private 【国際】ILO、新型コロナで企業の従業員対応ガイドライン発表。WEFも5つの指導原則提示

Facebook Twitter Google+

 国際労働機関(ILO)と国連児童基金(UNICEF)は3月27日、新型コロナウイルス・パンデミックへの対応として、企業が採るべき従業員施策のガイドラインを示した。感染防止を図る中、学校や保育機関の停止、家族の疾病、所得の減少、移動の制限による負担の増加や、児童虐待やネグレクトの懸念もあり、企業が従業員に配慮すべき内容をまとめた。  今回のガイドラインでは、前提として、政府機関からの指示、既存の企業ポリシーの見直し、確実な実践、差別や [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、新型コロナを機に、あらためてESGマテリアリティの重要性提唱

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は3月19日、企業にとって長期的な環境・社会課題が与える影響を先取りした経営を行うため、ESGマテリアリティ特定の作業を高度化することを提言する白書を発表した。新型コロナウイルス・パンデミックを例に出し、ESG課題に先回りにして用意していくことの重要性を説いた。  今回WEFは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、顔認証システム規制フレームワーク発表。行動原則原案も。フランス主導

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は3月2日、政府及びエンジニア向けに、顔認証システムの規制検討フレームワークを発表した。顔認証システムは生体情報分野の中でも非常に注目度が高い分野。今後策定したフレームワークを具体化するため、フランスを舞台とした実証プロジェクトを実施する。  今回のフレームワークは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】WEF、希少・難治性疾患へのグローバルアプローチ提案。世界規模で臨床データ共有

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は2月26日、世界希少・難治性疾患の日に先立ち、希少・難治性疾患の診断や治療に関するグローバル規模のアプローチが必要とし、ゲノムデータを安全に共有する潜在的な経済的メリットを示す世界初の枠組みを提案した。  現在、世界で希少・難治性疾患を抱える患者は4億7,500万人。治療を受けているのは5%のみで、米国、オーストラリア、カナダ、英国の総人口に近い4億5,000万人超は、治療や改善の機会なしに生活している [...]

» 続きを読む

private 【国際】リフィニティブ、サステナブルファイナンス推進データ整備イニシアチブ発足。国連、WEF、清華大学等参画

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手英リフィニティブは1月22日、サステナブルファイナンス推進のための金融データ整備イニシアチブを発足したと発表した。サステナブルファイナンス推進の上で課題となっているデータ整備を有力機関と協働で進める。中国の有力機関も参画した。  今回のイニシアチブ (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、世界経済44兆米ドルが生態系サービスに依存。自然保護必要性で警鐘

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月19日、監査法人世界大手PwCと協働で、ビジネスの森林依存度と影響をまとめた報告書「The New Nature Economy Repor」を発表した。163セクターとそのサプライチェーンを分析。受粉、水質、疾病管理等の生態系サービスに「中程度」または「非常に」依存する企業は、従来の想定以上に多いとした。経済規模にして44兆米ドル、世界GDPの約半分が、自然破壊により大きな影響を受けるという。   [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、今後増える職種で女性従業員割合を増やすイニシアチブ発足。ジョブシフト対応

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月23日、2022年までに従業員女性比率を50%に引き上げるイニシアチブ「Hardwire Gender Parity into the Future of Work」を発足した。女性の社会動員が必要な社会環境が強まっており、女性が働きやすい環境を目指す。欧州企業が主導する。  今回のイニシアチブは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、IFAD、ラボバンク、「食品アクション同盟」発足。企業・国際機関で連携

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)、国連の国際農業開発基金(IFAD)、蘭銀行大手ラボバンクの3者は1月22日、食料の生産・供給・消費のあり方についての変革を目指すイニシアチブ「食料アクション同盟(FAA)」を発足したと発表した。食料のサステナビリティ、アクセス、生産性改善を強化していく。企業や国際機関がすでにパートナーとして参画した。  今後の世界の食糧事情としては、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、バッテリー・サプライチェーンで10指導原則策定。42機関署名。日本はホンダのみ

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)の「世界バッテリー連合(Global Battery Alliance)」は1月23日、2030年までにバッテリーのサプライチェーンのサステナビリティを実現するための10指導原則を発表した。42の企業、国際機関、国際NGOが署名した。 【参考】【国際】世界経済フォーラム、気候変動とバッテリー産業のレポートを発表。リサイクル促進や人権強化も提言(2019年9月23日)  今回の指導原則策定は、 (さらに&h [...]

» 続きを読む

【国際】世界経済フォーラムとOECD、戦略的提携締結。サステナブル・インクルーシブな世界の成長

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラムと経済協力開発機構(OECD)は1月23日、世界的にサステナブル・インクルーシブな成長を実現するための戦略的パートナーシップを締結した。  今回のパートナーシップは、大きく3つの柱で構成。まず、プログラムの協働。次に、両機関の影響力を増大させるための連携。そして、協働をさらに深化させるための強調分野の検討。 【参照ページ】World Economic Forum and OECD Sign Strategic Pa [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る