【アメリカ】ブルームバーグ慈善財団、国連気候変動枠組条約事務局に6億円寄付。支援2年目

Facebook Twitter Google+

 金融端末世界大手米ブルームバーグ創業者マイケル・ブルームバーグ氏の慈善財団ブルームバーグ・フィランソロピーズは4月22日、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に550万米ドル(約6億円)寄付した。ブルームバーグ氏は、米国のパリ協定脱退を受けた拠出金額減少分を自身で補うことを昨年表明。今年も2年目の資金拠出を行った。  UNFCCC事務局は各国からの拠出金で運営されている。拠出金は、UNFCCC、京都議定書、パリ協定に関する活動 [...]

» 続きを読む

【国際】COP24、パリ協定ルールブック採択。加盟国報告ルール固まる。市場メカニズムは次回先送り

Facebook Twitter Google+

 国連気候変動枠組条約カトヴィツェ会議(COP24)は12月15日、パリ協定運営のためのルールブック「パリ協定ワークプログラム」を含む包括決議案「カトヴィツェ気候パッケージ」を採択し、閉幕した。気候変動枠組条約(UNFCCC)は全会一致での可決が原則のため、今回も196ヶ国とEUが賛成し採択された。パリ協定から、2016年のマラケシュ会議(COP22)、2017年のボン会議(COP23)を経て、3年がかりで合意に至った。  パリ協定ワ [...]

» 続きを読む

【国際】スポーツ17団体、UNFCCC策定「気候アクションのためのスポーツ原則」に署名。IOC、FIFA等

Facebook Twitter Google+

 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は12月11日、複数のスポーツ団体との1年間の協働を経て策定した「気候アクションのためのスポーツ原則(Sports for Climate Action Principles)」を発表した。国際オリンピック委員会(IOC)、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)、2024年のパリ・オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(POCOG)、国際サッカー [...]

» 続きを読む

private 【国際】「ファッション業界気候アクション憲章」制定。アパレル大手40社以上が署名。日本ゼロ

Facebook Twitter Google+

 英ファッションデザイナーのステラ・マッカートニー氏は12月10日、国連気候変動枠組条約カトヴィツェ会議(COP24)の場で、アパレル業界の気候変動憲章「Fashion Industry Charter for Climate Action(ファッション業界気候アクション憲章)」を発表した。アパレル世界大手約40社や業界団体が署名した。  ステラ・マッカートニー氏は、元ビートルズのポール・マッカートニーの次女。数々のブランドでファッシ [...]

» 続きを読む

private 【国際】機関投資家415機関3600兆円、COP24に石炭火力段階廃止や炭素価格・TCFD導入を要求。日本も6機関

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、国連責任投資原則(PRI)、CDPと、Global Investor Coalition on Climate Change(GIC)構成4機関のIIGCC、AIGCC、IGCC、Ceresの9機関で構成する低炭素推進機関投資家イニシアチブ「Investor Agenda」は12月10日、国連気候変動枠組条約カトヴィツェ会議(COP24)に際し、各国政府に対し気候変動対策で進展するよう [...]

» 続きを読む

【国際】COP24、1.5℃特別報告書の「歓迎」採択に米、ロ、サウジアラビア、クウェートが反対

Facebook Twitter Google+

 12月3日に開幕した国連気候変動枠組条約カトヴィツェ会議(COP24)は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が10月8日に公表した「1.5℃特別報告書」を歓迎する採決を行ったが、米国、ロシア、サウジアラビア、クウェートが反対。国連の会議では全会一致が原則のため、最終的に「歓迎(welcome)」ではなく、「留意(take note)」という表現に改め、採択した。 【参考】【国際】IPCC、「1.5℃特別報告書」発表。1.5℃気 [...]

» 続きを読む

【国際】世界50社CEO、COP24に対し大胆な気候変動政策導入を要請。日本からはサントリーと国際航業

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)事務局が主導する「CEO気候リーダーズ同盟(Alliance of CEO Climate Leaders)」は11月29日、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に対し、気候変動対策のため大胆な政策を導入すべきと要請する共同書簡を送付した。間もなく始まる国連気候変動枠組条約カトヴィツェ会議(COP24)を目前に、世界主要企業50社が結集して意見を伝えた。  今回の共同書簡の参加した企業は、気候変動は [...]

» 続きを読む

【国際】国連、気候変動分野表彰「Momentum for Change Lighthouse Activities」の2018年受賞団体を発表

Facebook Twitter Google+

 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は9月26日、気候変動分野で優れたプロジェクトを表彰する「Momentum for Change Lighthouse Activities」の2018年受賞15団体を発表した。世界中の政府、企業、NGO等から560以上の応募が集まっていた。  同賞は、ロックフェラー財団の支援を受けるとともに、世界経済フォーラム(WEF)、Women in Sustainability、Environmen [...]

» 続きを読む

【国際】国連気候変動枠組条約事務局、初のアニュアルレポート発行。昨年の成果と今後のプロセスを整理

Facebook Twitter Google+

 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は4月30日、同機関として初となるアニュアルレポートを発行した。2017年の達成事項や今後の議論プロセスについてまとめた。  2017年に開催された国連気候変動枠組条約ボン会議(COP23)では、気候変動分野への自主的な資金拠出に対するコミットメントがあり総額は10億米ドル(約1,100億円)に達した。2020年以降の枠組みを定めたパリ協定だけでなく、2020年までの枠組みを定めた京都議定書 [...]

» 続きを読む

【国際】国連気候変動枠組条約、タラノア対話開始に向けたインプット資料を公表

Facebook Twitter Google+

 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は4月23日、ドイツ・ボンで5月2日から5月9日まで開催される「タラノア対話」に向けたインプット資料を公表した。同資料は、同条約の締約国やその他ステークホルダーに対する議論の前提を整える意味がある。タラノア対話は、各国に二酸化炭素排出量削減目標(NDC)の上積みを促す対話プロセス。  同インプット資料は、現状、将来ゴール、達成手法の3点に関するもの。UNFCCC事務局は1月26日にタラノア対 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る