private 【イギリス】Allied Bakeries、パン食品の包装素材にSABICのケミカルリサイクル再生プラ含有素材を採用

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)は9月8日、サーキュラーエコノミー型素材「TRUCIRCLE」が、英食品大手Allied Bakeriesのパン商品の包装素材として採用されたと発表した。同包装の生産は、米包装製造セント・ジョンズ・パッケージングが、米バージニア州キングスミルと中国拠点で行う。  Allied Bakeriesは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【サウジアラビア】SABIC、マテリアルリサイクル再生プラ含む自動車部品素材開発。販売開始

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)は9月2日、廃プラスチックをマテリアルリサイクルして生産した再生プラスチック素材を一部含む初の自動車部品用グレードのプラスチックを発表した。同社のサーキュラーエコノミー型素材「TRUCIRCLE」に新たなラインナップが加わった。  今回開発したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】SABIC、ケミカルリサイクルで業界初の再生ポリカーボネート販売開始。ISCC+認証

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)は8月5日、廃プラスチックをリサイクルして生産した再生ポリカーボネート樹脂を世界で初めて販売すると発表した。マスバランス方式で製造されたバイオマス原料やリサイクル原料の製品を示すISCC+認証を取得した。  同社は、ケミカルリサイクルを活用した再生素材によるサーキュラーエコノミー化を積極的に進めており、今回のアクションもその一環。生産されたポリカーボネート樹脂は、同社の再生素材ブランド [...]

» 続きを読む

private 【国際】DSMとSABIC、リサイクル樹脂でのダイニーマ生産で協働。廃棄物のケミカルリサイクルも

Facebook Twitter Google+

 オランダ化学大手DSMは7月13日、リサイクルした再生プラスチック原料を基に、強度が世界最高とも言われる同社の超高分子量ポリエチレン「ダイニーマ」を生産するアクションで、石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)と協働すると発表した。  DSMとSABICは2020年12月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】SABIC、P&G、フラウンホーファー研究機構、使い捨てマスクのケミカルリサイクル。不織布を循環生産

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)、消費財世界大手米P&G、独研究機関フラウンホーファー研究機構のクラスター・サーキュラー・プラスチックス・エコノミー(CCPE)の3者は6月16日、使い捨てマスクのポリプロピレン(PP)繊維のケミカルリサイクルで、サーキュラーエコノミー・ループを実現する合同プロジェクトを発表した。  新型コロナウイルス・パンデミックで大量発生している使い捨てマスクは、現状、焼却処分か埋立処分されており [...]

» 続きを読む

private 【国際】バイヤスドルフ、容器・包装での再生ポリマー転換でSABICと協働。ニベアの新シリーズ

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)は4月29日、独化粧品大手バイヤスドルフが同社主力商品「ニベア」の新たな「Naturally Good」シリーズの包装・容器で、国際持続可能性カーボン認証(ISCC)を取得したSABICの再生プラスチックを採用したと発表した。6月から世界展開する。  今回採用されたのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【サウジアラビア】SABIC、家庭ごみのケミカルリサイクル始動。海洋プラ・リサイクルにも着手

Facebook Twitter Google+

 石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)は4月5日、サウジアラビアの政府系ファンドの「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」が100%出資しているサウジ投資リサイクル会社(SIRC)が初のケミカルリサイクル・プロジェクトを始動させることを支援する覚書を締結した。SABICは、プラスチックのケミカルリサイクルで世界を主導しており、SIRCもパートナーに加えた形。  今回のスキームでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】SABIC、ドイツのBP工場にケミカルリサイクルプラント共同建設。再生PBTではLCAでCO2減効果確認

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手SABIC(サウジ基礎産業公社)は3月1日、石油ガス大手BPとの間で、ドイツのゲルゼンキルヘンにあるBPの石油化学コンビナートに、ケミカルリサイクル工場を建設することでも合意した。  今回、建設するのは、SABICのフィードストック型のケミカルリサイクル技術「TRUCIRCLE」を採用した工場で、廃プラスチックを熱分解して解重合し、再び幅広い用途のプラスチックを生産する。すでに2020年12月に実証実験に成功。2021年 [...]

» 続きを読む

private 【国際】大手各社、再生プラスチックの活用で企業提携が加速。コスト削減に向け競争激化

Facebook Twitter Google+

 石油化学の世界大手で、プラスチックのリサイクル事業強化に向けたアクションが急増している。ケミカルリサイクルとマテリアルリサイクルの両面で製品開発が進んでおり、特にベンチャー企業との提携も大きなカギとなっている。  石油化学世界大手サウジ基礎産業公社(SABIC)は12月11日、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】DSMやSABIC等5社、廃プラのケミカルリサイクルで食肉パッケージ生産。CO2と廃プラ削減へ

Facebook Twitter Google+

 石油化学大手オランダDSM、Fibrant、サウジ基礎産業公社(SABIC)、スペイン石油・ガス大手セプサ、スペインの食肉パッケージ製造Viscofanの5社は12月1日、プラスチック廃棄物をリサイクルした再生素材を活用し、食肉包装用の多層フィルムの生産で協働すると発表した。サーキュラーエコノミー化を目指す。  同フィルムは、消費期限を長持ちさせる効果があり、食品廃棄物を削減する効果がある。食品廃棄物は世界の二酸化炭素排出量の8%を [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る