private 【国際】カールスバーグ、バイオ由来PEF開発でアバンティウムと協働。PEFerenceコンソーシアムに参画

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグは3月24日、バイオ由来ポリエチレン・フラノエート(PEF) 開発に向け、オランダ化学大手アバンティウムと協働すると発表。PEF開発推進イニシアチブ「PEFerenceコンソーシアム」へも参加する。  今回のアクションは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】BASF、2050年カーボンニュートラル目標。エネルギー転換やサーキュラーエコノミー化の技術リード

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは3月26日、スコープ1とスコープ2での2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)目標を発表した。中間目標として2030年までに総量で2018年比25%削減を目標として設定した。実現に向け、2030年までに40億ユーロ(約5,200億円)を投資する。  BASFは、 (さらに…)

» 続きを読む

【コロンビア】ABインベブ、コロナビール包装で大麦藁由来素材を活用。サーキュラーエコノミー強化

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は3月18日、同社ビールブランド「コロナ」の6パック包装で、大麦藁を原料の一部としたバイオマス繊維を採用すると発表した。まずはコロンビアでのビール1万個を対象に試験展開する。2021年後半には、アルゼンチンへも拡大予定。  同パック包装は、同社グローバル・イノベーション&テクノロジー・センター(GITEC)が3年間をかけ開発した技術。原料には、農家での収穫時に廃棄 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス・スイス】テスコ、英国最大規模の軟質プラ回収網を整備。ネスレ、バイオ素材転換を促進

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは3月10日、軟質プラスチックのリサイクルに向け、英イングランド南西部とウェールズの小売171店舗に回収箱の設置を開始したと発表した。今後、英国全土の大型店舗に展開予定。英国の軟質プラスチック回収網として最大規模となるという。  軟質プラスチックは従来、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BASF、ソホロ脂質界面活性剤開発アライド・カーボン・ソリューションズに大規模出資

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは3月10日、天然界面活性剤製造アライド・カーボン・ソリューションズ(ACS)と英発酵技術開発Holifermとパートナーシップを締結。パーソナルケア、ホームケア、工業用の糖脂質バイオ界面活性剤供給を強化すると発表した。  アライド・カーボン・ソリューションズは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【スウェーデン】H&M、リンク・ボンド650億円発行。バイオ素材工場の実証工場建設も開始

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手スウェーデンH&Mは2月18日、サステナビリティ・リンク・ボンドを5億ユーロ(約650億円)発行したと発表した。年限8.5年。クーポン0.25%。注文は発行額の7.6倍も集まり、非常に盛況だった。  サステナビリティ・リンク・ボンドは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【フランス】ペルノ・リカール、包装・容器のリサイクル性を向上。バイオ素材への転換も

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手仏ペルノ・リカールは2月15日、同社アルコールブランド「アブソルート・ウオッカ」「ビーフィーター」「ペリエ・ジュエ」の包装・容器で、サーキュラーエコノミー性能を高める複数のアクションを発表した。  今回のアクションは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オランダ】DSM、化学・畜産のCO2削減で新素材販売強化。バイオ・アパレル繊維やメタンげっぷ削減飼料等

Facebook Twitter Google+

 オランダ化学大手DSMの機能素材子会社DSMエンジニアリング・マテリアルズは2月5日、独アパレル繊維Sympatex Technologiesに対し、バイオ由来の熱可塑性エラストマー「Arnitel」を提供すると発表した。同製品でのバイオ素材含有量算出ではマスバランスアプローチを採用。重量あたり25%にバイオ由来原料が使用される。  Arnitelは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】ユニリーバ、バイオテックで子会社設立。世界初、ラクタムの抗菌機能を商用化

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英ユニリーバは1月5日、スペインのコンサルティングInnova Partnershipsと合弁で、バイオテック専業Penrhos Bioを設立したと発表した。ユニリーバが開発したバクテリアやカビを防止できる有機化合物のラクタムを活用。日用品の包装・容器等の表面での真菌の増殖防止技術を、世界で初めて商用化する。  ユニリーバは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る