private 【日本】RAN、東京五輪委員会の大会後報告書を批判。IOCのサステナビリティ報告書でも扱い小さく

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)は12月24日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が12月22日に「持続可能性大会後報告書」を公表したことを受け、声明を発表。繰り返し批判してきた木材・パーム油・紙の調達基準や遵守の不備についての教訓が、同報告書に記録として残されなかったことに苦言を呈した。 【参考】【日本】RAN等、東京2020五輪組織委員会の木材調達基準改定内容を批判。複数の欠陥を [...]

» 続きを読む

【日本】九大と別府温泉、温泉の疾病リスク低減インパクトで中間報告。疾病リスク確認。国際論文へ

Facebook Twitter Google+

 九州大学都市研究センターは12月15日、大分県別府市で温泉の疾病リスク低減インパクト評価を進めている研究の中間報告を発表。治験者40人のデータを基に「温泉には特定の病気のリスクを下げる効果がある」ことがわかったという。来週までに100例を集め、国際的に論文発表する計画。  九州大学都市研究センターは、別府市、別府市旅館ホテル組合連合会との間で4月30日に包括連携協定を締結。「別府の温泉が有する免疫力を高める効果を最先端医療によって科 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ローレウス・スポーツ・フォー・グッド・インデックス創設。世界29社が初年度表彰

Facebook Twitter Google+

 ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団は11月8日、スポーツを通じてポジティブな社会・環境インパクトを創出しているリーディングカンパニーを讃える「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド・インデックス(LSGI)」を創設。初年度の企業を発表した。  ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ABB、フォーミュラEで気候イニシアチブ発足。タイトルスポンサーとして主導

Facebook Twitter Google+

 スイス重電大手ABBは11月18日、同社がタイトルスポンサーを務めるモータースポーツ「フォーミュラE」で、気候変動イニシアチブを発足すると発表した。「技術イノベーション」「社会的進捗、ダイバーシティ&インクルージョン」「変革の支援」の3分野に注力し、気候変動緩和を行う。  フォーミュラEは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】IOC、ジェンダー・アイデンティティと競技参加でのフレームワーク発表。2年間の議論結果

Facebook Twitter Google+

 国際オリンピック委員会(IOC)理事会は11月12日、「ジェンダー・アイデンティティ及び性差を理由とした公平性、インクルージョン、無差別に関するIOCフレームワーク」を決議、公表した。同フレームワークでは、選手や他のステークホルダーとの間で2年間検討を進めていた。  同フレームワークでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】国連世界観光機関、観光業気候行動グラスゴー宣言発表。300機関以上が署名

Facebook Twitter Google+

 国連世界観光機関(UNWTO)は11月4日、第26回国連気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)の場で、「観光業気候行動グラスゴー宣言」を発表した。観光業大手が、政府や観光地と協働し、2030年までに二酸化炭素排出量50%減、2050年までにカーボンニュートラルを打ち出した。  同宣言には、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【イギリス】Sky、テレビ番組を通じた視聴者の脱炭素化促進を推奨。気候変動への知識不足解消と行動変容

Facebook Twitter Google+

 ケーブルテレビ大手米コムキャストのケーブルテレビ子会社英Skyと英社会行動変容コンサルティングNGOのBehavioural Insights Team(BIT)は11月1日、視聴者の脱炭素化におけるテレビの影響力を纏めたレポート「The power of TV: nudging viewers to decarbonize their lifestyles」を発表。テレビ局と番組制作は、視聴者の気候変動への知識不足を補うため、気候 [...]

» 続きを読む

private 【国際】FIFA、気候戦略発表。サッカー界のカーボンニュートラルだけでなく課題の開発・教育活動も

Facebook Twitter Google+

 国際サッカー連盟(FIFA)は11月3日、第26回国連気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)で、FIFAの「気候戦略」を発表。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の「スポーツを通じた気候行動枠組み」が掲げる2030年までに排出量50%減、2040年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)に基づくアクションプランを示した。  FIFAは (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】IOC、2030年にスコープ3含めCO2排出量50%減。2024年にはカーボン・ネガティブ実現

Facebook Twitter Google+

 国際オリンピック委員会(IOC)は10月24日、スコープ1、2、3での二酸化炭素排出量を2030年までに50%削減する新目標を発表した。IOCは1月、同45%減の目標を掲げていたが、早くも目標を引き上げた。  IOCは1月の発表の際、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】アボットとレアルマドリード財団、健康科学・栄養パートナーシップ契約締結。子どもの栄養改善

Facebook Twitter Google+

 米製薬大手アボットは10月18日、スペイン・サッカークラブのレアル・マドリードおよびレアル・マドリード財団と3年間の健康科学・栄養パートナーシップ契約を締結した。レアル・マドリード財団は、スポーツ固有の価値を通じ、世界の子どもの社会統合を支援することを目的に、同クラブが1997年に設立した財団。  今回のパートナーシップでは、世界80カ国の危機的状況にある子どもを対象に、教育・スポーツ・社起福祉活動を支援。加えて、アカデミーチームの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る