private 【アメリカ】バイデン大統領、TikTokやWeChat対象のトランプ大統領令を撤回。基準に基づくルール整備へ

Facebook Twitter Google+

 米ジョー・バイデン大統領は7月9日、前トランプ大統領が署名した中国のIT大手を対象とした3つの大統領令を撤回し、新たにオープンで公正な規制措置を設ける大統領令に署名した。これにより、中国のByteDance(字節跳動)運営のTikTokや、テンセント運営のWeChat(微信)等計10社に対し発動されていた要求が撤回された。2社については訴訟状態に発展していた。  今回、バイデン大統領が撤回したのは、大統領令13942、13943、1 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】商務省、TikTokのサービス停止期限を12月4日に再延期。裁判闘争になり発動難しく

Facebook Twitter Google+

 米商務省は、11月27日に禁止すると発表していたTikTokのホスティング・サービス、コンテンツ配信サービス等について、禁止命令施行を12月4日まで再延期していたことがわかった。TikTokが裁判所に提出した書類から判明した。  米商務省の命令では、TikTokの親会社である中国ByteDance(字節躍動)に対し、TikTokサービスの米国での提供停止または事業売却を命じている。TikTokは不服とし提訴。当初は、11月12日が事 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】商務省、TikTokのサービス停止期限を11月27日に延期。裁判闘争になり発動難しく

Facebook Twitter Google+

 米商務省は、11月12日から禁止すると発表していたTikTokのホスティング・サービス、コンテンツ配信サービス等について、禁止命令施行を11月27日まで延期していたことがわかった。同命令については、TikTok側は米裁判所に不服申立てしており、延期していた事実はTikTokが裁判所に提出した書類から判明した。 【参考】【アメリカ】連邦地裁、TikTokダウンロード等禁止の商務省命令に予備的差止命令(2020年9月29日) 【参考】【 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦地裁、TikTokダウンロード等禁止の商務省命令に予備的差止命令

Facebook Twitter Google+

 ワシントンDCにある米連邦地方裁判所は9月27日、大統領令に基づき、米国内でのTikTokのダウンロード及びアップデート等を禁止する商務省命令に対し、予備的差止命令を発した。同商務省命令は9月27日から発動される予定だったが、裁判所から差止命令が発令したことで、同日23:59の発動直前で大統領令としての効力が停止されることとなった。 【参考】【アメリカ】商務省、WeChatとTikTokのアプリ配信・更新を9月20日から禁止。WeC [...]

» 続きを読む

【アメリカ】商務省、WeChatとTikTokのアプリ配信・更新を9月20日から禁止。WeChatでの送金も

Facebook Twitter Google+

 米商務省は9月18日、トランプ大統領が8月6日に署名した大統領令に基づき、米国内でのTikTok及びWeChat(微信)に関する禁止措置を9月20日から発動すると発表した。中国共産党が、両アプリを通じて、米国の国防、外交政策、経済に脅威を与えていることへのセーフガードと説明した。 【参考】【アメリカ】トランプ大統領、ByteDanceに対し米国でのTikTok事業を90日以内に売却するよう命令(2020年8月15日)  9月20日か [...]

» 続きを読む

private 【EU】TikTok、欧州委のヘイトスピーチ対策行動規範に参画。米SNS大手がすでに加盟

Facebook Twitter Google+

 ITサービス世界大手米TikTokは9月8日、EUの「オンライン上の違法ヘイトスピーチに対抗する行動規範(Code of Conduct on countering illegal hate speech online)」に参画すると発表した。TikTokは、中国のByteDance(字節躍動)が株主。米国では事業の強制停止もしくは強制売却が迫られる中、ヘイト対策については当初の予定通り粛々と進めている。 【参考】【国際】TikTo [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】TikTok、メイヤーCEO辞任。事業売却と事業継続で字節跳動と意見不一致か

Facebook Twitter Google+

 ITサービス世界大手米TikTokは8月26日、ケビン・メイアーCEOが辞任したことを明らかにした。5月に就任し、3ヶ月間での辞任となった。バネッサ・パパス・ゼネラルマネジャーが暫定CEOに就いた。背景には、親会社である字節跳動(ByteDance)との意見の不一致があったとみられている。 【参考】【中国】TikTok、EUの「偽情報に関する行動規範」に署名。欧米大手以外で初(2020年6月21日) 【参考】【アメリカ】トランプ大統 [...]

» 続きを読む

private 【国際】TikTok、ヘイトスピーチ対策を強化。投稿削除やアカウント禁止措置を実施する方針

Facebook Twitter Google+

 ITサービス世界大手米TikTokは8月21日、SNS上のヘイトスピーチやヘイト投稿を撲滅するため、5つの新たなアクションを実施すると発表した。TikTokは、中国のByteDance(字節躍動)が株主になっており、目下米国では事業の強制停止もしくは強制売却が迫られる中、ヘイト対策については当初の予定通り粛々と進めている。  今回のアクションではまず、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】トランプ大統領、ByteDanceに対し米国でのTikTok事業を90日以内に売却するよう命令

Facebook Twitter Google+

 米ドナルド・トランプ大統領は8月14日、国防生産法第721条を根拠に、TikTok運営の中国ByteDance(字節躍動)に対し、米国内におけるTikTok運営権を売却するよう命ずる大統領令を発した。トランプ大統領は8月3日にもTikTokとの取引を大幅に制限する大統領令を発していたが、ついに直接的に売却を命ずる命令を出した。これら一連の動きにTikTokは反発している。  今回の大統領令では、ByteDanceは (さらに&hel [...]

» 続きを読む

private 【香港】フェイスブック、グーグル、ツイッター、香港での当局への個人情報提供停止。TikTokは撤退

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手グーグル、フェイスブック、ツイッター、テレグラムは7月5日または6日、中国政府が6月30日に香港国家安全維持法案(香港国安法)を可決したことを受け、香港政府当局へのユーザの個人情報提供を一時停止すると発表した。SNS運営企業等は、裁判所命令等が出た場合にはユーザーの個人情報を提供する方針としているが、この方針を香港に対しては停止する。  今回の決定は、香港特別行政区政府が7月6日に同法第43条実施規則を公示したことに対応 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る