private 【イギリス】政府、大企業への森林破壊デューデリの義務化政策を発表。立法に向けパブコメ募集

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は8月25日、英国で事業活動を行う大企業に対し、森林破壊を伴って生産された作物を使うことを禁止する法律の制定を目指すと発表した。10月2日までパブリックコメントを募集し、年内にコメントを踏まえた上での最終方針を発表する予定。  英国では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、大気汚染、水質汚染、廃棄物、生物多様性で長期法定目標制定の方針発表

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は8月19日、環境問題および気候変動問題への主要取り組み事項に「大気の質向上」「水質向上」「廃棄物削減」「生物多様性の向上」を掲げ、2022年10月までに法的拘束力のある長期目標を設定すると発表した。現在英国が法定目標として掲げる「2050年までの二酸化炭素排出量ネットゼロ(カーボンニュートラル)」に続く、環境分野での主要な法定目標となる。  同省は1月30日、包括的な環境規制法となる「環境法」 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、環境法案発表。廃プラの途上国輸出禁止権限も政府に付与。環境計画の強制権限も

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は1月30日、包括的な環境規制法となる「環境法」の法案を発表した。同法案は2018年12月に骨子を公表しており、その後検討を進めていた。 【参考】【イギリス】政府、環境法案を発表。合意なきEU離脱にも備え、環境分野の行政体制を再構築(2018年12月24日)  今回の新法では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】政府、気候変動対策で新たな強化策発表。不動産の省エネ義務化を加速。バッテリー技術開発も支援

Facebook Twitter Google+

 英国政府は10月15日、同国の独立行政機関「気候変動委員会(CCC)」が2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ達成するよう提言したことに応じ、気候変動対策の促進に向けた新たな政府計画を発表した。環境・食糧・農村地域省、ビジネス・エネルギー・産業戦略省、運輸省が省庁横断で、脱炭素に向けた大胆な政策骨子を発表した。  今回発表された政策は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】環境相、プラスチック製ストローや綿棒の柄等の提供・販売を禁止。2020年4月から

Facebook Twitter Google+

 英マイケル・ゴーブ環境・食糧・農村地域相は5月22日、プラスチック製ストロー、マドラー、綿棒の柄の提供・販売をイングランド地域で禁止する政策を最終決定したと発表した。2020年4月に導入される予定。同省は、導入の最終判断のためパブリックコメントを募集していたが、ストローに対しては80%が、マドラーについては90%が、綿棒の柄については89%が賛成し、最終決定した。  今回のパブリックコメントでは、医療目的や障がい者に対する提供は例外 [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、2030年までの食品廃棄物半減を誓約。ネスレ、テスコ等の企業も署名

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省から2018年12月に食品廃棄物削減リーダー「食品余剰・廃棄物チャンピオン」に任命されたベン・エリオット氏な5月13日、2030年までに食品廃棄物を半減することを目指す「誓約」を発足。マイケル・ゴーヴ環境・食糧・農村地域相、テレーズ・コフィ同省環境担当閣外相の他、ネスレ、小売大手テスコやセインズベリーズ、ウェイトローズ等も署名した。  ベン・エリオット氏は、高級ライフスタイル・コンシェルジュQuintesse [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、4月1日から上場企業や非上場大企業にエネルギー消費量開示を義務化

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は3月29日、環境報告ガイドラインを改定し、新たにエネルギー消費量についての「Streamlined Energy and Carbon Reporting(SECR)」ガイダンスを盛り込んだ。2018年に制定された「企業・有限責任パートナーシップ規則」に基づく措置。これにより、ロンドン証券取引所メインマーケット、欧州経済地域(EEA)域内の証券取引所、ニューヨーク証券取引所もしくはナスダックのいずれかに上場 [...]

» 続きを読む

【イギリス】2015年のビニール袋有料義務化、小売大手7社のビニール袋消費量が86%減少

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は7月27日、スーパーマーケットでのビニール袋有料化が義務化された2015年以来、7大スーパーマーケットでのビニール袋消費量が86%減少したと発表した。現在、ビニール袋の提供は5セント(約7円)徴収されている。統計の対象はテスコ、ASDA、セインズベリー、ウェイトローズ、マークス&スペンサー、モリソンズ、Co-opの7社で、この7社で報告対象となっている小売企業全体のビニール袋消費量の6割を占める。  英国で [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、気候変動の「第2次国家適応プログラム」公表。異常気象対応強化急ぐ

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省は7月19日、気候変動問題に対応するための「第2次国家適応プログラム(NAP)2018-2023」を公表した。英国では、2008年気候変動法に基づき、5年毎に国家適応プログラムい策定が政府に義務付けられており、環境・食糧・農村地域省が策定調整の責任を負っている。第1次国家適応計画2013-2018は、2013年に策定された。  気候変動対応では、気候変動の進展を抑制する「緩和」と、気候変動後の社会適応力を高め [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、象牙販売を製作年代を問わず原則販売禁止する法制化の意向表明

Facebook Twitter Google+

 英環境・食糧・農村地域省、外務・英連邦省、国防省は4月3日、国会での法制化を通じ、製作年代を問わず全ての象牙製品の販売を原則禁止すると発表した。違法販売者に対しては最大で上限なしの罰金または5年の懲役という重刑を科す予定。英国では現在、象牙そのものの取引はすでに禁止されており、象牙商品の取引も1947年3月3日以降に加工されたものは政府の証明が必要となっている。制定されれば、世界で最も厳しい象牙販売禁止法となる。 【参考】【イギリス [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る