【スイス】ネスレ、パッケージ科学研究所を新設。プラスチック汚染と気候変動への対応

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは9月12日、プラスチック汚染問題と気候変動に対応するため、新たな包装・容器を研究する「パッケージング科学研究所」を正式に発足したと発表した。1年前に構想を表明していた。機能性、安全性、環境配慮を両立させるパッケージング開発を加速させる。同社によると、パッケージング研究所を発足したのは、食品業界では世界初だという。 【参考】【スイス】ネスレ、「パッケージ科学・研究所」をローザンヌに新設。再利用・リサイクル技 [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、新たな気候変動シナリオレポート「IPR」発表。NPSを代替。投資家に参照呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は9月10日、気候変動に関する新シナリオを策定したレポート「Inevitable Policy Response(IPR)」を発表した。PRI署名機関は目下、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインを基に気候変動シナリオ分析や投資分析を進めているが、現行の政策ベースとなる国際エネルギー機関(IEA)の「新政策シナリオ(NPS)」に代わる現実的な政策ベースが必要と判断。IPRでは、新たに「将 [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、「持続可能な海洋原則(SOP)」策定。企業署名募集

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は9月13日、「持続可能な海洋原則(SOP:Sustainable Ocean Principles)」を発表した。世界中の企業に対し、健全で生産性の高い海洋を実現するよう要求した。9月23日に正式に発足。企業に自主的署名を求める。  SOPは全部で9つの原則で構成。「海洋の健全性及び生産性」「ガバナンス・エンゲージメント」「データと透明性」の3つの観点で企業が実施すべきアクションをまとめた。内 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】コカ・コーラ財団、リサイクル箱支給で3800万円助成。Keep America Beautifulと協働

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米コカ・コーラ・カンパニーの財団、コカ・コーラ財団は9月12日、環境NGOのKeep America Beautifulと協働し、2019年のリサイクル箱設置援助の対象機関を発表した。今年は31団体が選ばれた。同財団は、過去13年間、「Coca-Cola Public Space Recycling Bin Grant」を展開し、リサイクル推進のため、全米50州及びワシントン・コロンビア特別区の合計1,000以上の地域に [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、Business Ambition for 1.5°C署名。2050年までにCO2排出量ゼロ

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは9月12日、2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにする新たな気候変動対策を発表した。気候変動を1.5℃に抑えるための国際スタンダードに合わせた。国連グローバル・コンパクト(UNGC)が署名を呼びかける「Business Ambition for 1.5°C」誓約にも署名した。 【参考】【国際】国際機関・NGO、企業に1.5℃目標達成に即すCO2削減目標設定を要請。Business Ambition [...]

» 続きを読む

【カナダ】P&G、剃刀ジレットでリサイクル・プログラム発表。使い捨て刃やプラ包装を回収

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手米P&Gは9月9日、同社の剃刀ブランド「ジレット」で、使い捨て刃、使い捨てカートリッジ、プラスチック包装をカナダでリサイクルするプログラムを発表した。リサイクル大手TerraCycleと協働する。サーキュラーエコノミー推進の一環。同様の取組は世界初だという。  P&Gは、リサイクルを実施するため、消費者に2つの方法を提供。1つ目は、使い捨て刃を自宅からTerraCycleに送る「ジレット・レーザー・リサイクル・プログラ [...]

» 続きを読む

【国際】AIIBとアムンディ、AIIB加盟国へのグリーンボンド投資で約1100億円のファンド創設

Facebook Twitter Google+

 アジアインフラ投資銀行(AIIB)と仏投資運用大手アムンディは9月10日、気候変動分野に投資するための新たなフレームワークを共同開発したと発表した。AIIBの加盟国での気候変動対応アクションを加速させるために、加盟国で発行させる気候変動プロジェクトを使途とするグリーンボンドに対する。ファンド規模は、AIIBとアムンディでシードマネーを5億米ドル(約540億円)拠出し、別途機関投資家から5億米ドルの投資募集を募る。  AIIBとアムン [...]

» 続きを読む

【日本】旭化成ホームズ、RE100加盟。自社開発物件での太陽光発電から電力調達。2038年目途

Facebook Twitter Google+

 旭化成ホームズは9月10日、事業電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。2038年までに事業電力を100%再生可能エネルギーに転換する。  旭化成ホームズは、これまでも、戸建住宅「ヘーベルハウス」及び賃貸住宅「ヘーベルメゾン」で太陽光発電設備設置を積極的に推進してきた。過去累積の設備容量は360MWを超え、電力量は約360GWh。一方、同社の事業電力消費量は約33GW [...]

» 続きを読む

【国際】適応グローバル委員会、今後10年間で気候変動適応に193兆円必要。投資効果は最大10倍

Facebook Twitter Google+

 気候変動適応分野の国際機関、適応グローバル委員会(GCA)は9月10日、2020年から2030年までに気候変動適応に1.8兆米ドル以上(約193兆円)の投資が必要であり、7.1兆米ドル(約765兆円)の経済効果があるとする報告書を発表した。費用対効果は2対1から10対1と高いとし、国際社会に気候変動適応分野への投資を呼びかけた。  GCAは、2018年に当時の潘基文事務総長の呼びかけで発足。参加国は、英国、ドイツ、オランダ、デンマー [...]

» 続きを読む

【フランス】2019年の2つの熱波で約1500人死亡。同国史上最高気温も更新。連帯・保健相発表

Facebook Twitter Google+

 フランスのアニエス・ビュザン連帯・保健相は9月8日、今夏同国を襲った2つの熱波により1,435人が死亡したことを明らかにした。また、南部のエロー駅では、46℃を記録し、同国としての最高気温記録を塗り替えた。  今回指摘の熱波は、6月24日から7月7日までの熱波と、7月21日から27日までの熱波の2つ。前者で567人、後者で868人が死亡した。フランスでは、2003年で20日間続いた熱波で15,000人以上が死亡するという事態が発生し [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る