private 【イギリス】ディアジオ、主力ウイスキーの瓶を再生ガラスとバイオ燃料で生産。CO2を90%減

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手英ディアジオのスコッチウイスキーブランド「Black & White」は4月8日、英ガラス瓶製造大手Encircと、持続可能なガラス製造に関する英国の産学連携イニシアチブ「Glass Futures」と協働し、廃棄由来のバイオ燃料を活用した瓶製造の実証を行ったと発表。二酸化炭素排出量を最大90%削減できた。  今回の実証生産では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】マクドナルド、フランスでもプラスチック玩具廃止。商品包装でのインクルージョンも

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは3月18日、フランスで2月から、子供向けメニュー「ハッピーセット(フランスではハッピーミール)」に付属の玩具でのプラスチックの使用を廃止したと発表した。インドでは障害者インクルージョン施策も発表した。  今回のフランスでのアクションは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス・スイス】テスコ、英国最大規模の軟質プラ回収網を整備。ネスレ、バイオ素材転換を促進

Facebook Twitter Google+

 英小売大手テスコは3月10日、軟質プラスチックのリサイクルに向け、英イングランド南西部とウェールズの小売171店舗に回収箱の設置を開始したと発表した。今後、英国全土の大型店舗に展開予定。英国の軟質プラスチック回収網として最大規模となるという。  軟質プラスチックは従来、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【デンマーク】オーステッド、再エネ集中でLNG事業完全売却を完了。再エネへの投資拡大で3.4GWに

Facebook Twitter Google+

 デンマーク電力大手オーステッドは12月1日、同社が保有している全てのLNG事業をグレンコアに売却する手続が終了したと発表した。同社は2019年12月にLNG事業を全て手放す方針を表明し、再生可能エネルギーのみに注力することを公言していた。  一方同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】WRAP、BSI策定のポリオレフィン生分解性規格を歓迎。酸化型生分解の除外を強調

Facebook Twitter Google+

 英サーキュラーエコノミー推進NGOのWRAP(Waste & Resources Action Programme)は10月27日、プラスチック包装・容器素材として普及しているポリオレフィンの生分解性に関する規格「PAS9017 プラスチック」について、評価するとともに、今後予測し得る課題に関する意見表明を行った。  PAS9017 プラスチックは、英規格策定機関BSIが10月1日に策定した規格。WRAPは、同規格の運営委員にも参画 [...]

» 続きを読む

private 【国際】食品大手アイスランド、プラスチック消費・リサイクルの詳細データ開示。業界をリード

Facebook Twitter Google+

 英食品大手アイスランドは9月16日、包括的なプラスチック消費・廃棄の状況を示したレポート「プラスチック・フットプリント」の2019年版を公表した。プラスチックの廃棄物やリサイクルの量を開示する企業は増えているが、自社ブランド製品と他社ブランド製品の双方でプラスチック消費の詳細を開示する企業はまだ世界的に珍しい。  同レポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】食肉関連38機関、食品廃棄物削減とCO2排出量削減で共同目標設定。水・土壌でも

Facebook Twitter Google+

 英食肉関連大手38機関は、二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)の実現に向け、2030年までに同国の肉食品の一人当たり廃棄物量を半減することを共同宣言した。他にも、生産性向上、大豆飼料生産での森林破壊防止、土壌や水の保護等も盛り込んだ。  今回発表のコミットメントは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】サーキュラーエコノミー推進WRAP、繊維廃棄物のリサイクル・再利用助成金申請を簡素化

Facebook Twitter Google+

 英サーキュラーエコノミー推進NGOのWRAP(Waste & Resources Action Programme)は6月15日、繊維廃棄物のリサイクル・再利用プロジェクトに対する助成基金への申請プロセスを合理化し、迅速な資金提供を可能にしたと発表した。基金規模は150万ポンド(約1.9億円)で、英食糧・環境・農村地域省(DEFRA)設立の1,800万ポンド(約24億円)規模の「リソース・アクション基金」から資金を受けとっている。 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】ゲノム編集Tropic Biosciences、シリーズBで31億円調達。テマセク、住商等出資

Facebook Twitter Google+

 英バイオテクノロジーTropic Biosciencesは6月4日、シリーズBラウンドで2,850万米ドル(約31億円)を調達したと発表した。主幹事は、シンガポール政府系投資運用テマセク・ホールディングス。同社の調達総額は4,000万米ドル(44億円)。同社は (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る