private 【国際】ケリング、包括的なサーキュラーエコノミー戦略発表。LVMHも高度な繊維リサイクルへ

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手仏ケリングは7月7日、同社の気候変動・生物多様性戦略と整合した包括的なサーキュラーエコノミー戦略を示したレポートを発表した。同社はリサイクルの実施だけでなく、製品設計、製造・利用方法の改善、リジェネラティブ農業への移行加速、製品寿命の拡張等も含め、事業の中に全面的にサーキュラーエコノミーを位置づけた。  同社が今回掲げた目標は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ギリシャ】カールスバーグ、醸造所の熱エネルギーで太陽熱集器を実証導入。2022年から1年間

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグは7月12日、スウェーデンのソーラーコレクター(太陽熱集熱器)製造アブソリコンと協働し、ギリシャ・シンドスにある同社オリンピック醸造所で、ソーラーコレクターを実証導入すると発表した。2022年初頭から導入予定で、実証期間は1年間。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】ICMA、EUグリーンボンド基準案に修正要請。既発債へのタクソノミー改訂影響除外が必要

Facebook Twitter Google+

 国際資本市場協会(ICMA)は7月8日、欧州委員会が7月6日に発表した欧州グリーンボンド基準(EUGBS)案について声明を発表した。現行案では運用が難しく、柔軟性を求めた。特にすでに条件が確定している既発債にも適用される問題について修正を求めている。 【参考】【EU】欧州委、新サステナブルファイナンス戦略と公式グリーンボンド基準案を採択。タクソノミー開示義務化も(2021年7月9日)  ICMAは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】FAOの地中海一般漁業委員会、水産業のサステナビリティで「2030年目標」採択。23ヶ国・地域

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)の地中海一般漁業委員会(GFCM)は7月9日、「2030年戦略」を採択した。地中海及び国会での漁業と養殖業が新型コロナウイルス・パンデミックで大きな打撃を受ける中、水産業の長期的サステナビリティと回復力に焦点を当てることを決めた。  地中海総合漁業委員会には、現在、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】ムーアバーグ石炭火力、わずか6年の稼働で自主廃炉。オークションでの補償を選択

Facebook Twitter Google+

 ドイツ・ハンブルクのムーアバーグ石炭火力発電所が7月7日、運転開始からわずか6年強で運転が完全停止した。当初は2038年まで稼働予定だったが、ドイツ連邦議会で可決された脱石炭法の一環で実施された石炭火力発電所の自主停止オークションに応募し、廃炉の道を選んだ。  ムーアバーグ石炭火力発電所は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【EU】EU理事会、「グローバルにつながった欧州」構想を最終決定。中国に対抗

Facebook Twitter Google+

 EU上院の役割を担う加盟国閣僚級のEU理事会は7月12日、「グローバルにつながった欧州」構想の戦略を最終承認した。同構想は、2018年からEUで検討してきた「欧州とアジアをつなぐ」政策の最終的な方向性を示したもので、今後、具体的にEU外交の中に反映されてくる。  今回示した戦略では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】ユーグレナとJRTT、バイオ燃料の利用拡大で基本合意。船舶燃料や建設工事燃料で

Facebook Twitter Google+

 ユーグレナと鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)は7月7日、包括連携に関する基本合意書を締結したと発表した。バイオ燃料のさらなる利用の可能性を探るために連携する。  今回の基本合意書の内容は3つ。 国連持続可能な開発目標(SDGs)の理念を踏まえ、主にバイオ燃料の利活用に関する知見について、相互の情報交換を促進する 鉄道・運輸機構が共有する内航船舶に、ユーグレナ社が開発したバイオ燃料の利用の可能性を探る 鉄道・運輸機構が施工す [...]

» 続きを読む

【日本】エネ庁、2030年の発電コスト試算発表。太陽光が最安で原発を下回る。日本初

Facebook Twitter Google+

 経済産業省資源エネルギー庁は7月12日、総合資源エネルギー調査会の第7回発電コスト検証ワーキンググループを開催。2030年の電源毎の発電コストの見通しを示した。その中で、資源エネルギー庁として初めて、太陽光発電が最もコストが安い電源になるとの考えを示した。  今回の発電コスト見通しの算出は、第6次エネルギー基本計画の策定を意識されてのもの。前回の第5次エネルギー基本計画策定でも2015年に、2014年時点と2030年時点のコストが算 [...]

» 続きを読む

private 【国際】自発的炭素市場拡大に関するタスクフォースTSVCM、2021年末にガバナンス機関創設へ

Facebook Twitter Google+

 ボランタリー炭素市場拡大に関するタスクフォース(TSVCM)は7月8日、2021年末までに運営のガバナンス機関を創設すると発表した。今後、ガバナンス機関の人選に入る。 【参考】【国際】国際タスクフォースTSVCM、大規模な自発的炭素取引市場の創設を提言。マーク・カーニーが創設者(2021年1月29日) 【参考】【国際】自発的炭素市場拡大に関するタスクフォースTSVCM、方向性でパブコメ募集。日本企業メンバーはゼロ(2020年11月1 [...]

» 続きを読む

private 【日本】経産省、アパレルのサステナビリティで提言報告書発表。環境、人権、DX、ジェンダーまで

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は7月12日、アパレル産業でのサステナビリティ・アクションを強化するよう促す報告書を作成した。2月に「繊維産業のサステナビリティに関する検討会」を設置しており、今回成果物として報告書をまとめた。  今回の報告書は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る