【コンゴ】熱帯雨林の持続可能な保護政策が、森林破壊を引き起こしている可能性

Facebook Twitter Google+

 熱帯雨林の保護政策が本来の目的とは逆の結果を招き、森林破壊の拡大に繋がっているという2本の論文が米国ボイシ州立大学の研究者Jodi S Brandt氏らにより発表され、注目を集めている。  調査対象となったのは、2000年に持続可能な森林経営政策に基づく森林法を制定したコンゴ盆地だ。最初の研究は2000年~2010年間の伐採権保有業者の国籍および森林法に準拠しているか否かによる森林破壊の比較で、2014年4月にEnvironment [...]

» 続きを読む

【南アフリカ】IBMとヨハネスブルグ市、IoTを活用して大気質の改善へ

Facebook Twitter Google+

 IBMは12月10日、南アフリカの首都ヨハネスブルグ市およびCouncil for Scientific and Industrial Research(以下、CSIR)と、同市の空気質改善計画の支援を目的とする先進技術の活用に向けて協働することで合意したと発表した。  今後、IBMはヨハネスブルグ市との協働のもと、同社のコグニティブ・コンピューティング基盤とつながったIoT(Internet of Things)技術を活用し、ヨハ [...]

» 続きを読む

【アフリカ】アフリカ再生可能エネルギーイニシアチブが発足。共同声明を発表

Facebook Twitter Google+

 パリで開催されたCOP21の会合にて、アフリカのリーダーたちによるアフリカ再生可能エネルギーイニシアチブ(Africa Renewable Energy Initiative、以下AREI)が発足した。フリカおよびその他の発展途上国における再生可能エネルギーの加速的な発展を目指す。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)は12月8日にその共同宣言を発表、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、英国、EU、スウェーデン、オランダが [...]

» 続きを読む

【フランス】オランド大統領、COP21にてアフリカの再生可能エネルギーに20億ユーロの投資を発表

Facebook Twitter Google+

 フランスのフランソワ・オランド大統領は12月1日、パリ・ル・ブルジェで開催されているCOP21でのサミットClimate Challenge, African Solutionsの中で潘基文国連事務総長とともに議長を務め、2016年から2020年にかけてアフリカの再生可能エネルギーに20億ユーロの投資を行うことを発表した。  アフリカ12か国の首脳、アフリカ連合委員長、各国政府代表、世界銀行、アフリカ開発銀行といった国際機関の代表ら [...]

» 続きを読む

【エチオピア】ネスレら、コーヒーのトレーサビリティ・システムに130万米ドルを投資

Facebook Twitter Google+

 スイス食品大手のネスレは11月12日、オランダのJacobs Douwe Egberts、カナダのMother Parker’s Coffee & Teaら共同で、持続可能なコーヒー調達プログラムのSustainable Coffee Programを通じてエチオピアにおける新たな食物のトレーサビリティ・システムに130万米ドルを投資したと公表した。調達企業らがコーヒーの「フットプリント」を追跡し、その品質とサステナビリティをしっか [...]

» 続きを読む

【ケニア】グーグル、アフリカ最大の風力発電プロジェクトへ投資

Facebook Twitter Google+

 米IT大手のグーグルは10月20日、新たにケニア北部のトゥルカナ湖風力発電プロジェクトへ投資すると発表した。完成すれば、同発電所はアフリカ最大の風力発電所としてケニアの電力網に310メガワットのクリーンエネルギーを供給することになる。これは200万世帯以上の消費電力に相当し、ケニアの電力網の15%を占める電力量だ。世界で最も経済が急成長しているケニアにおいて、エネルギー供給の安定性向上および化石燃料への依存度低下につながることが期待 [...]

» 続きを読む

【南スーダン】ネスプレッソ、初となる南スーダン産コーヒーを取り扱い開始。農家と経済発展を支援

Facebook Twitter Google+

 コーヒー大手のネスプレッソは10月7日、初となる南スーダン産コーヒーの取り扱いを開始すると公表した。"SULUJA ti SOUTH SUDAN"(現地語で"Beginning of South Sudan"の意味)と名付けられたこのコーヒーは、同国にとって石油以外では初めての主要な輸出品となり、今後の経済発展に向けた大きな一歩となることが期待される。  コーヒー生産に関する高い専門性とサステナビリティ・イノベーションの掛け合わせの [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハーシー、持続可能なサプライチェーン構築に向けてガーナの子供たちの栄養支援

Facebook Twitter Google+

 米チョコレート製造大手のザ・ハーシー・カンパニー(以下、ハーシー)は9月30日、クリントン・グローバル・イニシアチブ(CGI)において新たにガーナの7,500の農家に対して農業トレーニングを実施するというコミットメントを公表した。  ハーシーは農家のトレーニングを通じ、同社がガーナ・スクール・フィーディング・プログラムおよび地元NPOのプロジェクト・ピーナツ・バターとの協働によりガーナの学校に通う児童らに無償で配布している栄養サプリ [...]

» 続きを読む

【国際】ブルームバーグ・フィランソロピーズら3慈善団体、社会貢献データベースを開設

Facebook Twitter Google+

 ブルームバーグ・フィランソロピーズ、キングボードウィン財団、米ファンデーションセンターの3団体は9月16日、慈善活動に関する調査研究や活動状況のマッピング、ケーススタディなどの情報をまとめたデータポータルサイト、"Equal Footing"を開設した。  同ポータルサイトは、対象地域における現在進行中の開発プロジェクトや活動がもたらしている測定可能なインパクト、ニーズへの対処不足状況などを把握することができるものだ。慈善団体やNG [...]

» 続きを読む

【アフリカ】東・南部アフリカ諸国、違法木材取引の抑制に向けた歴史的な共同宣言に署名

Facebook Twitter Google+

 ケニア、タンザニア、ウガンダ、マダガスカル、モザンビークの国立林野庁は9月9日、南アフリカのダーバンで開催されたWWF、TRAFFIC、SADC(南アフリカ開発共同体)主催による「第14回世界森林会議」の中で、東・南部アフリカ地域における違法な木材取引の撲滅に向けた歴史的な共同宣言、「ザンジバル宣言(Zanzibar Declaration)」に署名した。同地域において急速に拡大している森林喪失の抑制に向けた大きな一歩となる。  W [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る