private 【国際】投資家570兆円の畜産イニシアチブFAIRR、世界25社の低炭素移行ランキング発表。首位ユニリーバ

Facebook Twitter Google+

 英コラーキャピタルのジェレミー・コラー創業者が2015年に発足した機関投資家の畜産業関連イニシアチブ「Farm Animal Investment Risk and Return(FAIRR)」は7月24日、食品小売・メーカー世界大手25社の低炭素たんぱく質生産への移行リスク対応ランキング「FAIRR’s Sustainable Proteins Engagement」の2019年結果を公表した。  FAIRRには現在、英AVIVA [...]

» 続きを読む

【国際】ユーロマネーの「ワールド・ベスト・バンク」賞、サステナブルファイナンス部門はHSBC

Facebook Twitter Google+

 英金融誌ユーロマネーは7月10日、2019年の「ワールド・ベスト・バンク」受賞企業を発表した。大賞はシンガポールのDBSが取得した。同賞では、サステナビリティ関連の部門賞も設けられており、注目されている。  2019年の「サステナブルファイナンス・ベスト・バンク」は英HSBC。「企業責任ベスト・バンク」は仏BNPパリバだった。また、「ダイバーシティ&インクルージョン・ベスト・バンク」には、米バンク・オブ・アメリカ、「金融インクルージ [...]

» 続きを読む

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、各国のSDGs評価「SDG Index & Dashboards 2019」発表

Facebook Twitter Google+

 独最大財団のベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は6月28日、各国の国連持続可能な開発目標(SDGs)達成状況を分析したレポート「SDG Index and Dashboards Report」の2019年版を発行した。同レポートは2016年から発行しており今年で4回目。162カ国について分析した。 SDG Index 2019 デンマーク(85.2) スウェーデン(85.0) フィンランド(8 [...]

» 続きを読む

【国際】国連、国別平和・治安ランキング2019発表。気候変動による災害リスクは日本がワースト2

Facebook Twitter Google+

 国連人道問題調整事務所(OCHA)は6月12日、平和と治安に関する国別ランキングの2019年版ランキング「Global Peace Index 2019(GPI 2019)」を発表した。首位アイスランド、2位ニュージーランド、3位ポルトガル、4位オーストリア、5位デンマークの順。アジア地域では、7位シンガポールがトップ。日本は9位で、昨年より順位を一つ下げた。  犯罪、紛争死亡者数、内戦情勢、武器へのアクセス、政治的テロ行為、暴力デ [...]

» 続きを読む

【国際】IMD世界競争力ランキング2019、首位シンガポール。日本は30位で凋落止まらず

Facebook Twitter Google+

 スイスのビジネススクールIMDの世界競争力センター(IMD World Competitiveness Centre)は5月28日、国ごとの競争力を示した2019年版「世界競争力ランキング(World Competitiveness Ranking)」を発表した。同センターは1989年に同ランキングの発表を開始し今年で31回目。2019年版は世界主要国63ヶ国・地域が対象となった。  同ランキングでは、235の指標を用いて集計。指標 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】CRマガジン「企業市民ベスト100社」2019年版。首位オーウェンスコーニング

Facebook Twitter Google+

 米サステナビリティ雑誌「CRマガジン」は5月15日、米国の大手企業のサステナビリティ・ランキング「100 Best Corporate Citizens(企業市民ベスト100社)」の2019年度ランキングを発表した。同ランキングの発表は今年で20回目。評価対象は米国市場の時価総額上位1,000社で構成される「ラッセル1000」銘柄企業。環境、気候変動、雇用関係、人権、コーポレートガバナンス、ステークホルダー・社会、財務の7カテゴリー [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】JUST Capital、上場大手890社の雇用状況調査。優良企業18社発表。ペプシコ等

Facebook Twitter Google+

 米ESG評価機関NGOのJUST Capitalは4月17日、ESG評価の「S」調査の一環として、全米大手上場企業890社の雇用状況を調べた結果を発表した。優良企業として18社を選定した。  JUST Capitalは、SG全体評価の中で雇用分野に25%のウエイトを置いている。雇用分野では、「報酬水準」「生活賃金」「労働安全衛生」「報酬差別」「公正な賃金」「ダイバーシティと機会均等」「ワーク・ライフ・バランス」「研修・キャリア開発機 [...]

» 続きを読む

private 【国際】金融都市のグリーンファイナンス・ランキング2019発表。東京凋落、中国都市の後塵に

Facebook Twitter Google+

 英シンクタンクZ/Yenとベルギー金融調査NGOのFinance Watchは3月27日、世界の金融センターのグリーンファイナンスへの取組度を調査したランキング「Global Green Finance Index(GGFI)」の2019年前半の結果を発表した。同ランキングの発表は半年毎に発表されており、今年が3回目。ランキングは「深度(Depth)」と「質(Quality)」の2つの観点でなされた。首位は、 (さらに&hellip [...]

» 続きを読む

【国際】国連の世界幸福度ランキング。北欧諸国が上位ほぼ独占。日本は58位で4位後退

Facebook Twitter Google+

 国連の持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)は3月20日、2019年版の「世界幸福度報告書」を発行し、世界幸福度ランキングを発表した。首位は2年連続でフィンランド。日本は2018年の54位から58位に下がった。  世界報告度ランキングは、2012年に第1回が発表され、今年が6回目。今年は156カ国・地域が対象となった。同ランキングは、対象国で実施した世論調査をもとに、自分の幸福度が0から10の10段階で自己評価した主観 [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】CDPとISS-Climate、気候変動対応優秀株式ファンド・ベスト10表彰。仏勢が7本占める

Facebook Twitter Google+

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPと議決権助言世界大手ISS傘下の気候変動アドバイザリーISS-Climateは2月19日、気候変動対応に優れた欧州の株式運用ファンド・ベスト10を表彰する「Climetricsファンド賞」を発表した。  Climetrics(クライメトリクス)が評価対象としている欧州ファンドは全部で4,500本。運用資産の合計は3兆ユーロ(約377兆円)。評価項目は、ファンド組入銘柄の気候変動パフォーマンス、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る