【アメリカ】リーバイス、GAPら、カリフォルニアの気候変動対策規制SB350への支持を表明

Facebook Twitter Google+

 米国カルフォルニア州で事業を展開している24の企業らは5月24日、深刻な水不足などに悩む同州が気候変動対策の一環として掲げた法規制、SB350に対する支持を表明した。"Golden State Standards 50-50-50"と呼ばれる同規制は、2030年までに再生可能エネルギー比率を現在の35%から50%に増加、石油の使用を50%削減、建造物のエネルギー効率を50%向上を目指すもので、今回支持を表明した企業の中にはリーバイス [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ネスレ、ミルクから水を抽出し、カルフォルニア工場の水使用ゼロへ

Facebook Twitter Google+

 食品大手のネスレが、水不足が深刻化している米国カルフォルニア州で革新的な技術への投資を進めている。カルフォルニア州にあるネスレの5つのボトリング工場および4つの施設おいて水の使用量を削減するのが目的だ。  昨年、ネスレはメキシコにて同社初となる「水ゼロ」工場をオープンした。そこで活用されているのが、工場で使用する全ての水を、乳製品に使用されるミルクから抽出するという技術だ。  現在ネスレはカルフォルニア州モデストにある同社の工場にお [...]

» 続きを読む

【アメリカ】スターバックス、カリフォルニア州の節水対策としてEthos Waterの調達拠点を州外へ

Facebook Twitter Google+

 米国スターバックスは5月7日、カリフォルニア州で深刻化している水不足を受け、同社の商品であるEthos Waterの調達・生産拠点を州外へと移転させることを発表した。同社は今月から半年間にわたり、Ethos Waterの生産をペンシルベニア州にあるサプライヤーに移転させると同時に、西海岸における同商品の流通分を確保するために新たなサプライヤーと水源を検討するとしている。同社はこれまでにも節水キャンペーンに積極的に取り組んできており、 [...]

» 続きを読む

【国際】セリーズ、世界の水リスクに関する投資家向けハンドブックを発行

Facebook Twitter Google+

 世界で水不足リスクに対する懸念が増す中、サステナビリティに関するアドボカシーNPOのセリーズは3月10日、世界の投資家向けに水課題に対する分析と意思決定を支援するハンドブック"Investor Handbook for Water Risk Integration(投資家ハンドブック:水リスクの統合)"を公表した。  同ハンドブックは、機関投資家および水問題の専門家へのヒアリングに基づき、いかに水課題を中心としたESG要素を投資戦略 [...]

» 続きを読む

【オランダ】ハイネケンと国連工業開発機関、新興市場の水のサステナビリティに向けて協働

Facebook Twitter Google+

 ビール醸造大手のハイネケンとUNIDO(国連工業開発機関)は2月27日、新興国のインクルーシブな成長の実現に向け、今後、主に水問題を中心として様々なサステナビリティ課題の解決に向けて協働していくことを発表した。  今回の新たなパートナーシップは主に水資源不足が深刻化している国・地域における水問題の解決に焦点を当てており、またこれはハイネケンが掲げる水不足地域で運営している醸造所の水使用量を3.3 hl/hl(使用水量対生産量の比率) [...]

» 続きを読む

【アメリカ】エネルギー・資源リスクは未来ではなく、今そこにある危機

Facebook Twitter Google+

いまだに多くの企業経営者がエネルギー・資源に関する問題は緊急性の高い課題ではないという誤った認識を持っているという現状に警鐘を鳴らすべく、エネルギー・資源に関する調査・分析を手がけるEnergy Pointsは11月19日、グローバルの資源リスクに関するホワイトペーパー”Resource Risk Today’s (Not Tomorrow’s) Problem”を公表した。 同ホワイトペーパーは、水不足、気候変動、そしてエネルギー価 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】カルフォルニアの水関連スタートアップ、空気から飲料水を作る技術を開発

Facebook Twitter Google+

ロサンゼルスに拠点を置く水関連テクノロジーのスタートアップ企業Skywell LLCが、空気からきれいな水を作り出すという画期的な新技術「エア・ウォーター」を搭載した給水器を発表した。今後、史上最悪レベルの干ばつが続く南カルフォルニア地域の企業や施設に一連の製品を展開していく。 今回Skywellが発表した給水器モデルは3種類ある。「Skywell 5T」にはインタラクティブなタッチパネルが装備されており、水温や貯水量などをユーザーが [...]

» 続きを読む

【アメリカ】U.S. Water Partnership、水問題解決に向けたオンラインプラットフォームを公開

Facebook Twitter Google+

世界の水問題解決に必要なのは、水に関する豊富なデータや情報だ。それらの価値ある情報に世界中の誰もが利用できるように、米国が動き出した。 世界の水問題解決に取り組むThe U.S. Water Partnershipは9月2日、米国が作成した水に関するデータや情報を世界中に公開するオンラインプラットフォーム、H2infOを公開した。これにより、2014年末までには、米国の専門機関が収集した10,000以上の水に関する情報源に世界中からア [...]

» 続きを読む

【環境】世界で広がる水不足 〜日本の水は本当に安泰なのか?〜

Facebook Twitter Google+

地球は本当に水の惑星? 「水の惑星」と呼ばれる地球。地球の表面の3分の2は水で覆われており、約14億立方キロメートルの水があると言われています。一見、潤沢にありそうにみえる水。しかし水資源は今、希少資源として呼ばれるまでになっています。背景にあるのは、人間の生活様式の変化です。生活に欠かせない水。その水の希少資源化は私たちの生活に今後どのような影響を与えていくのでしょうか。 地球の水のうち、水資源はわずか0.01% (出所:国土交通省 [...]

» 続きを読む
2014/07/10 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る