private 【ドイツ】アリアンツ、産業界の気候変動規制リスクは270兆円と試算。日本の規制は非常に不十分

Facebook Twitter Google+

 保険世界大手独アリアンツは12月3日、気候変動緩和に向けた規制強化による経済コストを算出。産業界全体で、今後10年間で、約2.5兆米ドル(約270兆円)のコストが発生すると試算した。アリアンツは、気候変動緩和に向けた規制を支持しており、産業界に向けて自社の対応が遅れるほど、大きなコストとなるということを警告した形。  今回アリアンツが試算したのは、炭素価格制度(カーボンプライシング)、省エネ義務化、自動車規制、特定業界に対する課徴金 [...]

» 続きを読む

private 【国際】Airbnb、社会的信用高めるため自主規制発表。パーティ利用規制、悪マナーゲスト対応等

Facebook Twitter Google+

 民泊プラットフォーム世界大手米Airbnbは12月5日、宿泊施設提供者(ホスト)、宿泊者(ゲスト)、周辺コミュニティを保護するためとして、3つの自主規制を発表した。パーティ会場としての使用制限や、勝手ゲストの禁止等を決めた。  同社のブライアン・チェスキーCEOは11月6日、同社サービスの社会的信用を高めるため、偽施設を撲滅するため宿泊施設の確認の100%徹底、偽施設が八カ国した場合の顧客への代替施設無償提供、24時間受付の地域住民 [...]

» 続きを読む

【中国】TikTok、いじめ防止で導入していたLGBT、肥満、障害者の投稿拡散自主規制を撤回。問題認識

Facebook Twitter Google+

 中国動画共有アプリ大手ByteDance(字節跳動)は12月4日、同社のアプリ「TikTok(抖音)」で、障害者、LGBT、肥満のユーザーの投稿が閲覧されにくいように規制していたことを認め、「無遠慮な」方針を撤回したと発表した。同社は、「いじめ防止」として特定ユーザーを判別し、投稿が他のユーザーから見られにくいアルゴリズムを導入していた。仏AFP通信が12月5日、報じた。  報道によると、自閉症やダウン症、顔に傷害があるユーザーの投 [...]

» 続きを読む

【イギリス】マークス&スペンサー、ビスコース等人造繊維のサプライヤー公開。持続可能な森林に向け

Facebook Twitter Google+

 英小売大手マークス&スペンサーは11月下旬、レーヨン、ビスコース、リヨセル等の人造繊維(MMCF)の全原材料サプライヤーを公表した。中国、インド、インドネシアから原料の木片を調達していることがわかった。  マークス&スペンサーは、2016年に同社のサプライヤー公開ウェブサイトを発表。牛肉と乳製品の調達サプライヤーの社名、住所、製法等を開示した。2018年には、ウールと魚介類のサプライヤーも同様に開示。そして今回、MMCFサプライヤー [...]

» 続きを読む

private 【国際】チョコレート世界大手3社とNGO、EUに対し企業の人権・環境デューデリ強化を要求。UNGP準拠も

Facebook Twitter Google+

 チョコレート世界大手3社とNGO3団体は12月2日、共同で、世界有数のカカオ輸入国であるEUに対し、カカオのサプライチェーン上の企業の人権と環境に対するデューデリジェンスを強化するよう要求した。国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGP)にも準拠するよう求めた。  今回のアクションに参加したのは、チョコレート世界大手 (さらに…)

» 続きを読む

private 【インド】政府、2022年12月までの太陽光発電100GW導入計画が達成見込み。すでに86GWが決定

Facebook Twitter Google+

 インドのラージ・クマール・シン・エネルギー相兼再生可能エネルギー相兼スキル開発・起業相は11月28日、インドでの太陽光発電設備容量が32GW、建設中が18GW、入札実施が36GWと発表。インド政府が掲げる2022年12月までの100GW導入目標が順調に進んでいると表明した。  インド政府は6月、2022年までに再生可能エネルギーを175GW、水力発電で50GWで合計225GWを、2030年までに500GWを導入する計画を発表した。2 [...]

» 続きを読む

private 【スペイン】レプソル、2050年までのカーボンニュートラル宣言。原油ガス採掘大手で世界初

Facebook Twitter Google+

 スペイン原油・ガス大手レプソルは12月2日、2050年までに自社の二酸化炭素ネット排出量をゼロにするカーボンニュートラルを実現すると発表した。原油・ガス採掘大手で2050年までのカーボンニュートラルを宣言したのは同社が世界初。  2050年までのカーボンニュートラルは、パリ協定以降の国際目標になってきている。レプソルは今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】Trucost、気候変動物理的リスク分析サービス開始。アセット、法人、ポートフォリオ単位で分析可能

Facebook Twitter Google+

 環境評価機関世界大手英Trucostは11月26日、機関投資家、企業、政府向けに、気候変動の物理的リスク分析データセット・サービスを開始したと発表した。物件(アセット)単位で物理的リスクを分析しており、法人単位、投資ポートフォリオでも物理的リスクをスコアとして把握できる。今回同時に、同データセットを活用し分析した全体の結果もレポートとして発表した。  Trucostによると、S&P500採用企業の中で気候変動の物理的リスクが高い企業 [...]

» 続きを読む

【アイルランド】政府、2030年までに再エネ電力割合70%目指す。再エネ発電オークション制度開始

Facebook Twitter Google+

 アイルランドのリチャード・バートン通信・気候アクション・環境相は12月2日、政府が決定した再生可能エネルギー電力支援スキーム(RESS)オークションの第1回詳細内容を発表した。アイルランド政府は、2030年までに再生可能エネルギー電力割合を70%にまで引き上げる計画。  RESSは、アイルランド政府が6月に決定した「気候アクション計画」の一環。2020年前半に政府支援対象案件を選ぶ第1回オークションを実施し、選定されると固定価格で買 [...]

» 続きを読む

private 【国際】英ヘッジファンド大手TCI、投資先企業に気候変動開示要求。取締役選任への反対を警告

Facebook Twitter Google+

 英ヘッジファンド大手TCI Fund Managementは12月2日、気候変動に関する投資先企業の取締役会へのプレッシャーを高めるため、二酸化炭素排出量を開示しない企業の株主総会での取締役選任選挙で反対票を投じる考えを、投資先企業に通知した。同社の運用資産総額は280億米ドル(約3兆円)。機関投資家の間で気候変動への関心が非常に高まる中、ついにヘッジファンドからも強いコミットメントが出た。  同社は、著名なクリストファー・ホーン氏 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る