private 【国際】東京オリンピックのサステナビリティ度、1992年以降ワースト3位。英科学誌論文

Facebook Twitter Google+

 スイスのローザンヌ大学の研究者らの研究チームは4月19日、1992年以降の夏季・冬季オリンピック大会のサステナビリティ度を分析した論文を発表した。結果、2020年東京夏季オリンピック大会は、過去16大会中、3番目にサステナビリティ度の低い大会となることがわかった。  今回の論文を発表したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】WBCSD、「ビジョン2050:転換の時代」発表。9分野について2050年ロードマップ提示

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は3月25日、同団体として2019年から始動していた2050年までのビジョンの改定作業「Vision 2050 Refresh」を完了し、「Vision 2050: Time to Transform(転換の時代)」を発表した。策定には日本企業を含むグローバル企業40社が参画した。 【参考】【国際】WBCSD、2030年までのメガトレンドと潜在 [...]

» 続きを読む

private 【国際】HP、取引先にサステナビリティ・インパクト評価要請。売上創出につなげる

Facebook Twitter Google+

 電子機器世界大手米HPは2月11日、サプライヤーや取引先向けのサステナビリティ・プログラム「HP Amplify Impact」を発表した。参加する取引先には、自身でのインパクト測定を義務化する。取引先に大幅なサステナビリティ改善を要求するのは異例。  HP Amplify Impactは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】国際バイアスロン連合、サステナビリティ方針策定。2034年までにカーボンネガティブ

Facebook Twitter Google+

 バイアスロンの国際競技連盟「国際バイアスロン連合(IBU)」は10月10日、バイアスロンを通じてスポーツ界のサステナビリティをリードしていくため、サステナビリティ方針を策定。2030年までのロードマップとコミットメントを示した。  バイアスロンは、クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせた冬の競技。今回発表の方針では、「気候変動」「スポーツ」「会場・大会」「人」「認知とコミュニケーション」の5つの分野で、重点行動を設定した。 [...]

» 続きを読む

【国際】国際スポーツ連盟機構、スポーツ・サステナビリティ情報のウェブサイトリリース

Facebook Twitter Google+

 国際スポーツ連盟機構(GAISF)は6月30日、国際オリンピック委員会(IOC)の支援を得て、スポーツ分野での気候変動、不平等、社会正義に関するサステナビリティ課題を発信するウェブサイト「sustainability.sport」をリリースした。  同サイトでは、スポーツに関するサステナビリティ・ゴールの達成に向け、関連情報や無料ツールを提供していく。具体的には、国際スポーツ連盟(IF)で実施されているサステナビリティ・イニシアチブ [...]

» 続きを読む

private 【国際】グローバル企業、新型コロナで「持続可能なビジネス」への意識が上昇。国際調査結果

Facebook Twitter Google+

 新型コロナウイルス・パンデミックの影響により、グローバル企業は「持続可能なビジネス」の意識をますます高めていることがわかった。グローバル企業約100社がアンケート調査に回答した。  今回の調査を実施したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】シティグループ、サステナブルファイナンス専門チーム創設。新型コロナでESGの高まり受け

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米シティグループは5月19日、バンキング・資本市場・アドバイザリー部門の中に、環境サステナブルファイナンスの専属チーム「サステナビリティ&コーポレート・トランジション・グループ」を創設したと発表した。新型コロナウイルス・パンデミックで、企業や機関投資家の間で高まるサステナブルファイナンス需要に対応する。  今回のチームは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フィリピン】中央銀行、全銀行に環境・社会リスクマネジメント導入義務化。特に気候変動

Facebook Twitter Google+

 フィリピン中央銀行は4月29日、同国の全銀行に対し、サステナビリティ原則を策定し、環境・社会リスクマネジメント・システム(ESRMS)の導入を義務化した。環境・社会リスクが金融システムの不安定化につながると指摘した。  今回のルールは、 (さらに…)

» 続きを読む

【イギリス】運用業界団体IA、2025年ビジョン策定。気候変動、顧客需要変化、テクノロジーが3本柱

Facebook Twitter Google+

 英投資運用業界団体Investment Association(IA)は6月26日、投資運用業界の将来に向けたビジョン「2025年ビジョン」を発表した。「価値フォーカス業界への転換」「英内外の顧客需要への対応強化」「テクノロジーへの適応」の3つを柱に掲げた。  IAが今回長期ビジョンを策定した背景には、投資運用業界に取り巻く環境が大きく変化してきており、生き残りのために変革しなければならないとの危機感がある。今回の発表に際しても、人 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る