private 【中国】政府、EV・FCV補助金を2022年まで延長。販売価格450万円未満のみ対象。テスラ値下げ決定

Facebook Twitter Google+

 中国政府は4月23日、電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)に対する購入補助金ルールを7月23日から変更すると発表した。新車の販売価格が30万人民元(約450万円)未満の新車のみ補助金対象となる。但し、バッテリーパックが交換できるタイプは上限額なし。また、補助金支給を2022年まで継続し、段階的に補助金支給額を減らす。  今回の発表は、 (さらに…)

» 続きを読む

【中国】バッテリー大手CATL、テスラと2年間のEVバッテリー販売契約。数量制限設けず

Facebook Twitter Google+

 バッテリー製造世界大手中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は2月3日、テスラとの間でEVバッテリー販売契約を締結したと発表した。テスラは従来、パナソニックからバッテリー調達を受けていたが、CATLからも調達することにした。  今回の契約は、2020年7月から2022年6月までの2年間の契約。数量制限を設けずに、テスラの需要に合わせて販売する。テスラは、中国・上海の工場で新型車種「モデル3」の製造を進めている。以前から複数社購買を進め [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】テスラ、巨大蓄電施設Megapackで30億円のコスト削減を実現。今後も拡大

Facebook Twitter Google+

 米電気自動車(EV)大手テスラは6月29日、2017年にオーストラリアに建設した世界最大のリチウムイオンバッテリー蓄電システム「Megapack」が、初年度だけで電力コストを4,000万豪ドル(約30億円)分削減でき、同地域の電力供給網の安定化に寄与していることを発表した。  同社は、発電所の膨大な電力貯蔵の需要に応えるために、新たな蓄電製品としてMegapackを設計。同製品により大規模蓄電の複雑さは大きく改善し、導入・接続プロセ [...]

» 続きを読む

【日本・アメリカ】テスラとパナソニック、米ネバタ州の設備増強投資を凍結。モデル3販売が予想下回る

Facebook Twitter Google+

 米電気自動車(EV)大手テスラとパナソニックは、両社が米ネバタ州で共同運営するEV向けの車載用バッテリー工場「ギガファクトリー1」の生産設備増強計画を一時凍結する。テスラの普及モデル車種「モデル3」の生産目標が2度にわたり先送りになるなどして販売台数が予定を下回ったため。テスラは第2の工場建設を中国で予定しており、同工場ではバッテリーから車体までを一貫生産する計画だが、パナソニックは同工場への投資も当面見送るという。  パナソニック [...]

» 続きを読む

【日本】パナソニック、キューバ産コバルトをテスラ向け車載電池に使用。米経済制裁違反の可能性

Facebook Twitter Google+

 パナソニックは7月20日、米国政府が経済制裁の対象としているキューバで産出されたコバルトを、テスラ向けの車載用電池に使用していることが発覚し、経済制裁に違反した可能性があると発表した。英紙ロイターが報じた。同社は、キューバ産コバルトの供給下となっているカナダ鉱山企業シェリット・インターナショナルとの取引を中止したと語ったという。  米政府は、1959年にキューバ革命が起り、カストロ政権が民間企業を国有化したことに反発し、国交を断絶。 [...]

» 続きを読む

【ドイツ】政府、2018年3月6日以前のテスラ「モデルS」購入者に助成金53万円の返還要求

Facebook Twitter Google+

 独連邦経済・輸出管理庁(BAFA)は7月17日、米電気自動車(EV)大手テスラの車種「モデルS」の購入者に対し支給した助成金4,000ユーロ(約52万円)を返還するよう購入者に命じた。「モデルS」は価格が高すぎ助成金対象外との判断を下した。対象となるのは2018年3月6日以前に同車種購入者で約800人が該当する。テスラは不服とし提訴する考え。また事態が解決するまでテスラが助成金返還を全て費用負担し、購入者には助成金返還の負担がかから [...]

» 続きを読む

【アメリカ】テスラ、家庭用太陽光発電事業を大きく縮小。投資家からの利益創出プレッシャーか

Facebook Twitter Google+

 米電気自動車大手テスラは6月中頃、同社の家庭用太陽光発電子会社SolarCityで従業員の9%を解雇した。英紙ロイターが6月22日報じた。同時に、太陽光発電設置事業所も約12ヶ所閉鎖する予定。SolarCityは、テスラ創業者のイーロン・マスクの従兄弟が2006年に創業した企業で、経営難に陥った後2016年にテスラが26億米ドルかけて子会社化した。  今回、事業所が閉鎖される予定なのは、カリフォルニア州、メリーランド州、ニュージャー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】BP、風力発電所設置の大規模バッテリー設置でテスラと提携

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手英BPは4月10日、同社初の大規模バッテリー導入プロジェクトで米テスラと提携したと発表した。テスラが今年後半、BPが所有するサウスダコタ州のタイタン1風力発電所に840kWh(設備容量212kW)のバッテリーを設置する。  BPは、再生可能エネルギーは2035年までに世界のエネルギー全体の10%を供給できると試算している。現状は4%。BPはまた、毎年5億米ドルを低炭素技術に投資すると表明しており、今回のプロジェクト [...]

» 続きを読む

【アメリカ】UPS、テスラEVセミトレーラー「セミ」を125台発注。気候変動対応の一環

Facebook Twitter Google+

 運輸世界大手米UPSは12月19日、テスラの初EVセミトレーラー「セミ」を125台発注したと発表した。同社の気候変動対応の一環。「セミ」購入に当たり、テスラにUPSの実際の配達経路情報を提供し、想定パフォーマンスを評価。導入に踏み切った。 UPS has provided Tesla real-world UPS trucking lane information as part of the company’s evaluatio [...]

» 続きを読む

【アメリカ】テスラ、同社初EVセミトレーラー「セミ」の製造を2019年に開始すると発表

Facebook Twitter Google+

 米電気自動車大手テスラのイ―ロン・マスクCEOは11月16日、ロサンゼルスで開催されたイベントで、同社初となる電気セミトレーラーの製造を2019年に開始すると発表した。車名は「セミ(Semi)」。経済性と走行性能に焦点を合わせた。価格は航続距離によって異なり、300マイル(訳480km)は15万米ドル、500マイル(約800km)は18万米ドル。基本予約金は2万米ドル。また、贅沢装備を追加した初期1,000台のみの「ファウンダー・シ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る