private 【日本】バンダイ、ガシャポンカプセルのリサイクル開始。回収して再度製品を生産

Facebook Twitter Google+

 バンダイナムコホールディングス傘下のバンダイ、バンダイナムコアミューズメント、バンダイロジパルの3社は9月10日、ガシャポンの空カプセルのリサイクル事業「ガシャポン カプセルリサイクル」を開始したと発表した。ガシャポンのカプセルを原料としたリサイクルは、カプセル玩具業界で初。  今回の施策では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】マスターカード、スコープ3CO2排出量測定でセールスフォースのツール採用

Facebook Twitter Google+

 決済世界大手米マスターカードは9月17日、サプライヤーのスコープ3二酸化炭素排出量の算出で、CRMツール世界大手米セールスフォース・ドットコムの環境負荷測定システム「Sustainability Cloud」を導入したと発表した。コンサルティング大手アクセンチュアとセールスフォースがマスターカードの算出作業も支援する。  同システムでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】世界銀行、自動車の速度低減は環境と社会のコストを大きく削減。設計の重要性

Facebook Twitter Google+

 世界銀行の世界交通安全ファシリティ(GRSF)は9月8日、自動車の速度低減は、交通安全と人命救助に資するだけでなく、持続可能なモビリティを促進し、効率やインクルージョンの向上ももたらすとした分析結果を発表した。  同レポートによると、まず、速度が1%が上昇すると死亡者数は3.5%から4%増加する。それだけでなく、速度を上げると、移動時間の短縮というメリットはあるが、衝突事故、排ガス、燃費、車両のメンテナンス、インクルージョン、歩行可 [...]

» 続きを読む

private 【国際】FAO、土壌有機炭素で各国の吸収ポテンシャル可視化。特別農作物の持続可能プログラムも

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)は9月8日、気候変動緩和の一つの手段である「土壌有機炭素(SOC)」について、世界各国の土壌有機炭素ポテンシャルを可視化した初のツール「GSOCseq」をリリースした。2011年にFAOが発足した「食料安全保障と気候変動緩和・適応のためのグローバル・ソイル・パートナーシップ(GSP)」の2021年の総会が9月8日から10日まで開催され、その場で採択された。  炭素隔離とは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】WBCSD、食品の新たな価値会計モデル「TVoF」発表。国連食料システムサミットに先駆け

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)は9月15日、食品の経済・社会・環境価値を測定するための新たな価値会計モデルを提唱するレポートを発表した。策定には、米コンサルティング大手ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が協力。グローバル企業もインタービューで協力した。  今回発表したレポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ネットゼロ・金融サービスプロバイダー・イニシアチブ(NZFSPA)発足。17社が初期署名

Facebook Twitter Google+

 金融サービスプロバイダー12社は9月22日、金融サービスプロバイダーによるカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)イニシアチブ「ネットゼロ・金融サービスプロバイダー・イニシアチブ(NZFSPA)」を発足したと発表した。創設企業として17社が署名。今後も参加を募る。  同様のイニシアチブでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ネスレ、リジェネラティブ農業促進に1400億投資。低炭素認証のラベル表示も

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは9月16日、農家50万世帯とサプライヤー15万社でのリジェネラティブ農業の促進に向け、今後5年間、12億スイスフラン(約1,420億円)を投じると発表した。加えて同社は、社会・経済変革のためのプログラムを発足した。  農業は同社の二酸化炭素排出量の約3分の2を占め、そのうち酪農と家畜での排出量が約半分。12カ国の酪農30世帯と協働し、リジェネラティブ農業の実証を開始する他、大豆農家とも協働し、代替乳製品に [...]

» 続きを読む

private 【国際】官民金融機関団体、SDGs達成の資金ギャップが100兆米ドルに増大と警鐘。ファイナンス拡大必要

Facebook Twitter Google+

 官民金融機関団体Force for Goodは9月17日、国連持続可能な開発目標を達成するための資金ギャップが総額最大で100兆米ドル(約1.1京円)に拡大したとの試算結果を発表した。新型コロナウイルス・パンデミック等の喫緊の課題により資金ギャップが広がる形となった。  Force for Goodは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】WWF、プラスチック汚染の社会コストは2040年には年間780兆円にまで増大。国際条約必要

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO世界自然保護基金(WWF)は9月6日、プラスチック汚染問題に開始、対策を講じない限り、2040年に生産されるプラスチック汚染による社会コストは年間7.1兆米ドル(約780兆円)にまで上昇するとの試算結果を発表した。2019年のドイツ、カナダ、オーストラリアのGDP合計を上回る規模。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】化粧品大手5社、製品ライフサイクルの環境インパクト測定とスコアリング手法を共同策定へ

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアル、消費財世界大手英ユニリーバ、ドイツ消費財大手ヘンケル、ブラジル化粧品大手ナチュラ、高級アパレル世界大手仏LVMHモエ ヘネシー・ルイヴィトンの5社は9月20日、コンソーシアムを発足し、化粧品に対する環境インパクト測定とスコアリング手法を共同策定すると発表した。科学的根拠に基づく環境インパクトの情報を消費者に明示し、透明性を確保する狙い。  今回のアクションは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る