【アメリカ】アップル、世界全事業所で再エネ100%達成。サプライヤー9社も100%宣言

Facebook Twitter Google+

 アップルは4月9日、世界の全事業所の事業電力が100%再生可能エネルギーとなったと発表した。事業所には、43ヶ国のオフィス、店舗、データセンターが含まれる。同時に、新たに同社サプライヤー9社が、アップル向け部品の製造を全て100%再生可能エネルギーに転換すると発表し、合計で23社となった。  アップルは、自社の事業電力を再生可能エネルギーに切り替えるため、世界25ヶ所の再生可能エネルギー発電所を保有。合計設備量量は626MWに及ぶ。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル、2018年サプライヤー進捗報告書発表。再エネ100%コミットは16社に増加

Facebook Twitter Google+

 米アップルは3月7日、2018年のサプライヤー責任進捗報告書「Supplier Responsibility Progress Report 2018」を発表した。同報告書の発表は、2007年に開始し今年が12年目。アップルは、サプライヤーに対し環境や労働分野の改善に取り組んでおり、毎年改善の進捗状況を開示している。  アップルは2017年、同社のサプライヤーの95%をカバーする30ヶ国の企業に対し756の監査(通称、アップル監査) [...]

» 続きを読む

【フランス】米アップルがNGO Attacの抗議活動停止を求めた裁判、NGO側が勝訴。表現の自由

Facebook Twitter Google+

 パリの大審裁判所(地方裁判所に相当)は2月23日、米アップルが、仏全土のアップルストアで抗議活動を展開しているNGOのAttacに対し、活動停止と損害賠償を求めた裁判で、アップル側の訴えを棄却し、Attac側が勝訴した。AttacはアップルがEUへの納税を回避していると抗議している。  判決理由は、Attacの行為が暴力やバンダリズム(器物損壊)、顧客の入店阻止を行っておらず、単に店舗周辺や店舗内に集まっているだけであり、それを制限 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップルやアマゾン、社員や家族向けのハイテク医療施設建設を計画

Facebook Twitter Google+

 アップルは、従業員と家族向けの医療サービス施設、プライマリケア・クリニック「ACウェルネス」を開設する予定だ。場所はカリフォルニア州サンタクララ郡のアップル・パークとインフィニット・ループ本部に近いクパチーノ付近を予定し、開設の準備を進めているという。プライマリケアは、米国の病院制度の中で、風邪やケガなどの比較的軽微な処置を行う一次対応医療施設。アップルはハイテクを駆使したプライマリケアを提供する考え。  同社が開発したApple [...]

» 続きを読む

【国際】アップル、シスコ、エーオン、アリアンツ、総合サイバーリスク管理サービスで連携

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アップル、米シスコと、保険世界大手米エーオン、独アリアンツの4社は2月5日、新たな企業向けサイバーリスク管理サービスで連携すると発表した。アップルとシスコがサイバーセキュリティ対策技術を、エーオンがサイバーレジリエンス評価サービスを、アリアンツがサイバーセキュリティ保険を提供し、パッケージで販売する。近年、ハッキング等のサイバーリスクが世界的に高まっている。  サイバーセキュリティの分野では、企業の対策投資が活発化して [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル、約3.3兆円の米国内投資計画発表。経済効果は約39兆円

Facebook Twitter Google+

 米アップルは1月17日、今後5年間で米国内で300億米ドル(約3.3兆円)の設備投資を行い、2万人の雇用創出をする計画を発表した。今回の投資計画による米国での経済効果は3,500億米ドル(約39兆円)と見積もる。同社は現在、米国内で84,000人雇用しており、2万人の雇用創出を遂げると、10万人を突破する。   投資300億米ドルのうち、100億米ドルは米国国内でのデータセンター建設。他に、顧客向けテクニカルセンターも新たに建設し、 [...]

» 続きを読む

【中国】米アップル、森林32万エーカーでFSC認証取得。全製品パッケージの認証取得化達成

Facebook Twitter Google+

 米アップルは7月28日、同社の製品パッケージに使用している全ての紙の原料となっている中国の森林32万エーカー全てで、国際森林管理認証のFSC認証を取得したと発表した。FSC認証は、持続可能な方法で維持管理していることの証明。これにより、アップル製品全てのパッケージ紙は、持続可能な紙となる。  アップルの森林保護プログラムは、2015年に世界自然保護基金(WWF)と協働でスタートし、2020年までに中国南部の100万エーカーの森林を持 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル、2回目のグリーンボンド発行。発行額10億米ドル

Facebook Twitter Google+

 米アップルは6月12日、10億米ドルのグリーンボンドを発行した。償還期間は10年。共同主幹事はバンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェース。私募再発行のため詳細は公表されていないが、格付はAa1で、利回りは米国債より0.95%から1%高い水準と言われている。  アップル社昨年米国市場最大となる15億米ドルのグリーンボンドを発行しており、今回はそれに続く2回目の発行。今回発行のグリーンボンドの使途は [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル、米国製造業支援10億ドル基金。初支援先はコーニング

Facebook Twitter Google+

 米アップルは5月12日、ガラスメーカー世界大手米コーニングに対し、素材イノベーションを促進するために2億米ドルの支援を行うことを決定した。アップルは、米国製造業の発展のため、R&Dや設備投資を支援する10億米ドルのファンド「Advanced Manufacturing Fund」を設立。今回のコーニングが同ファンド第1号の投資先となった。  2億米ドルは、コーニングが65年前に立ち上げたハロッズバーグの拠点で、ガラス技術のイノベーシ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル「2017年環境進捗報告書」発表。製品生産100%リサイクル利用の長期方針発表

Facebook Twitter Google+

 米アップルは4月10日、2016年度のの環境改善進捗状況をまとめた「環境責任:2017年度進捗報告書(Environmental Responsibility 2017 Progress Report)」を発表した。アップルは、この報告書の中で、製品生産を再利用部品やリサイクル素材のみで実現していく長期目標を示した。  報告書では、「気候変動」「資源」「製品の安全性」「協働」の4テーマを挙げ、これまでの進捗状況を定量的に発表している [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る