private 【アメリカ】カリフォルニア州、2024年1月までに水圧破砕新規許可禁止。2045年までに石油採掘禁止

Facebook Twitter Google+

 米カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は4月23日、同州の環境保護局地質エネルギー管理室(CalGEM)に対し、シェールオイルやシェールガス採掘に用いられる水圧破砕の新規ライセンス発行を2024年1月までに禁止する法規制の検討を指示した。また同州の大気資源局(CARB)に対し、州内での石油採掘を2045年までに段階的に廃止するためのロードマップを分析するよう指示した。  同州は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】福島県に新たな石炭火力発電所が営業運転開始。日本では他に12基の新設が進行中

Facebook Twitter Google+

 福島県いわき市で、新たな石炭火力発電「勿来IGCC発電所」が4月16日、営業運転を開始した。設備容量は525MW。石炭をガス化して燃焼させ、二酸化炭素排出量を抑制するIGCC(石炭ガス化複合発電)技術を採用。石炭火力発電の全廃を巡る議論が世界的に進む中、日本では新たな石炭火力発電所が誕生した。  同発電所の運営主体は「勿来IGCCパワー合同会社」。出資比率は、三菱商事エナジーソリューションズの子会社「勿来IGCCマネジメント」が40 [...]

» 続きを読む

private 【日本】三菱UFJ、既設石炭火力の拡張もファイナンス禁止。但しCCUSや混焼は例外

Facebook Twitter Google+

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は4月26日、2018年に策定した「MUFG環境・社会ポリシーフレームワーク」を再度改定したと発表。石炭火力発電所へのファイナンス禁止の対象を新設だけでなく、既存発電設備の拡張にも適用することを決めた。但し例外規定も盛り込んだ。  これまでの同社ポリシーでは、石炭火力発電の新設へのファイナンスを原則禁止していたが、「当該国のエネルギー政策・事情等を踏まえ、OECD公的輸出信用アレンジメン [...]

» 続きを読む

private 【国際】ABインベブ、環境スタートアップ発掘プログラム第3期募集開始。コカ・コーラ、ユニリーバ、コルゲートら参画

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は4月22日、食品世界大手米コカ・コーラ・カンパニー、消費財世界大手英ユニリーバ、消費財世界大手米コルゲート・パーモリーブの3社が、ABインベブ主導の環境スタートアップ発掘プロジェクト「100+ Accelerator」に参画したと発表した。  同プロジェクトは2018年に発足。水スチュワードシップやサーキュラーエコノミー、持続可能な農業、気候変動の解決に取り組む [...]

» 続きを読む

private 【日本】個人情報保護委員会、LINEへの行政指導内容提示。違法性は現時点でなし

Facebook Twitter Google+

 内閣府の外局として設置されている個人情報保護委員会は4月23日、3月19日に個人情報保護法の下で実施したLINEの報告徴収の結果を発表。行政指導を行の内容を示したが、現時点では違法性はなかったとの判断を下した。 【参考】【日本】LINE、中国グループ会社からの暗号化保護された個人情報アクセス認める。個人情報漏洩等は否定(2021年3月19日) 【参考】【日本】LINE、プライバシーポリシー改定。データ移転の記載を詳細化。「2つの国内 [...]

» 続きを読む

private 【国際】PRI、アセットオーナー向けに受益者のサステナビリティ性向把握推奨ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月21日、アセットオーナーが投資意思決定において受益者のESG性向を考慮すべき理由と手法をまとめたガイダンスを発表した。受益者は財務的リターンのみに関心があるとしてきた従来の固定観念とは異なり、受益者はサステナビリティ・パフォーマンスに関しても性向を持ってきていることを示し、受益者の期待の応えるためのアセットオーナーの在り方を示した。  今回のレポートは、受益者の中には、財務リターンを犠牲にしてでもサス [...]

» 続きを読む

private 【国際】ベライゾン、2030年までにCO2スコープ3で40%減。スタートアップ支援でも削減効果狙う

Facebook Twitter Google+

 通信大手米ベライゾンは4月19日、2030年までにスコープ1、スコープ2での二酸化炭素排出量を2019年比53%削減、スコープ3での同排出量を40%削減する目標を発表。科学的根拠に基づく削減目標イニシアチブ(SBTi)の承認も得た。  同社は2019年、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】Carbios、廃PETのケミカルリサイクルでミシュランのタイヤ生産に成功。サーキュラー化

Facebook Twitter Google+

 タイヤ世界大手仏ミシュランと仏再生プラスチック・ベンチャーCarbiosは4月23日、廃ペットボトルをCarbiosのケミカルリサイクルで再生した素材で、ミシュランが求めるタイヤ素材の技術要件を満たしたと発表した。PET(ポリエチレンテレフタレート)素材を酵素でケミカルリサイクルしタイヤ生産に成功したのは今回が世界初。 【参考】【フランス】Carbios、アパレル・ポリエステル廃棄物からPETを生成するケミカルリサイクル技術開発に成 [...]

» 続きを読む

private 【国際】国際官民連携の熱帯雨林保護イニシアチブLEAF発足。アマゾン、ネスレ、ユニリーバ等参画

Facebook Twitter Google+

 欧米3ヶ国政府と世界大手企業は4月22日、気候リーダーズ・サミットの中で、国際的な官民連携型の熱帯雨林保護イニシアチブ「Lowering Emissions by Accelerating Forest Finance (LEAF)」を発足したと発表した。同イニシアチブは、政府と企業の更なる参画を呼びかけており、2021年末に参画する政府や企業、調達金額を発表予定。10億米ドル(約1,080億円)の資金動員を目指す。  同イニシアチ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る