private 【アメリカ】ジェットブルー、2020年7月から国内線全線カーボンニュートラル実現。持続可能なジェット燃料利用も

Facebook Twitter Google+

 米格安航空会社ジェットブルーは1月6日、同社国内線が2020年7月から二酸化炭素ネット排出量がゼロ(カーボンニュートラル)になると発表した。排出量分のカーボンオフセットを購入する。また2020年中旬からサンフランシスコ発の便に持続可能なジェット燃料(SAF)を活用する。  同社はこれまで、米NGOのCarbonfund.orgから継続的にカーボンオフセットを購入してきた。2008年以降の購入分は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る