private 【国際】国連、世界森林ゴール報告書2021発行。2030年目標に向けた初の現状分析レポート

Facebook Twitter Google+

 国連経済社会局(UN DESA)は4月26日、同局が2017年に策定した「森林のための国連戦略計画2017-2030」を実行する上での現状分析を実施した初のレポート「世界森林ゴール報告書2021(Global Forest Goals Report 2021)」を発行した。同戦略が定めた6つのゴール、26指標のうち世界全体で達成に向かっているのは3指標にとどまっていた。  今回のレポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】FAO、2025年までの「栄養戦略」採択。SDGs達成に向けた重要課題

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は5月7日、過去2年をかけて検討してきた2025年までの「FAO栄養戦略」がFAO理事会で採択されたと発表した。国連持続可能な開発目標(SDGs)で複数の分野に影響を与える「栄養」政策での方針が固まった。  栄養政策に関しては、国連の世界食料安全保障委員会(CFS)に設置された「食料安全保障と栄養に関するハイレベル専門家パネル」が2017年、農業・食料システムの変化が栄養に影響を与える経路を整理したマップを [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、分散型台帳の金融事業への応用で課題整理レポート発表

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は5月6日、ブロックチェーン等の分散型台帳テクノロジーを金融に適用していくための可能性と課題をまとめたレポートを発表した。ボストンコンサルティンググループ(BCG)が執筆を担当、テクノロジーの需要に関しては安全措置とのバランスが必要と伝えた。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、家庭からの食品廃棄物と庭廃棄物の定期回収政策発表。パブコメ募集

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は5月7日、2023年から食品廃棄物リサイクルを強化するため、イングランド地方で食品廃棄物の家庭ごみ分別回収を開始する政策案を発表した。パブリックコメントを募集し、政策を最終化する。食品廃棄物はハエやペスト菌の温床にもなり、公衆衛生改善の効果もあるという。  今回の政策は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU・インド】首脳会談、グリーン成長や貿易促進、繁栄した民主主義で共同声明。関係深化

Facebook Twitter Google+

 EUとインド政府は5月8日、オンライン首脳会談を開催した。EU側からは、シャルル・ミシェル欧州理事会議長(EU大統領)、ウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長、ジョセップ・ボレルEU外務・安全保障政策上級代表(EU外相)、EU加盟国首脳が出席。インド側はナレンドラ・モディ首相が出席。首脳会談後の共同声明では、「新型コロナウイルス及び次のパンデミックへの対策」「グリーン成長」「貿易・コネクティビティ・テクノロジーでのインクル [...]

» 続きを読む

private 【イギリス・インド】首脳会談開催。英印FTAに向け貿易額倍増で合意。気候変動・コロナ対策でも

Facebook Twitter Google+

 英ボリス・ジョンソン首相と、インドのナレンドラ・モディ首相は5月4日、オンライン首相会談を開催。将来的な英印自由貿易協定(FTA)に向け、2030年までに両国間の貿易を現在の230億ポンド(約3.5兆円)から倍増させ、新たに両国間で10億ポンド(約1,500億円)の通商・投資を実現させることで合意した。他にも気候変動や新型コロナウイルス・パンデミック対策でも合意に達した。  今回の10億ポンドの通商・投資では、 (さらに&helli [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バイデン政権、レストラン活性化基金で3.1兆円の支援。「外食は経済の重要産業」

Facebook Twitter Google+

 米大統領府(ホワイトハウス)は5月5日、新型コロナウイルス・パンデミックで大きな打撃を受けている外食企業に対する就任後100日間の政府支援状況を報告した。ジョー・バイデン政権は、連邦議会でも3月に可決された米国救済プラン(ARP)に基づき、レストラン活性化基金(RRF)で286億米ドル(約3.1兆円)の支援資金を用意している。 【参考】【アメリカ】上院、200兆円のコロナ対策予算案を僅差で可決。個人給付金や地方政府支援等(2021年 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】政府、200兆円「米国家族プラン」発表。低所得者やマイノリティへの財政支援で経済成長

Facebook Twitter Google+

 米ジョー・バイデン大統領は4月28日、総額1.8兆米ドル(約200兆円)の「米国家族プラン」を発表した。バイデン大統領は、3月に「米国救済プラン」の予算を成立させ、さらに同月に総額2兆米ドル(約220兆円)の「米国雇用プラン」も発表しており、矢継ぎ早に大規模な財政政策を打ち出している。 【参考】【アメリカ】上院、200兆円のコロナ対策予算案を僅差で可決。個人給付金や地方政府支援等(2021年3月9日) 【参考】【アメリカ】バイデン政 [...]

» 続きを読む

【国際】WBCSD、ESG報告情報サイト「Reporting Exchange」をアラベスクS-Rayに事業譲渡

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は5月6日、同団体が運営するESG報告情報ポータルサイト「The Reporting Exchange」を、英AI活用型ESG評価アラベスクS-Rayに事業譲渡したと発表した。  The Reporting Exchangeは、WBCSD、CDSB、エコデスクの3社が、2015年に計画を発表し、2017年にリリース。ESG報告に関する国際レベル [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】政府、2045年カーボンニュートラル政策発表。違憲判決受け。タクソノミーでは原発除外

Facebook Twitter Google+

 ドイツのオーラフ・ショルツ財相とスベ―ニャ・シュルツェ環境相は5月5日、同国のカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)の達成時期を2050年から2045年に5年前倒しする政策を発表した。今後、政府内で調整し、国会での審議に入る。  ドイツ連邦政府は2019年に「気候保護法」を制定。EUでの合意に基づき、二酸化炭素排出量を2030年までに1990年比55%減、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを法定目標として [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る