【中国】中国銀行、アジア初のサステナビリティボンド発行。2年債約420億円 2018/06/06 最新ニュース

 中国銀行大手の中国銀行は5月31日、サステナビリティボンドを30億香港ドル(約420億円)発行すると発表した。サステナビリティボンドは、グリーンボンドとソーシャルボンドの双方の性格を持つ債券で、アジア域内での発行は今回が初。同時にグリーンボンドも10億米ドル(約1,100億円)発行する。

 発行するサステナビリティボンドは年限2年で、中国銀行の香港法人が香港市場で発行する。ガイドラインとして、国際資本市場協会(ICMA)のグリーンボンド原則(GBP)とソーシャルボンド原則(SBP)に準拠した。使途は、グリーンプロジェクトとして風力発電と地下鉄建設、ソーシャルプロジェクトとして政府援助学資ローン、スタートアップ企業個人ローンによる雇用創出、家族経営農業や小規模農業。調達資金は2年以内に該当プロジェクトの資金として活用するが、規模が大きいため満額が使途に充当されるまでの一定期間、非金融機関発行のグリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンドに投資することを許容した。セカンドオピニオンは中国のEY。中国では4大監査法人系がセカンドオピニオンを提供することが多い。

 一方、グリーンボンドは年限3年と年限5年の2種類あり、中国銀行のロンドン法人が英国市場で発行する。同行がオフショア市場でグリーンボンドを発行するのは今回が4回目。使途は、再生可能エネルギー、地下鉄建設、環境汚染防止。セカンドオピニオンは中国のEY。同ボンドは、気候債券イニシアチブ(CBI)のグリーンボンド基準(CBS)認証を取得し、CBIからのお墨付きも得た。

【参照ページ】Bank of China Plans to Issue its first Sustainability Bond in Offshore Markets
【参照ページ】Bank of China Plans to Issue its fourth Green Bond in Offshore Markets

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る