private 【EU】欧州委、アップルが音楽配信事業者に優越的地位の濫用との見解。競争法捜査の予備結果

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は4月30日、アップルに対し、音楽配信事業で、優越的地位の濫用を犯したとの予備レビューを発表した。アップルは、音楽ストリーミングアプリ開発事業者に対し、同社のAppストア内課金システムの使用を強要しているとの見方を示した。  今回の捜査も、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】世界観光機関とIATA、コロナ禍での海外渡航情報サイトをリリース。重要情報を集約

Facebook Twitter Google+

 世界観光機関(UNWTO)と国際航空運送協会(IATA)は4月23日、各国での新型コロナウイルスに関する感染状況や検疫、検査、ワクチン接種状況、移動規制等に関する情報をまとめた無料オンラインツール「デスティネーション・トラッカー」をリリースした。海外渡航の再開準備に向け、重要性の高い情報を提供する。  今回のツールは、UNWTOとIATAの間で2020年10月に締結されたパートナーシップに基づくもの。両者は、海外渡航の再開の推進や官 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ベライゾン、宣伝・広告業界のDE&I促進コミットメント発表。アメックスやABインベブ等協働

Facebook Twitter Google+

 通信大手米ベライゾンは4月7日、米広告大手インターパブリック・グループ・オブ・カンパニーズ(IPG)と英WPPと協働し、宣伝・広告業界のダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン(DE&I)促進にコミットすると発表した。  同社は2016年、広告代理店に対し、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】国際オリンピック委員会、2024年にカーボンネガティブ実現。アフリカで大規模オフセット

Facebook Twitter Google+

 国際オリンピック委員会(IOC)理事会は1月24日、オリンピック大会運営を含む全ての事業での二酸化炭素排出量を2024年までにマイナスにする「気候ポジティブ」「カーボンネガティブ」を実現すると発表した。IOCは2020年3月に「気候ポジティブ」を2030年までに達成する目標を公表していたが、今回6年も前倒すことを決めた。  IOCは、カーボンオフセットを活用し、すでに2017年から二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を [...]

» 続きを読む

【国際】FIA、2030年カーボンニュートラル発表。F1レースカーも持続可能な燃料100%に転換

Facebook Twitter Google+

 自動車とモータースポーツの国際業界団体・国際自動車連盟(FIA)の総会は12月17日、同団体が運営しているモータースポーツ協議で、2030年までにカーボンオフセット購入なしで、スコープ3まで含めた二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現するためのロードマップを発表した。  FIAは、フォーミュラ1世界選手権(F1)、世界ラリー選手権(WRC)、世界耐久選手権(WEC)、フォーミュラE世界選手権(FE)、世界カート選手 [...]

» 続きを読む

private 【国際】IWBIのWELL健康・安全格付、スポーツ施設での普及進む。日本第1号はイオンモール上尾

Facebook Twitter Google+

 健康ビルディングWELL認証管理団体米IWBIは12月16日、スポーツ業界のサステナビリティ推進機関Sport and Sustainability International(SandSI)との間で、戦略提携を締結したと発表した。新型コロナウイルス・パンデミックで、スポーツ施設の安全対策が急務となっている中、IWBIの「WELL健康・安全格付(Health-Safety Rating)」をスポーツ施設に広く普及させることを目指す。 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ウォルト・ディズニー・カンパニー、2030年環境目標設定。自社事業カーボンニュートラル宣言

Facebook Twitter Google+

 エンターテイメント世界大手米ウォルト・ディズニー・カンパニーは12月8日、新たな2030年環境目標を設定。二酸化炭素排出量、水、廃棄物、素材、持続可能な製品設計に注力すると発表した。  同社環境ポリシーは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】日本含む14ヶ国政府、持続可能な海洋経済で2030年ビジョン合意。漁業、海運、観光、エネルギー等

Facebook Twitter Google+

 日本を含む14ヶ国政府首脳は12月3日、「持続可能な海洋経済の構築に向けたハイレベル・パネル」を開催し、首脳文書「持続可能な海洋経済のための変革 保護、生産及び繁栄に関するビジョン」を発表した。持続可能な海洋計画に沿って、2025年までに国家管轄権内の海洋区域を、2030年までに全海域を、100%を持続可能な形で管理することにコミットすると言及し、「100%アプローチ」と名付けた。  同会議は、ノルウェー主導で2018年に発足。ノル [...]

» 続きを読む

private 【日本】国際環境NGOマイティアース、HISのパーム油火力発電の反対運動に参画。国際批判強まる

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOマイティアースは11月13日、H.I.S.インターナショナルに対し、宮城県角田市で建設中の東南アジア産パーム油を燃焼するバイオマス火力発電所が、熱帯雨林を破壊していると批判し、不買運動への賛同を表明したと発表した。FoE Japan、プランテーション・ウォッチ、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)が開始した抗議運動に、マイティーアースが加わる形となった。 【参考】【日本】FoE等、HISのパーム油バイオマス発電所事業の [...]

» 続きを読む

【国際】IUCNとIOC、スポーツ・インフラ開発での生物多様性保護ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの国際自然保護連合(IUCN)は11月6日、国際オリンピック委員会(IOC)、サンフランシスコ河口協会(SFEI)と協働し、生物多様性保全との両立が可能なスポーツ・インフラ建設のためのガイダンスを発行した。ゴルフ場等のスポーツ・インフラ開発と自然保護は必ずしも相反するものではなく、適切な方法で行えば両立可能とし、都市やスポーツ施設開発関係者が、計画の際に留意するべき生態学的ポイント7つを提示した。  IUCNは、過去に [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る