private 【イギリス】ジョンソン首相、「2035年までに英国全電力を再生可能エネルギーに転換」

Facebook Twitter Google+

 英ボリス・ジョンソン首相は10月5日、英国の電力を2035年までに「クリーンエネルギー」に転換すると発表した。英国でガス価格が史上最高額まで高騰する中、クリーンエネルギーに全面転換することで、ガスの価格変動リスクを回避しにいく。  ジョンソン首相は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アジア】ADB、ASEANでの石炭火力廃止に向け民間銀行と基金創設。早期廃止を目指す

Facebook Twitter Google+

 アジア開発銀行(ADB)の浅川雅嗣総裁は10月6日、東南アジアの石炭火力発電所を早期廃止するための基金を2022年に創設すると発表した。財務的インセンティブを付け、廃止を促す。日本経済新聞への取材に対して応えた。  ADBは8月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】シェブロン、再生可能燃料、水素、CCSを成長分野に設定。1.1兆円投資

Facebook Twitter Google+

 石油ガス世界大手米シェブロンは9月14日、事業の低炭素化に向け、植物由来や再生素材由来の再生可能燃料、水素、炭素回収・貯留(CCS)技術分野での成長目標を設定。これらへの投資額は、2028年までに現状の3倍の100億米ドル(約1.1兆円)を打ち出した。  今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国際金属・鉱業評議会加盟28社、スコープ1と2で2050年カーボンニュートラル約束。日本企業も3社

Facebook Twitter Google+

 国際金属・鉱業評議会(ICMM)は10月5日、全加盟企業が、2050年までにスコープ1とスコープ2で二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)にコミットしたと発表した。全加盟企業のCEOが署名した。スコープ3目標の早期設定も約束した。  今回署名した企業は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】JERA、フィリピン電力大手アボイティス・パワーの株式27%取得。中東でも子会社設立

Facebook Twitter Google+

 東京電力ホールディングスと中部電力の折半合弁会社JERAは9月27日、フィリピン電力大手アボイティス・パワーの株式約27%を、約15.8億米ドル(約1,740億円)で購入したと発表した。フィリピンの発電のカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)化を支援する。JERAとしては海外投資額で過去最大。日本企業によるフィリピン投資でも最大規模。  アボイティス・パワーは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】経産省、グリーン成長閣僚会合開催。20ヶ国参加。アジア・トランジション・ファイナンスの動きも

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は10月4日、第1回アジアグリーン成長パートナーシップ閣僚会合(AGGPM)をオンラインで開催。アジアにおけるカーボンニュートラル政策で、日本のプレゼンスを高めるための会合を開いた。  同会合に参加した国は、日本、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、カンボジア、ラオス、ブルネイ、インド、バングラデシュ、スリランカ、カザフスタン、ウズベキスタン、イラン、イラク、サウジアラビア、カタール、クウェート、アラ [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】2021年から2024年に蓄電施設が14.5GW設置見通し。太陽光併設多い。EIA発表

Facebook Twitter Google+

 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は9月29日、2021年から2024年の4年間で、米国での蓄電施設の新規設備容量が14.5GWに達する見通しと発表した。そのうちスタンドアローンの設備容量が4.0GWを占める。  米国での蓄電施設は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】環境省、着床式洋上風力の事業終了後廃棄の考え方公表。風力環境アセスの基準緩和も

Facebook Twitter Google+

 環境省は9月30日「着床式洋上風力発電施設の廃棄許可に係る考え方」を取りまとめた。「着床式洋上風力発電施設の残置に係る検討会」で検討を進めていた。  今回発表した資料は、法律に基づき、洋上風力発電の事業終了後の原状回復義務や残置規制の内容を明確にしたもの。着床式洋上風力発電設備、潤滑油の漏洩の可能性がある洋上変電設備人を収容する構造を有する観測塔が対象。一方、海洋汚染等防止法上の海洋施設に該当しない海底送電線や海底ケーブル等は、今回 [...]

» 続きを読む

private 【ノルウェー】国営石炭ストーレノシュケ、国内最後の炭鉱を2023年9月に閉鎖

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー国営石炭採掘ストーレノシュケは9月29日、同国内最後の炭鉱が2023年9月に閉鎖されると発表した。ロングイェールビーン市議会が9月15日、最後まで営業していた第7炭鉱からの石炭購入契約の終了を決定したため。同炭鉱は100年以上、石炭を生産し続けてきていた。  ロングイェールビーン市議会は、 (さらに…)

» 続きを読む

【イギリス】ガス価格、史上最高値にまで高騰。急な需給悪化、運転手不足、点検集中等の複合要因

Facebook Twitter Google+

 英国でガス市場価格が急騰している。新型コロナウイルス・パンデミック前に、1サーム当たり約40ペンスだったが、パンデミック後は一時約10ペンスまで急落。その後、2021年の冬には80ペンスまで上がるも、その後は40ペンスで落ち着くかにみえたが、4月から高騰が始まり、現在は史上最高値の180ペンス近くまで上がってきている。  英政府は9月18日、今回のガス価格高騰は、複数の要因が重なった結果と説明した。まず、パンデミックからの経済再開で [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る