private 【国際】飲料バカルディ、2023年に植物由来の生分解性ボトルに全面切替。開発したボトルを披露

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手バミューダ諸島のバカルディは10月21日、気候変動とプラスチック汚染問題に対応するため、生分解性のバイオプラスチックの飲料ボトルを発表。2023年までにボトルを全面転換すると表明した。バカルディは、ラム、ジン、テキーラ、ウォッカ等で世界的に有名な非上場企業。  今回発表のボトルは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】IARD、アルコール飲料企業の新型コロナ対策を総括。飲食店や医療機関、地域へ約170億円超

Facebook Twitter Google+

 アルコール飲料企業の業界団体「責任ある飲酒国際同盟(IARD)」は8月14日、加盟企業の新型コロナウイルス対策の活動をまとめたレポートを公表した。これまで世界中で、手指用消毒液7億本の提供、飲食店やバー等への1.25億米ドル(約130億円)の支援、医療関連・研究機関・地域支援等への4,000万米ドル(約43億円)の寄付を実施した。 【参考】【国際】アルコール飲料大手各社、新型コロナウイルス対策支援。アルコールの消毒剤転用や寄付  I [...]

» 続きを読む

private 【国際】アルコール飲料大手各社、新型コロナウイルス対策支援。アルコールの消毒剤転用や寄付

Facebook Twitter Google+

 アルコール飲料大手カールスバーグ、ディアジオ、バカルディ、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)、ブラウン・フォーマン、モルソン・クアーズらは、新型コロナウイルスの影響を受け、寄付や支援を開始した。同社らはいずれも業界団体「責任ある飲酒国際同盟(IARD)」加盟企業。  同社らは個別に支援を実施。病院や地域社会への資金提供のみならず、自社生産アルコールの手指消毒剤への転用や、飲料製造ラインの提供を行っている。飲料世界大手デ [...]

» 続きを読む

【バミューダ】スピリッツ最大手のバカルディ、サトウキビ産業全体のサステナビリティを推進

Facebook Twitter Google+

スピリッツ世界最大手のバカルディ社は、ラム酒ブランド「Bacardi」で有名だが、そのサトウキビ産業における積極的なサステナビリティ活動にも注目したい。同社は「Bacardi」の主成分となる糖蜜(サトウキビから作られる糖液)のより持続可能な調達を目指しており、サトウキビ産業全体のサステナビリティ向上に取り組んでいる。 そのバカルディ社の活動を支援しているのがBonsucroだ。Bonsucroはサトウキビ産業における人権、労働環境、生 [...]

» 続きを読む

【バミューダ諸島】世界最大のラム酒ブランド、Bacardi社のサステナビリティ

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、世界最大のラム酒ブランド「Bacardi(バカルディ)」で有名なBacardi & Company Limitedのサステナビリティへの取り組みだ。バカルディは、1862年にスペインからキューバへ移住してきたワイン商、ドン・ファクンド・バカルディ・マッソによって設立された非常に歴史ある企業だ。その後、同社はキューバ革命後の国有化政策を恐れて1960年にキューバから撤退し、本社をバミューダ諸島のハミルトンに移 [...]

» 続きを読む
2014/02/12 最新ニュース
ページ上部へ戻る