private 【中国】中国銀行、ICMAトランジションボンド原則準拠の債券を世界初発行。CBIからは疑義

Facebook Twitter Google+

 中国銀行は1月6日、国際資本市場協会(ICMA)のトランジションボンド原則「クライメート・トランジション・ファイナンス・ハンドブック」に準拠したことを明言した世界初のトランジションボンドを発行した。しかし、関係者からは準拠性に疑問の声も上がっている。 【参考】【国際】ICMA、気候変動移行を資金使途のESG債に追加要件設定。発行体全体の戦略や目標等(2020年12月11日)  同トランジションボンドは、同社の香港法人を通じて発行。発 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】金融大手6社、政治献金停止発表。連邦議会議事堂暴動が背景。共和党献金のみ停止の企業も

Facebook Twitter Google+

 米金融大手の間で、政治献金の大規模な見直しが始まっている。発端になったのは、1月に米ドナルド・トランプ大統領の支持者が米連邦議会議事堂に不法侵入し議事を妨害した事件で、事態を重く捉える動きが出ている。1月10日に米各紙が一斉に報じた。  米国では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】欧州委、銀行監督当局と銀行融資のESGインテグレーション調査中間発表。ブラックロックが作成

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は12月14日、サステナブルファイナンス・アクションプラン政策の一環で、欧州の銀行監督当局でのESリスクの考慮状況と、欧州の銀行各社での融資リスクマネジメント戦略・融資方針へのESGインテグレーションの状況を分析した中間レポートを発表した。欧州委員会は2019年4月に、ブラックロックの金融当局コンサルティング部門BlackRock Financial Markets Advisory(FMA)を委託者として採択しており、同 [...]

» 続きを読む

private 【アジア】WWFの銀行評価SUSBA2020、シンガポールの銀行が日本より高評価。プロセスに課題

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO世界自然保護基金(WWF)の銀行サステナブルファイアンス評価プログラム「Sustainable Banking Assessment(SUSBA)」は12月、日本、韓国、ASEAN6ヶ国の合計38銀行の状況を評価した2020年度結果を発表した。SUSBAのアジア地域の評価発表は、今年で4回目。  同評価は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】PRBの気候イニシアチブCCCA、38銀行が加盟。2050年カーボンニュートラル約束。日本の加盟銀行ゼロ

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)が運営する国連責任銀行原則(PRB)は12月8日、PRB署名機関のうち38社が加盟する気候変動アクション・イニシアチブ「Collective Commitment to Climate Action(CCCA)」の初のレポートを発表した。同レポートは、加盟38銀行がCCCA事務局に年次報告を行い、事務局が要約したもの。  CCCAは、2050年までに投融資ポートフォリオの二酸化炭素ネット [...]

» 続きを読む

private 【インドネシア】RAN、大手10社がFPIC原則非遵守と批判。花王、日清食品、MUFG等に対応要請

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)は12月9日、パーム油、紙パルプ、木材等に関連するインドネシア大手10社が、「自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意(FPIC)」の原則を遵守するための適切なポリシーと標準作業手順書(SOP)を策定していないと批判するレポートを発表した。  今回の調査対象となった10社は、ベスト・インダストリー・グループ、ゲンティン・グループ、ジャーディン・マセソン・グループ [...]

» 続きを読む

private 【国際】海運ファイナンスのポセイドン原則、署名金融機関が20に増加。3社はすでにIMO整合性実現

Facebook Twitter Google+

 海運業界向けファイナンスに関する気候変動原則「ポセイドン原則」は12月16日、署名金融機関のアクションをまとめた2020年の年次報告書を発表した。すでに金融機関3社の海運業界向けファイナンスが国際海事機関(IMO)が策定した二酸化炭素排出量削減目標と整合性のある状態をすでに実現していることがわかった。 【参考】【国際】大手銀行11社、海運向けの気候変動ファイナンス「ポセイドン原則」発足。シティ等(2019年6月20日)  ポセイドン [...]

» 続きを読む

private 【日本】銀行・保険投融資の社会・環境格付「フェア・ファイナンス・ガイド・ジャパン」2021年結果

Facebook Twitter Google+

 日本の環境NGO4団体は12月11日、銀行と保険大手の投融資方針の社会・環境性を格付するランキング「Fair Finance Guide(フェア・ファイナンス・ガイド)」の2021年日本版を発表した。  同格付は、ドイツ、オランダ、ベルギー、スウェーデン、ノルウェー、ブラジル、インドネシア、タイ、インドでも行われており、日本版発表は毎年実施されている。日本版の発表は、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、アジア太平洋資料セ [...]

» 続きを読む

private 【北米】カナダのモントリオール銀行、米国の石油ガス事業ファイナンスから完全撤退。カナダに集中

Facebook Twitter Google+

 カナダ銀行大手モントリオール銀行(BMO)は11月30日、カナダ国外の石油ガス産業への投資ユニットを閉鎖すると従業員に通知していたことがわかった。同行は、米国内のシェールオイルやシェールガス関連に積極的に投融資していたが、今回、石油ガス分野ではカナダ国内に集中することを決定。50以上保有していた権益をすべて手放す。  同行の12月1日の発表によると、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国連責任銀行原則、署名機関数が200に到達。日本は7社。11のワーキンググループも活動中

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は12月4日、国連責任投資原則(PRI)の銀行版となる「国連責任銀行原則(PRB:Principles for Responsible Banking)」の署名機関数が58ヶ国200銀行に達したと発表した。発足からわずか1年3ヶ月間で大きなイニシアチブに発展した。 【参考】【国際】国連責任銀行原則PRB、正式発足。日本大手4行含む世界131行で開始。NGOからは苦言も(2019年9月25 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る