【アメリカ】アップル、セリーズ・カンパニー・ネットワークに加盟

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティに関する国際アドボカシーNGOのセリーズは5月14日、セリーズ・カンパニー・ネットワークの新会員として米IT大手のアップルを承認したと発表した。同ネットワークは役員クラスがサステナビリティに対するコミットメントしており、自社のビジネス戦略へのサステナビリティの統合に向けて取り組んでいる企業らで構成されるグローバルイニシアチブだ。同ネットワークへの参画にあたり、アップルは引き続き投資家や環境・市会団体らステークホルダー [...]

» 続きを読む

【中国】アップル、WWFと協働して中国の100万エーカーの森林保護を発表

Facebook Twitter Google+

 米アップルは5月10日、世界自然保護基金(以下、WWF)と協働して、木材の生産量、消費量ともに世界一の中国において森林100万エーカーを購入し、紙や木材の持続可能な調達に向けて森林を保護・管理する5年間のプロジェクトを実施すると発表した。中国では増え続ける紙需要に応えつつ、より少ない土地、水で紙を生産し、環境への負荷を削減する取り組みが徐々に広まりつつあるが、今回のアップルとWWFの提携により、中国における森林保護の動きはさらに加速 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル、「2015環境責任報告書」を公表、新たに2つの環境プロジェクトを開始

Facebook Twitter Google+

 アップルは4月20日、2014年の同社の環境に対する取り組みの進捗状況をまとめた「2015環境責任報告書」を公表した。その中で、アップルは新たに開始する2つの環境プロジェクトについて触れている。1つは、太陽電池モジュール大手のサンパワーと協力し、中国で40メガワットの発電容量を有する太陽光発電所を2つ建設するプロジェクトで、もう1つは自社製品の梱包などに利用する紙やパッケージの持続可能な調達を実現するための森林保護プロジェクトだ。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップル、自社規範に違反する18サプライヤーとの契約を解除

Facebook Twitter Google+

 米アップルは2月11日、「2015年サプライヤー責任進捗報告書」を発表し、その中で同社のサプライヤー規範に違反する18社との契約を解除したと公表した。今年で9年目となる同報告書は、労働・人権、従業員の安全・健康、環境への影響、倫理、といった面から同社のサプライヤーに実施した監査の結果をまとめたものだ。  同報告書によると、アップルは2014年、サプライヤー19カ国にわたる633施設で監査を実施したほか、3万人の従業員に電話インタビュ [...]

» 続きを読む
2015/03/28 最新ニュース

【ヨーロッパ】アップル、17億ユーロを投資して再生可能エネルギー100%のデータセンターを建設へ

Facebook Twitter Google+

 アップルは2月23日、17億ユーロを投資して新たにヨーロッパに再生可能エネルギー100%のデータセンターを2つ建設すると発表した。2つの施設はアイルランドのゴールウェイ州およびデンマークのユトランド半島に建設される予定で、欧州全域の消費者向けに同社が提供しているオンラインサービスに必要な電力を供給する。  従来のアップルのデータセンターと同様、新設される2つのデータセンターは初日から100%再生可能エネルギーで稼動する。また、現地の [...]

» 続きを読む

【IT】グリーンピースの巨大な影響力〜アマゾン、アップルがクリーンエネルギー推進へ転換〜

Facebook Twitter Google+

 急速に拡大するウェブサービス業界。最近ではソーシャルネットワーキングサービス、クラウドサービスが日常的に家庭やオフィスで活用されるようになってきました。次々と新たなウェブサービスが生まれる一方、サステナビリティの文脈でウェブサービスの事例が取り扱わることはあまり多くありませんでした。サステナビリティのニュースで大きく取り扱われてきたのは、原材料の安定供給に勤しむ食品業界、製造現場での人権問題対応に追われる製造業、スチュワードシップ・ [...]

» 続きを読む
2014/12/22 事例を見る

【アメリカ】アップル、サステナブルな電子機器製造で業界をリード

Facebook Twitter Google+

スマートフォンやタブレットなどの急速な普及に伴い世界的に電子機器メーカーの環境フットプリントが高まる中、業界全体を通じた環境への取り組みが喫緊の課題となっている。しかし、多くのメーカーはいまだにこの課題に対して包括的な取り組みを実施しておらず、持続不可能なサプライチェーンにおいて膨大な有害電子廃棄物を生み出しているのが現状だ。 そのような中、国際環境NGOのグリーンピースが先日公表した報告書”Green Gadgets:Designi [...]

» 続きを読む

グリーンピース、電機メーカーの環境対策レポート「グリーン・ガジェット」を発表

Facebook Twitter Google+

アップルが有害化学物質の削減、自然エネルギーの導入で業界をリード 国際環境NGOグリーンピースは3日、グローバルな電機メーカー16社について、有害化学物質使用の削減、製造における二酸化炭素排出削減や自然エネルギー利用の拡大、持続可能なサプライチェーンの構築に向けた進捗状況について、各社の2005年からの取り組みを包括的に評価した『グリーン・ガジェット―未来をデザインする』を発表しました(注1)。日本企業では、シャープ、ソニー、東芝、パ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アップルはどのようにサステナビリティ先進企業になったのか?

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、 アップルの現・環境イニシアティブ担当副社長であり、2009年から2013年までEPA(米国環境保護庁)長官を務めたことでも有名なLisa Jackson氏が、今年の5月に開催されたFortune誌主催のイベントに出演した際の貴重なトーク映像だ。 インタビューの中でJackson氏は、同氏がEPA長官を辞職してアップルに転職したときのエピソードから、これまでアップルがサステナビリティ向上に向けて歩んできた取り組みと [...]

» 続きを読む
2014/07/16 最新ニュース

【ドイツ】スマートフォンのサステナビリティについて考えたことがありますか?

Facebook Twitter Google+

もはや、私たちの生活に欠かせない存在となりつつあるスマートフォン。皆さんはこのスマートフォンのサステナビリティについて考えてみたことがあるだろうか。 2012年だけで、世界中で約8億台のスマートフォンが販売された。これら大量のスマートフォンは、一体どこでどのように製造され、我々の手元に届き、廃棄されていくのだろうか。 今回ご紹介するのは、ドイツのデジタル教育メディア企業、edeos社が製作した動画だ。私たちにとって非常に身近な存在であ [...]

» 続きを読む
2014/02/24 最新ニュース
ページ上部へ戻る