【国際】PRI、投資家向けに投資先企業のサプライチェーンESGリスク管理ガイダンス発行 2017/12/06 最新ニュース

 国連責任投資原則(PRI)は11月28日、機関投資家が、投資先企業のサプライチェーン上のESGリスクを管理するためのガイダンスを発行した。業界ごとに差はあるが、企業は基本的にサプライチェーン上に大きなESGリスクを抱えている。PRIは機関投資家に向けガイダンスを発行することで、機関投資家と投資先企業の間に対話を促し、投資先企業のサプライチェーン上のESGリスクを提言していくことを目指す。  発行されたガイダンスによると、企業がESGリスクが自社とサプライチェーンのどちらに潜んでいるかは業界毎に異なる。例えば、環境データ大手Trucostの算出によると、環境リスクがサプライチェーン上にある割合が最も多い業界は、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る