private 【アメリカ】ウォルマート、店舗スタッフの技能・デジタル修了証プログラム開設。パートでも利用可

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは6月10日、従業員向けの教育研修プログラム「Live Better U(LBU)」の大幅拡大を発表。従来の大学受講プログラムに加え、技能職やデジタルに関するスキル開発プログラムを開設した。  同社は2018年6月からLBUプログラムを開始。主な内容は、無料で高校を卒業できる修学制度や、大学単位が1日1米ドルで受講でき、必要単位を取得すれば大学卒業も可能な制度を展開している。勤務初日から活用でき、プログラム [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ウォルマート、米店舗PBツナ缶で100%MSC認証等に切り替え。NBにも切り替え要請

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは6月8日、米国店舗で販売しているPB「Great Value」のツナ缶でのマグロ調達を、海洋管理協議会(MSC)が管理しているMSC認証を取得しているもの、もしくはMSCが認証取得に向け支援しているプログラム「Fishery Improvement Project(FIP)」に参加している事業者からのものかに100%切り替えると発表した。  同社は、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】ウォルマート、社会監査プログラムにフェアトレードUSA認証を認定。企業が認証を査定する時代に

Facebook Twitter Google+

 米フェアトレード推進機関フェアトレードUSAは6月8日、小売大手ウォルマートの第三者サプライヤー社会監査プログラムの認定機関に採用されたと発表した。これにより、フェアトレードUSAの「Fair Trade Certified」認証を取得している農場については、ウォルマートによる追加監査の対象外となる。  ウォルマートは、同社のサステナビリティ調達基準を徹底するため、サプライヤー監査を実施している。但し、監査不可を下げるため、同社が認 [...]

» 続きを読む

private 【日本】西友、新型コロナで3000人の緊急採用。3.5億円の特別賞与も支給。親会社ウォルマートと同様

Facebook Twitter Google+

 西友は4月24日、新型コロナウイルス・パンデミック下でライフラインを提供し続けるため、3月から約3,000名の緊急人材採用を実施していたことを明らかにした。また全店舗スタッフ33,500人にも労をねぎらうため、特別賞与を支給していた。  西友は、2002年に米小売大手ウォルマートと業務提携を開始し、2008年にウォルマートの100%子会社になり、米国では「ウォルマート・ジャパン」と呼ばれている。親会社ウォルマートは3月22日、 (さ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、従業員5万人追加採用発表。高齢者向けには事前注文制度も導入

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは4月17日、従業員5万人を新たに雇用すると発表した。同社は3月19日にも、15万人の採用を発表していたが、すでに100万人以上の応募があり、1日あたり平均5,000人を採用。採用人数が早くも15万人に達するため、採用人数を増やした。 【参考】【アメリカ】ウォルマート、新規15万人採用。賞与600億円支給。Eコマース人気はアマゾン越え(2020年3月22日)  新たな募集は、店舗、クラブ、配送センター、流通 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、新規15万人採用。賞与600億円支給。Eコマース人気はアマゾン越え

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートのジョン・ファーナーCEOは3月19日、店舗スタッフに対し特別賞与を支給すると発表した。新型コロナウイルス・パンデミックが米国内でも拡大する中、小売店は市民の重要なライフラインとなって機能している。特に新型コロナウイルスの感染リスクも抱える中、店舗運営を支えているスタッフに報いる。  今回発表した賞与は、フルタイムの時給スタッフには300米ドル(約3.3万円)、パートタイムの時給スタッフには150米ドル(約 [...]

» 続きを読む

【メキシコ】消費財・小売業界団体CGF、健康的な食生活推奨キャンペーン実施。肥満と栄養失調防止

Facebook Twitter Google+

 食品・消費財大手や小売大手が加盟する国際的な業界団体コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)の健康・ウェルネス部門は9月27日、メキシコシティで健康的な食生活を促すキャンペーン「メキシコ・ゲット・ウェル」を実施すると発表した。同キャンペーンはすでにコロンビア、コスタリカ、日本、トルコ、フランス、米国、英国で実施している。  同キャンペーンは、1ヵ月間試験実施する予定。メキシコシティのウォルマート10店舗では10月4日から10月6 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、米国での電子たばこ販売を自主禁止。政策不透明性が理由

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは9月20日、米国での電子たばこの販売を自主的に禁止すると発表した。在庫がなくなり次第、禁止に入る。米国では、ミシガン州やニューヨーク州は、フレーバー付き電子たばこを禁止する動きが出ており、さらに連邦議会でも電子たばこを全面禁止する議論も出ている。ウォルマートは、政策見通しの不透明性を理由に今回自主禁止を決めたと説明した。  電子たばこは、日本で販売されている加熱式たばことは異なる。 【参考】【アメリカ】ミ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、エルパソ銃乱射事件後に銃関連広告の店内掲載を停止。銃販売は継続

Facebook Twitter Google+

 米ニューメキシコ州・エルパソのウォルマート敷地内で8月3日、銃乱射事件が発生。22人が死亡し、24人が負傷。銃乱射事件での死亡者数は全米史上過去3番目となった。ニューメキシコ州は、銃携帯規制が非常に緩く、拳銃も長銃も屋外での携帯が合法。ウォルマートは同日、声明を出し、犠牲者、地域社会、従業員、目撃者に対し哀悼の意を表し、法令遵守に取り組むという短いコメントを発表した。  その後ウォルマートは、店舗に対し、銃撃シューティング・ゲームの [...]

» 続きを読む

【国際】小売・消費財サステナビリティ・コンソーシアム、サプライチェーンデータシステムを構築

Facebook Twitter Google+

 食品・消費財業界のサステナビリティ向上ネットワーク「サステナビリティ・コンソーシアム(TSC)」は7月23日、TSCが運営しているサプライチェーンのサステナビリティ・データ・プラットフォーム「THESIS」の運営で、米SupplyShiftのシステムを採用したと発表した。  THESISは、「The Sustainability Insight System」の略で、食品・消費財サプライチェーンにおいて、買い手企業と売り手企業とをつ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る