private 【国際】FAOとWFP、農業・食料システムの強化に向けパブコメ募集。FAOは欧州宇宙機関とも提携

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)と世界食糧計画(WFP)は4月30日、今後数年間で両者が協働すべき分野に関するパブリックコメントの募集を開始した。5月12日まで意見を募る。  FAOは現在、2022年から2031年までの10年間の戦略を定める「戦略フレームワーク」の策定を進め、2021年の年次総会に起案する段取りを進めている。特に、国連持続可能な開発目標(SDGs)を含む2030年アジェンダの達成を支援するための効率的でインクルーシブでレ [...]

» 続きを読む

【国際】FAO、広がる飢餓人口対策で「食糧連合」発足。世界4地域を飢餓高リスク地域と特定

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は11月5日、新型コロナウイルス・パンデミックにより広がる飢餓に立ち向かうため、マルチステークホルダー型の国際イニシアチブ「食糧連合」を発足した。イタリア政府が提案し、すでに30ヶ国以上が参加意向を表明している。  新たな食糧連合では、国連持続可能な開発目標(SDGs)の目標1「貧困ゼロ」と目標2「飢餓ゼロ」を2030年までに達成することを目指す。世界では、2019年時点で期が人口は6億9,000万人と推定 [...]

» 続きを読む

【国際】FAOとWFP、新型コロナで27カ国で深刻な食糧危機リスク。食糧生産低下による悪循環阻止必要

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)と国連世界食糧計画(WFP)は7月17日、食糧危機リスクが非常に高く、迅速な対応が必要になっている27カ国を特定したレポートを発表した。新型コロナウイルス・パンデミックにより、従来からの人道支援が滞るとともに、新たに食糧危機に陥る人が増える予想となっている。  FAOとWFPは今回、今後数ヶ月以内に大規模な食糧危機を迎える国を27カ国挙げた。すでに食糧危機を迎えているところもあり、迅速な食糧援助が必要となっ [...]

» 続きを読む

【国際】UNDP、新型コロナで脆弱な途上国の窮状訴え。FAOも飢餓防止で食料サプライチェーン維持要請

Facebook Twitter Google+

 国連開発計画(UNDP)は4月29日、新型コロナウイルス・パンデミックで重要となる医療インフラについて、先進国と発展途上国の状況を比較したデータをまとめた資料を発表。発展途上国での感染防止や治療で多くの困難が予想される事情を伝え、発展途上国に対する支援を呼びかけた。  UNDPは、各国や各地域の開発において、経済指標だけでなく「人間開発指数(HDI)」という社会インフラ状況も重視しており、今回は医療インフラの状況をデータで示した。 [...]

» 続きを読む

【国際】2019年の飢餓人口は1.35億人で過去4年で最悪。2020年はさらに悪化模様。国連報告

Facebook Twitter Google+

 国連世界食糧計画(WFP)、国連食糧農業機関(FAO)、国連児童基金(UNICEF)、国連人道問題調整事務所(OCHA)、EU、米国際開発庁(USAID)は4月21日、食糧危機と飢餓に関する年次報告書「The Global Report on Food Crises 2020」を発表した。  同報告書は、WFP、FAO、EUの3機関で運営するネットワーク組織「Global Network Against Food Crises」が製 [...]

» 続きを読む

【国際】新型コロナで学校給食にアクセスできない子供が急増。途上国で栄養リスク。WFP報告

Facebook Twitter Google+

 国連世界食糧計画(WFP)は3月27日、新型コロナウイルス・パンデミックにより学校が休校になったことで、給食が食べられなくなった状況を可視化して伝えるウェブページを開設した。4月11日時点で、休校が発生している国は195カ国。給食が提供されなくなった子供の数は、3.7億人に上る。  給食は、発展途上国の子供にとっては貴重な栄養源の役割を果たしている。給食は、通常政府からの補助がついているため、学校給食と同等の栄養素を家庭だけで摂取す [...]

» 続きを読む

【国際】WFPとアリババ、世界の飢餓モニタリングシステムを共同リリース。90ヶ国でリアルタイム情報収集

Facebook Twitter Google+

 国連世界食糧計画(WFP)と中国IT大手アリババ・グループは9月24日、人工知能(AI)を活用して世界の飢餓状況をモニタリングするシステム「Hunger Map LIVE」をリリースしたと発表した。世界90ヶ国以上で食料、栄養、紛争、気象、マクロ経済データ等のリアルタイム情報を収集し、機械学習やデータ分析を通じて飢餓の度合いや深刻さの予測及びモニタリングを行う。分析データは可視化し、政府や企業等の関係者が活用できるようにする。  今 [...]

» 続きを読む

【国際】2018年に急性的飢餓人口は世界で1.2億人。予備軍も1.4億人。WFP、FAO、EU調査

Facebook Twitter Google+

 国連世界食糧計画(WFP)、国連食糧農業機関(FAO)、EUの3者は4月2日、世界の食糧危機に関するレポートを共同で発行した。2018年に緊急食糧援助が必要な人口は53ヶ国で1億1,300万人いる。2017年の1億2,400万人と比べると多少減少したが、非常に多くの人々が急性的な飢餓に苦しんでいる、  数が多い国は、アフガニスタン、コンゴ民主共和国(DRC)、エチオピア、ナイジェリア、南スーダン、スーダン、シリア、イエメンの8ヶ国。 [...]

» 続きを読む

【国際】ペプシコ、世界の飢餓対策で国際フードバンクNGOのGFNとの連携強化。8500万人に食糧支援

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手米ペプシコは1月18日、国際的なフードバンクNGOのGlobal FoodBanking Network(GFN)とのパートナーシップを強化し、2018年に食糧が必要な世界中のコミュニティ合計8,500万人に食糧を届けると発表した。GFNは現在、世界30ヶ国以上で活動している。  国連の調査によると、世界では9人に1人が慢性的な飢餓に苦しんでおり、飢餓人口は2018年まで3年連続で増加している。飢餓は、児童の健全な発育を [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グーグル、難民支援の募金キャンペーンが2日半で目標の1,000万ユーロに到達

Facebook Twitter Google+

 米グーグルは9月18日、難民支援を目的として同社が15日から開始していた募金キャンペーンの寄付総額が、わずか2日半で目標の1,000万ユーロ(約1,100万米ドル)に到達したと発表した。同キャンペーンは、人々が寄付した金額と同額をグーグルが寄付するというものだ。  グーグルは同募金キャンペーンの開始に先立ち、自ら100万ユーロを難民支援団体に寄付していた。そのうえで、9月15日に自社の公式ブログ上に自らも7歳のときに難民としてアフガ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る