google+

 経済産業省と国土交通省は9月13日、洋上風力発電の有望区域に選定していた1区域を、新たに再エネ海域利用法に基づく「促進区域」に指定した。今後、公募に基づく事業者選定のプロセスに入り、事業者が決まれば、建設開始となる。 【参考】【日本】経産省と国交省、4区域を洋上風力「有望区域」に追加選定。他にも6区域が一定の段階(2020年7月7日)  今回促進区域に指定されたのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】清水建設、洋上風力建設で欧州2社の技術活用。日本市場シェアトップ目指す

Facebook Twitter Google+

 清水建設は9月1日、洋上風力発電の建設で、オランダのヘーレマ・マリン・コントラクターズとの協力体制の構築で覚書を締結したと発表した。日本市場でのEPC(設計・調達・建設)受注強化に向け、欧州企業と手を組んだ。  清水建設は、 (さらに…)

» 続きを読む

【中国】中国長江三峡、世界最大の洋上変電所を完工。洋上風力発電電力を陸上に直流送電

Facebook Twitter Google+

 中国で世界最大の洋上変電所が誕生した。黄海に建設中の如東洋上風力発電所の電力を直流電圧に変電し、陸上まで約100kmを海底ケーブルを用いて直流送電する。7月12日に完工した。洋上変電所はアジアで初。  今回の洋上変電所を設置したのは、中国長江三峡集団の再生可能エネルギー子会社「中国三峡新能源」。如東洋上風力発電所は、江蘇省沖で、設備容量合計300MWの「H8」、400MWの「H6」、400MWの「H10」の3つの海域で洋上風力発電を [...]

» 続きを読む

private 【ベトナム】GWEC、政府に向け洋上風力発電促進の規制枠組みを提言。FITからオークションへ

Facebook Twitter Google+

 風力発電国際業界団体の世界風力会議(GWEC)は7月22日、ベトナムでの洋上風力発電推進に関する提言レポートを発表した。ベトナム政府に対し、洋上風力発電での新たな固定価格買取制度(FIT)を導入し、4GWから5GWの設備容量を実現した上で、スムーズにオークション制度に移行することを推奨した。  GWECは今回、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る