Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【スウェーデン】ストックホルム・フィンテック・ハブ、フィンテックでSDGs達成を支援

Facebook Twitter Google+

 フィンテック企業専用のコワーキングスペースを提供するストックホルム・フィンテック・ハブは4月6日、国連環境計画(UNEP)が掲げるフィンテックを通じた国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成を支援していくと発表した。UNEPは、2014年1月に結成された「UNEP Inquiry into the Design of a Sustainable Financial System(持続可能な金融システムのデザインに向けたUNEP調査」 [...]

» 続きを読む
2017/04/21 最新ニュース

【アメリカ】IBM、創薬開発支援の機械学習モデルで特許取得

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手IBMは4月7日、同社の研究開発部門「IBMリサーチ」の科学者が、薬の治療効能と副作用の予測が可能な機械学習モデルに関する特許「U.S. Patent 9,536,194」を取得したと発表した。機械学習とは人工知能分野の技術の一つで、データを積み重ねることで自動的に計算手法を進化させることができる。  今回開発された機械学習モデルは、膨大な量の薬と疾病に関するデータを用いて、薬効と副作用に関する予測が可能となる。同社によ [...]

» 続きを読む
2017/04/20 最新ニュース

【アメリカ】マッキンゼー・パートナー、「サステナビリティは企業価値評価に影響を与える」

Facebook Twitter Google+

 コンサルティング世界大手マッキンゼー・アンド・カンパニーは3月17日、昨年12月に同社ニューヨークオフィスのティム・コラー・パートナーと、元同社アソシエイトパートナーで現在FCLT Globalのリサーチ部長を務めるジョナサン・ベイリー氏が行った対談の内容を公表した。対談のタイトルは「When sustainability becomes a factor in valuation(いつサステナビリティは企業価値評価要素となるのか) [...]

» 続きを読む
2017/04/05 最新ニュース

【国際】EcoLabとTrucost、水リスク定量評価ツールを更新。地域ごとの水質評価も可能に

Facebook Twitter Google+

   水関連コンサルティング米Ecolabと自然資本会計コンサルティング英Trucostは3月21日、企業が水リスクの財務影響を分析するための公開ツール「Water Risk Monetizer」のバージョンアップを行ったと発表した。更新版では、水リスクの包括的分析を実現するため、地域ごとの水質についても分析することができるようになった。EcolabとTrucostは、2014年11月にWater Risk Monetizerをリリー [...]

» 続きを読む
2017/04/01 最新ニュース

【アメリカ】 UL、動物実験に頼らないREACH規則毒性試験を可能にするソフトウェア開発

Facebook Twitter Google+

 UL認証で知られる米認証機関UL(Underwriters Laboratories)は3月13日、環境認証を行う部門UL Environmentが、動物実験を行わずにEUの化学物質ルール「REACH規則」に基づく有害性試験が可能となる新たなソフトウェア「REACHAcross」をリリースした。同種のソフトウェアとしては初めて、人工知能型アルゴリズムの一つ「機械学習」機能を搭載した。  REACHAcrossには、精度の高い類推(R [...]

» 続きを読む
2017/03/31 最新ニュース

【アメリカ】アマゾン、倉庫・配送拠点に太陽光発電パネルを設置。2020年までに世界50ヶ所で

Facebook Twitter Google+

 ウェブサービス世界大手アマゾンは3月2日、同社が管理する各国の倉庫・配送拠点(フルフィルメントセンター)の屋根に太陽光発電パネルを設置すると発表した。2017年末までに米国内のフルフィルメントセンター15ヶ所で、2020年までに各国のフルフィルメントセンター50ヶ所でパネルを設置する。  アマゾンは、時期は未定だが将来的に再生可能エネルギー100%での事業運営をすることを宣言しており、今回の太陽光発電パネルの設置もその一環。同社は再 [...]

» 続きを読む
2017/03/16 最新ニュース

【ドイツ】SAP、2016年統合報告書発行。財務と非財務の業績関連性とマテリアリティ分析の詳細を公表

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手SAPは2月28日、2016年の統合報告書を発行した。統合報告書には、非財務指標が財務業績に与える定量的なインパクトを公表するとともに、マテリアリティ分析の詳細プロセスも明らかにされている。国際統合報告評議会(IIRC)が定める統合報告フレームワークでは、財務と非財務の関連性やマテリアリティ分析が非常に重視されているが、今回SAPが公表した統合報告書はその面での好事例と言える。  今回発表された統合報告書には、非財務指標 [...]

» 続きを読む
2017/03/14 最新ニュース

【国際】携帯通信業界団体GSMA、人道支援にビッグデータを活用するイニシアチブ発表。NTTドコモとKDDIも参加

Facebook Twitter Google+

 国際的な携帯通信事業者業界団体GSMAは2月27日、感染症や自然災害など災害発生時に携帯通信事業者が保有するビッグデータを活用し人道支援に役立てるイニシアチブ 「Big Data for Social Good」を開始することを発表した。災害時に人々の動きを追跡することで、公共の保健機関が感染症の拡大を防止することや、救援物資を的確に送付に役立てる。  GSMAには世界300社が加盟しているが、今回のイニシアチブは16社が率先して進 [...]

» 続きを読む
2017/03/13 最新ニュース

【香港】CSRコンサルティングELEVATE、CSRアジアを買収。両社のサービスエリアを相互にカバー

Facebook Twitter Google+

 CSRコンサルティングのCSRアジアは2月22日、企業のサプライチェーンにおける社会・環境コンサルティングを提供しているELEVATEに買収され、傘下に入ったと発表した。CSRアジアとELEVATEはともに香港に本社を置いているが、CSRアジアは日本や東南アジアに拠点を持つのに対し、ELEVATEは中国や南アジアの他、北米や欧州にも拠点を持つ。今回の買収により、両社はお互いのカバーエリアを拡大できる。  ELEVATEは2013年に [...]

» 続きを読む
2017/03/08 最新ニュース

【アメリカ】IBM、途上国向けの災害通知アプリを開発。現地での早期災害対応に期待

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手IBMと同社子会社で気象情報大手Weather Companyは2月15日、通信網が脆弱な発展途上国向けにスマートフォン用気象警報技術「メッシュ・ネットワーク警報」を開発したと発表した。今回開発したのは、通信網に接続していないスマートフォン端末にも異常気象や自然災害情報などを通知できる新たな技術。これにより通信網が脆弱な地域でも天変地異時に事前や事後の早期対応が可能となる。  一般的に災害情報の通知は、政府機関などがイン [...]

» 続きを読む
2017/03/03 最新ニュース
ページ上部へ戻る