private 【国際】アパレル32社、「ファッション誓約」を共同宣言。気候、海洋、生物多様性で目標。日本企業参加ゼロ

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手32社は8月23日、事業活動において気候変動、生物多様性、海洋保護の3つの分野でアクションを起こす共同誓約「ファッション誓約(The Fashion Pact)」を発表した。仏ケリングとフランス政府が主導。32社はマクロン大統領にエリゼ宮に招かれ、発表式が開催された。今回の共同誓約は、仏ビアリッツで開催されるG7サミットの中で正式に宣言される。  今回の共同誓約に参加したのは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国際環境NGOのTNC、海洋保護で国家政府に低金利資金提供。20カ国に導入目指す

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの米The Nature Conservancy(TNC)は4月16日、海洋保護に取り組む政府に対し利率の低い負債性資金を提供する新プログラム「Blue Bonds for Conservation(保護のためのブルーボンド)」を発表した。NGOが国債スキームを活用して政府に環境保護の金融インセンティブを提供するのは画期的なアイデア。  今回の仕組みでは、まず島嶼諸国や海に面した国々が自国の近海海域の30%以上を環境保 [...]

» 続きを読む

【国際】ブルームバーグ財団とダリオ慈善団体の「OceanX」、海洋保護で協働。210億円拠出

Facebook Twitter Google+

 米ブルームバーグ財団と、米ヘッジファンドマネージャーのレイ・ダリオ氏創設のダリオ慈善団体の活動「OceanX」は10月28日、海洋保護のためのパートナーシップを発表した。4年間で総額1億8,500万米ドル(約210億円)を拠出し、複数のプロジェクトを展開する。バリで開催された第5回「Our Ocean Conference」の中で、マイケル・ブルームバーグ氏とレイ・ダリオ氏が発表した。  最初のプロジェクトでは、米国がナショナル・モ [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行、海洋環境汚染や持続可能な海洋経済発展のための信託ファンド「PROBLUE」設定

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループは9月26日、海洋環境汚染防止、漁業管理、沿岸部の持続可能な経済成長に向けた新たな信託ファンド「PROBLUE」を設定したと発表した。世界銀行グループ以外からも出資を募る。  今回のファンドは、「漁業・養殖管理」「プラスチックを含む海洋汚染脅威への対応」「観光業、海運業、洋上再生可能エネルギー等の持続可能な発展」「政府のキャパシティ・ビルディング」の4つのテーマを定め、必要な分野にファイナンスしていく。世界銀行グルー [...]

» 続きを読む

【国際】EIBやWWF等、海洋保護のためのブルーファイナンス原則発足。署名機関募る

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会、欧州投資銀行(EIB)、世界自然保護基金(WWF)、英チャールズ皇太子のInternational Sustainability Unit(PUFISU)は3月8日、持続可能な海洋経済のための金融原則「Sustainable Blue Economy Finance Principles(ブルーファイナンス原則)」を発足した。同原則は2017年5月策定作業に着手。すでに、世界銀行、国連持続可能な保険原則(PSI)、英Av [...]

» 続きを読む

【ドイツ】アディダス、NGOと連携し海洋廃棄プラスチックからスニーカー製作。一般販売開始

Facebook Twitter Google+

 スポーツアパレル世界大手アディダスは11月15日、海洋廃棄プラスチックを原材料とし製作したランニングシューズ「Parley x adidas Ultra Boost Uncaged」の一般販売を開始した。世界7,000足限定。販売価格は200米ドル。世界各地の同社のオンラインショップでも購入できる。この商品、同社が2015年から提携している環境NGO、Parley for the Oceansとの共同開発。Parley for th [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る