private 【ドイツ】RWE、世界初のリサイクル可能な風力発電タービンの実証使用開始。シーメンス・ガメサ製

Facebook Twitter Google+

 独電力大手RWEは9月7日、洋上風力発電で世界初のリサイクル可能な風力発電タービンブレードの実証を行うと発表した。タービンには、総合電機世界大手独シーメンスの風力発電設備子会社シーメンス・ガメサ・リニューアブル・エナジー(SGRE)のタービンブレードを使用。同タービンブレードは、使用後も部品を他製品にリサイクルすることができる。ドイツにあるRWEのカスカシ洋上風力発電所に導入予定。  風力発電装置では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】カリフォルニア州、食品包装でPFAS使用禁止。調理器具での有害物質の開示義務も

Facebook Twitter Google+

 米カリフォルニア州議会下院は9月7日、全ての食品包装・容器でPFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)の使用を禁止し、調理器具での有害化学物質の情報開示も義務付ける州法「カリフォルニア州安全食品パッケージ・調理器具法案(AB1200)」を可決した。同州法案はすでに9月3日に上院でも可決。州知事が署名すれば成立する。 【参考】【環境】化学物質PFASとは何か? 〜マクドナルドやアマゾンが使用禁止を決めた背景 [...]

» 続きを読む

private 【シンガポール】通貨監督庁、ESGリテールファンドに情報開示義務化へ。ASEANタクソノミーも視野

Facebook Twitter Google+

 シンガポール通貨監督庁(MAS)のラヴィ・メノン長官は9月8日、グリーンファイナンスをアジア地域で拡大するため、リテールファンド向けのESG投資情報開示基準を2022年初旬に導入する考えを明らかにした。  メノン長官は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CBI、サステナビリティ・リンク・ボンド等向けのトランジションファイナンス基準案公表

Facebook Twitter Google+

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの気候債券イニシアチブ(CBI)は9月10日、トランジションファイナンスに注目が集まる中、サステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)やサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)に関するCBI認証基準案を示したディスカッション・ペーパーを発行した。5つの要件を提案した。  サステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)やサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CDP、非上場企業への情報開示要求開始。プライベートキャピタル投資家が支持

Facebook Twitter Google+

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは8月25日、非上場企業向けの情報開示プラットフォームを開設したと発表した。従来は上場企業のみがCDPの情報開示の対象だったが、影響力のある非上場企業にも焦点を当てる。開設にプライベートキャピタル分野の機関投資家が協力した。  協力した機関投資家は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】CDP、ウォーター・インパクト・インデックス発表。213セクターの将来リスク度を提示

Facebook Twitter Google+

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは8月25日、全213セクターの将来の水リスクの重度を評価したツール「CDPウォーター・インパクト・インデックス」をリリースした。グローバル企業や金融機関向けに、業界の水リスク分析を支援することを狙っている。  同ツールは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】Allied Bakeries、パン食品の包装素材にSABICのケミカルリサイクル再生プラ含有素材を採用

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)は9月8日、サーキュラーエコノミー型素材「TRUCIRCLE」が、英食品大手Allied Bakeriesのパン商品の包装素材として採用されたと発表した。同包装の生産は、米包装製造セント・ジョンズ・パッケージングが、米バージニア州キングスミルと中国拠点で行う。  Allied Bakeriesは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】ハーバード大、化石燃料ダイベストメント表明。長年のエンゲージメント重視を転換

Facebook Twitter Google+

 米ハーバード大学のローレンス・S・バコウ学長は9月9日、大学基金(エンダウメント)での化石燃料ダイベストメントを実行する意向を表明した。これまでハーバード大学は、ダイベストメントよりエンゲージメントが重要との立場を貫いてきたが、同大学に対し、ダイベストメントを実行するよう要求する社会的圧力が強まっていた。 【参考】【国際】ハーバードとオックスフォード、大学基金で2050年カーボンニュートラル宣言。パリ協定遵守(2020年5月2日) [...]

» 続きを読む

private 【スイス】チューリッヒ保険、気候変動対策を加速。スコープ3削減の具体策や気候ファンド設定等

Facebook Twitter Google+

 保険世界大手スイスのチューリッヒ保険は9月7日、気候変動対策を加速させるため、新たな施策を発表した。スコープ3での削減アクションが柱。  同社は、スコープ1とスコープ2での二酸化炭素排出量は、2014年からカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を達成。スコープ3では、2025年までに50%、2029年までに70%削減することにコミットしている。今回はその具体策を示した。  まず、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る